一言の重み。

大なり小なり、ほぼほぼみなさん時間ができたと思います。
もちろんワタクシも。


そんな時間を使って、外のグリーン達のお世話をいつもより念入りにしている(今までも手を抜いていたつもりはないが)からか、理由はよくわかりませんが、今年のグリーン達の盛り上がり具合がとんでもないことに。

みんな元気で、こっちも嬉しい気持ちになります。



お世話だけじゃなく、片付けをしていると懐かしいものが出てきました。




近くの理化学ガラス製造所でやっていたガレージセールで見つけた、そこそこ大きなガラス瓶。
店員さんに何に使う瓶なのか聞いても『わからない』と言う。
よっぽど特殊なものなのだろうと思っていましたが、Facebookに載せるとすぐに友達が教えてくれました。


『これは“デシケーター”ですよ。』


詳しく聞くと、下のくびれた部分にシリカゲル(乾燥剤)を入れ、中蓋の上にテストしたい物体を置いて、乾燥による変化を実験するものだと言う。



そんなことしねーし(笑)

その時、パッと使い道が思い浮かんだのですが…
そのまま放置すること5年!
その使い道でいよいよ使われる時が来ました。




メダカの住処として(笑)




ずっと躊躇していたのには理由が。

単純に、生き物(メダカ)を殺してしまいたくなかったんです。
片付けしながら『かわいそうや〜ん』とかブツクサ言ってると、ヨメさんが一言。



『早よ入れようや。メダカ。』



ですよねー(笑)
その一言でワタクシの座右の銘でもある“思い立ったが吉日”スイッチがバチーンと入りまして。
気付いたら近所の熱帯魚屋さんにおりました。

壁一面に泳ぐきらびやかな熱帯魚に心奪われつつも、いやいや今の自分に必要なのはメダカや!と言い聞かせ、10匹で300円のメダカをゲット。
あとは店員さんに言われるがままにエサと水のカルキ抜きも一緒に。

そんな自分の軽〜いノリを見抜いてか、去り際に店員さんが一言。



『メダカ…結構ムズイっすよ。』



うしろから背中を日本刀でグサッとひと突きされたような衝撃を覚えつつ(笑)、お店をあとにしました。



『お、やっと買ってきたか。』
とヨメさんにお褒めの言葉をいただきつつ、買ってきたメダカを早速瓶に放流!
なんとまぁ〜みんな元気に泳いでくれるじゃないですか。
しばし時間を忘れ、ボ〜ッとメダカを見ていると、近所の友達が立ち寄りました。
すると彼がおもむろに一言。



『ブクブク…ないんですね。』



ふと気付いたら、また熱帯魚屋さんにいる自分(笑)
同じ店員さんに『やっぱりブクブクも入れます。』と伝えると、ころっと店員さんの態度が変わりまして。


『入れ物の大きさはどれぐらいですか?チューブの長さはどれぐらい必要ですか?』


と、いろんな豆知識と一緒にオススメのブクブクを紹介してくれました。
しかもそれが一番安いやつでビックリ!
さっき日本刀でうしろからぶっ刺してきた店員さんとは思えぬ優しさに、惚れてしまいそうでした(笑)




でも…確かにそうだよな。




もし逆の立場だったら。

ウチの商品を見た人が『これでいいんじゃね?どうせ長く使わないし。』なんて言いながら買おうとしてきたら、『どうぞ他でお買い求めください!』って追い返すもんなー(笑)


ましてや自分が買ったのは300円とはいえ、10個の命。
『殺したくない』なんて言ってたのに、軽く考えてしまっていた自分が本当に情けない気持ちになりました。





無事にブクブクが導入されて、所狭しと泳ぐメダカたち。
その姿を見て


『ちゃんとお世話するからな!』


と心に誓ったバンディ でしたっ。




それにしても、物を乾かすための道具に水をひったひたに入れて使ってるなんて…誰も気づくまい(笑)








【今週の看板娘】

しっぽの毛の色が真ん中と先っちょでツートンになってきました。
おっしゃれ〜♪






【今週の教室風景】

まだまだキットのバリエーションを増やしていきます!
久しぶりに作った文庫本カバー。

楽しんで作ってもらえるかな〜って思いつつ、自分がレザークラフト を始めた頃の気持ちも思い出しつつ。







—–Twitter始めました—–
レザークラフト に関係ないこともいっぱいつぶやいてます。
よかったらフォローしてください!

⇩⇩⇩
Qrinaf / Bandy’sレザークラフト教室
———————————–



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。









LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

「一言の重み。」への2件のフィードバック

  1. メダカ、結構癒されますよね。デシケーターを使うなどオシャレ、以前仕事で使用していました。我が家でも30年ほど前からメダカを飼っています、因みに妻のメールアドレスがmedaka-mamaです。現在、メダカの卵から子どもがかえり小さな命が。なかなか浅草橋への買い出しができないので、先週、K-ファスナーにサンプルの革を送って同色のファスナーを注文し、手に入れました。でも、そろそろ新型コロナも明るい兆しが出て来ているようですね。現在モチベーションを持て作る事が難しいですが、何とか細かい所を勉強中です、なかなか上手くは行きませんが!

    1. おー、こんなところにメダカ先輩が!
      ウチは早くも3匹死んでしまいました。
      何事もそうですが、シンプルな事ほど難しいですね。
      でもしっかり観察して、みんな元気に過ごして欲しいです。

      5月は自分もモチベーションを保つのが大変でした。
      そしてさらにコロナ以前の生活に戻れるのかが新しい心配事です(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です