モヤモヤ晴れた。

この匂いをかぐと、ふと思い出すことがある。
そんな香りを誰しもが持っているのではないかと思います。


先日の朝の散歩中。いつもの道、いつもの風景。
公園の自転車も入ってこれないような小道をスッと入った瞬間、フワッと鼻から身体に入ってきた甘い香り。




その正体はボクも大好きな“クチナシ”。
その香りは唯一無二。
だけどその香りを楽しめるのは、一年でたったの数日だけ。
あっという間に花が終わってしまいます。

ボクの中ではこの花が咲くと『そろそろ梅雨入りやな〜』って思います。
こんなこと地元にいた時は考えたこともなかったけど、意外と緑が多い東京で知ることができたんなて不思議な感じです。

梅雨入りが遅れているようだけど、この花の香りと同時に、自分の気管支もなんだかムズムズ。
この時期に発症しやすい喘息の薬を早めにもらっておかなくちゃ…と思う今日この頃です。





さて





つい先日、革問屋に勤める後輩から『コレ、知ってますか?』と一枚のパンフレットを渡された瞬間、『キターッ!!』と思わず声が出てしまいました。
それは

『革』『レザー』と呼べる製品は、動物由来のものに限定する。

と、JISが定めたというパンフレットでした。

革やレザークラフトに関心がない人にはなんのこっちゃ?な内容かもしれません。
しかし自分にとっては『やっとか!』という思いで、手に取った瞬間はかなり興奮しました。



“エコレザー”という言葉を聞いたことがある人もいるんじゃないでしょうか?
エコなレザー、なんとも耳障りのいい響きですが、ボクら革を扱っている人間にとっては、なんともムズムズした思いを抱くものでした。

“エコ”や“SDGs”など世界的な意識の変化の中で、なぜか、牛をはじめとする革に対して風当たりが強くなったな〜と感じ始めたのが数年前のこと。
世界の名だたる大メーカーがこぞって“脱レザー(動物性)”を謳い、リンゴやサボテンのカスから作るエコなレザーへシフトし始めたのです。
自分も最初聞いた時は『リンゴ!?リンゴの革って何よ!?』と困惑しました。
しかしよくよく調べてみると、そのリンゴでできた革と呼ばれる素材に、リンゴは10〜30%しか含まれておらず、残りは石油由来の化学物質。
これは革なんてものではなく、ただの“合皮”やん。と。


そして同じタイミングで出てきた、もう一つのエコレザー。
それは余った革のハギレ等を細かく粉砕し、シート状に加工した素材。
もちろんその革を繋ぎ合わせるために化学薬品が使われてるはずだし、これも革とは違うんじゃない?と感じていました。


そんなモヤモヤも、大手メーカーがこの素材を使って『ウチはエコしてまっせー!』なんて言い出したら、我々小規模事業者としては『違うと思うんやけどなぁ…』と飲み込むしかありませんでした。
その数年間のモヤモヤがパァーっと晴れた瞬間が、まさにこのパンフレットを手に取った時だったのです。


この件に関しては、細かいことを書き出したらキリがないので(笑)
ご興味がある方はぜひ調べてみてください!


ただ!これに関してあと一つだけモヤモヤが残っていて…それは“スプリットレザー”という素材。
この素材、実は素材としても製品としても結構出回っていて、製品の表示上も“牛革”と表記されています。
実際にウチの教室でも生徒さんが『先生!安い革見つけたんですよ〜』と買ってきたことが何度かあります。
自分は革の切り口を見ればわかりますが、それぐらい見た目で判断するのは難しいです。
でもこれを“牛革”って謳っていいのか…。甚だ疑問です。
気になる方は“スプリットレザー”で検索してみてください!




【今週の看板娘】

天気も良かったので、牧場に遊びに行きました。
テレビに4本足の動物が出てくると『ヴ〜〜〜〜』と一丁前に唸るのに、本物を目の前にしても見ようともしないのが不思議です(笑)



【今週の教室風景】

漉き機の調子をミシン屋さんにもてもらいました。
その職人技を見せてもらえる、そして教えてもらえる喜びは、何事にも変えがたい貴重な体験です。
いつもありがとうございます!




憧れを探しに。

5月26日から6月3日までお休みをいただきまして、8泊9日のぐるり東北旅行に行ってきました。

これまでなら9日間休みが取れるなら、迷わず海外旅行…となってたはず。
しかし現在は目も当てられないほどの円安。
テレビで海外旅行から帰ってきた人たちのインタビューを見て、なんかせっかく行っても心から楽しめる気がしない…と感じ、それならと国内の普段あまり行くことのないところへ行ってみよう!と、東北をクルマで一周することにしました。


そしてテーマは『よく聞くけど行ったことない・食べたことない、憧れのものを体験する』。


食いしん坊な自分はせっかく現地で食べられるものをケチりたくない!の思いで、8泊中5泊はキャンプ場で車中泊をすることに。
実はそれが元で、恐怖に怯える一夜を過ごすことになるんですが…。


それは4泊目の秋田と岩手の県境のキャンプ場に泊まった時のこと。
夕方に着いてチェックインしようと受付に向かうと、開口一番


『クマ出ますけど…大丈夫ですか??』


大丈夫なわけないやん(笑)!!
『ホンマに出るんですか!?』と聞くと、前日も目の前の木に登っていたと半笑い。さらに、


『本日のお泊まりはお客さまだけですので、できるだけ賑やかにお過ごしくださいネ♪』


そんなヨメさんとイヌコロ一匹で来てるのに、どうやって賑やかに過ごせと言うのか。
誰もいないキャンプ場でヨメさんと二人で手を繋いで夜通し踊ってるほうが、よっぽどアブナイやつやん!(笑)
なんて心の中でツッコミながらも、今更宿泊場所を変えるわけにもいかないし、仕方なく設営することに。

なんせ今は一応都会っ子な自分たちが、毎日のようにニュースで目にするクマ関係の映像といったら、とりあえずこっちに向かって襲いかかってくるイメージしかない。
誰かが言ってたけど、その様子と言ったらマツコデラックスぐらいの巨体が、ウサインボルト並みのスピードで向かってくるそうな…。
そんなのに出くわしたら、きっと走馬灯がまわるヒマもないだろう。

設営中もガサっと音がなればビクッとそちらを見、パキッと枝が折れるような音がすればそ〜っと見、聞いたこともない奇声が聞こえれば『なんでそんな声出す必要があんねん!』と訳もわからずイラ立ち、そんな状況で疲れてヘトヘトなのに恐怖で眠れない…
気を紛らわそうと夜中にSNSを見てたら、キャンパーがテントから外へ出ようとしたらクマと鉢合わせする動画を見てしまい、さらに恐怖に慄くはめに…


ほとんど眠れず迎えた朝。
トイレに向かう途中にあったこの看板



思いっきり蹴っ飛ばしてバッキバキにしてやりたい気分でしたが(笑)
管理人さんにも『また来てくださいね〜!』と明るく見送られ、次のキャンプ地へと向かいました。

いやー、でも悔しいかな。
とってもいい感じのキャンプ場だったんですけどねー



とはいえ、人間がクマちゃんの住んでるところに入っちゃってるんですもんね。
おじゃましました!



あとはダイジェスト!



福島県では東北の職人仲間と一緒にキャンプして。




仙台では牛タン食べて。



盛岡で冷麺食べて。



青森では奥入瀬渓流と



憧れの酸ヶ湯温泉へ。



秋田で比内地鶏を食べて。



山形では日本海に沈む夕陽に感動し。



最後はどうしても行きたかった、新潟の燕三条へ寄って。




ジャイアント馬場と背比べしてきました(笑)



総移動距離、ざっと2000km!
駆け足ではありますが、行けそうで行く機会がなかった東北をたっぷり堪能してきました。
海外もいいけど、自分たちの知らない日本がまだまだある。
国内旅行ハマっちゃいました。
まだまだ円安も続きそうなんで、今のうちに行けるところへGo!




【今週の看板娘】

アレ?子グマ?
かわいすぎるやろーっ!(笑)
ジーナもお疲れさん♪



【今週の教室風景】

帰ってきて早速SL-700EXのワークショップ!
今回は島根県からご参加いただいた方から、最高齢の79歳の方まで、終始賑やかに行われました。
長い時間お疲れ様でした!




5月24日は誉めたい日。

風薫る5月、早くも後半です。
良いお天気なイメージの5月ですが、実際はバッと暑くなったり、バッと雨が降ったり。
なんだか落ち着かない天気に、体調を崩す生徒さんもチラホラいらっしゃったりします。

ただ、今年初めてTシャツ1枚で出かけられるような陽気の日は、やっぱり気持ちいい。





いっせいに咲き出した紫陽花に、まもなく訪れるであろう梅雨空を思い浮かべつつ、それでも心地よい風に吹かれながらの散歩を楽しむ毎日です。



今週の5月24日は自分にとって、とてもとても節目の日でした。




ちょうど11年前のこの日は、今の自分の活動拠点になるこの物件に出会った日です。


“自分のお店をしてみたい”


東京に出て来た頃は、お店をするなんて夢のまた夢のような状態でした。
それから10数年がたち、そんな夢に挑戦してみようかという意識が芽生え、物件を探し始めたのが2012年。
数々の物件を見て回ったけど、グッとくるものには出会わないまま1年が過ぎた頃。
夜中にネットで見つけたのがこの物件でした。

あまりにも理想的すぎる内容にいてもたってもいられず、自転車にまたがって走り出したのが夜中の1時。
『縁があれば絶対に見つかるはず。』
そんな思いを抱いたまま、人気のない裏通りを走ること10分。この物件はあっという間に自分の目の前に現れ、翌日には契約書にサインを書いていました。


『ご縁がある。というのはまさにこういうことなんやな。』


ありがたい気持ちと、不思議な気持ちが入り混じったまま、ただガムシャラに走ってきた11年。




たくさんのご縁と、たくさんの人たちの力をお借りして、細々とですがなんとか続けさせてもらってます。
11年たった今でも、この場所に立ってこの建物を見ると


『あぁ、ホンマに東京でお店をやれてるんやな』


って思わない日はありません。



11年前の5月24日。
不安だらけの中、この物件を借りてお店をやる!って勇気を出して決断した当時の自分を褒めてやりたい。毎年やってくるこの日は、自分にとってそんな日なのです。






【お知らせ】
5月26日〜6月4日までお休みをいただきます。
ブログも来週はお休みです。





【今週の看板娘】

なぜか耳の後ろ側だけ白い。オモロい色になってきたなぁ〜



【今週の教室風景】

嬉しいことに男性のご入会が増えてきました!
ブームはイヤだけど(笑)ミシン男子は増やしたいですねー
一緒にミシン仕立てのレザークラフトを楽しみましょう!




最後は人。

今週、めちゃくちゃホットな(自分的に)ニュースが飛び込んできました!





安芸高田市の石丸市長、個人的にとってもファンで、彼のYouTubeをよく見ていました。
その歯に衣着せぬ物言いばかりが注目されてますが、実際は超理路整然としていて、わかりにくいこともとってもわかりやすく解説してくれるし、その解決方法もめちゃくちゃわかりやすく伝えてくれます。

彼についてはいろいろと書きたいこともありますが、そんな政治的なことを書くようなブログではないので(笑)
やっと心から応援できる方が都知事に立候補してくれて嬉しいなって気持ちです。

都内にお住まいの方はぜひ調べてみてください。






さて





長らく出戻っていたウチの真空管アンプがやっと戻ってきました。


いつもいつも大変お世話になっているオーディオ屋さん。
こういう電化製品って、古くなるもしくはスペックが劣ってきたりすると買い替えることがほとんどですが、このオーディオ屋さんでは一度買った製品をアップグレードカスタムしてもらえるのが魅力の一つ。
なので今回は購入から約2年立った真空管アンプをカスタムしてもらいに預けて、社長自ら出来上がったアンプを持ってセッティングに来てくれました。





音を出した途端、一目散にスピーカーの方へ向かう社長さん。
定規でスピーカーの位置を測ると、ちょっとだけスピーカーを動かします。

『左側が4mmズレてましたね。』

地震が多い関東は、その揺れでちょっとずつスピーカーがずれてしまうことがよくあるそう。
特にウチのスピーカーは位置が高いので、余計に動くみたい。
もちろん転倒防止策はしてあるけど、数ミリはさすがに止められない。
でもその数ミリのズレが、一聴しただけでわかるなんて….やっぱヤバい人だわ(笑)




『これでベストですね!』

答えは自分の耳が決める。
機器は完璧だけど、その鳴らす部屋によってセッティングはすべて変わるそう。
自分のオーディオのためにその素晴らしい職人技で仕事に取り組む姿に、感動すら覚えました。
とってもカッコいい社長さんです。年下だけど(笑)


また楽しいオーディオライフが送れそうです!




【今週の看板娘】

今週遊びに行ったショッピングモールの巨大ディスプレイに映ってみました♪
まぁジーナはなんのこっちゃわからんやろけど(笑)



【今週の教室風景】

パンダの刺繍にレザータグの組み合わせがめちゃくちゃかわいい!!
完成が楽しみです♪




やってみるか。

あれほど浮かれモードだったGWも、あっという間に過ぎ去りました。
みなさんはいかがお過ごしだったでしょうか?


GW後の教室は、何をやって過ごしていたか話でスタートします。
いろいろと聞いていると、お出かけした人と家で過ごした人、だいたい半々ぐらいの印象ですね。

雷門近くの甘味屋さんで働いているヨメさんによると、GW中は意外とヒマだったと意外な答え。
まぁでも考えてみれば日本が大型連休中のタイミングで旅行にくる外国人は少ないかー。
旧正月中の中国なんかに行くわけないしね(笑)
とはいえ、GWより普段の方が人が多いなんて、浅草はなんとも不思議な街です。





さて




ワタクシはGWなんぞてんでカンケーなかったですが、この期間中にやっておきたいことがいくつかありました。その一つが“補助台作り”。
どこの補助台かというと、生徒さんの作業テーブルの横につける台です。
というのも、ちょこちょこやっているSL-700EXを使ったワークショップ、おかげさまで毎回たくさんのお申し込みをいただくんですが、抽選で漏れてしまった方々が本当に申し訳なくて、どうにかできないかとずっと考えていました。
そこでちょっと作業台を工夫して、定員3名だったところを5名に増やせないかと考えました。
でもそうすると作業台の上がキチキチすぎて、物がまったく置けなくなってしまう….
そこで補助台が作れないかと考えた次第です。

生徒さんの使っている作業台は、ちゃんと職人さんに作ってもらった金属フレームの頑丈な台です。補助台が必要だなと思った当初は、その鉄フレームをどうにかする自信がなかったので、別置きで折りたたみ式のベンチのようなものを考えたのですが…畳めるとはいえ置き場所がない。
そこで何かいいアイデア、いいアイテムはないかと探しまくってたら、もうまさに欲しかったのはコレ!!というアイテムを見つけたので、自分でやってみることにしました。




天板はパイン合板でドンピシャサイズが売ってたので即購入。
ってか噂には聞いてたけど、木材高くなったなぁ〜。。。
値段見て若干引くほどでしたが、まぁしょうがない。設備投資ということで。
元ある作業台と一緒の色で塗っていきます。



そしてこれが最大の問題!このガッチガチの金属フレームを手持ちのドリル、そして600円で買ってきたドリルビットで真っ直ぐ穴を開けられるかどうか。レッツトライ!




と思ってたら、ことのほか簡単に穴は空きまして(笑)
見つけたお宝アイテムを作業台の脚にボルトで固定していきます。




ボルトが少し長くてナットを飛び出したので、生徒さんが足をケガしないようにサンダーでカット。



ゴムキャップも被せて万全です!




あと天板の角も立ってて危なかったので、ヤスリで削って丸めて、ついでに色をちょっと入れてアンティーク風に仕上げてみました。




かなりいい感じにできたんじゃないでしょうか!?
やってみるもんやなー



そしてコレ!
使わない時はレバーを引くだけでパタンと折りたためるんです!
いやーこれは作ってよかった。
普段はあんまり出番はないけど、ワークショップの時は大活躍してくれそうです♪


ということで早速


6月9日(日)にワークショップ開催します!
詳細はインスタグラムの方に載せてますので、ご興味がある方はご覧ください。





【今週の看板娘】

現在ジーナ史上一番のモフモフとなっております!
本人はどう思ってるのか聞きたいわぁ〜




【今週の教室風景】

生徒さんが喉をつらそうにしていたので、『いいアメちゃんあるで〜』とこれみよがしに渡したら丸かぶりしてハズカシーッ(笑)
でもこれオススメです!



記憶を頼りに。

『ねぇ〜、お腹すいたぁ。』
か弱い猫撫で声でつぶやきながら、彼に抱きつく女性。

『きっと美味しいからさ。もぅちょっとの辛抱だよ。』
そう言って、彼は彼女の方をそっと抱き寄せたのでした…。




ラーメン。
普段からラーメンなんてひと月に一回食べるか食べないかの自分に、“ラーメン食べたい波”がザパ〜ンとやってきたのはGW初日。
人気店はどこもいっぱいだと分かりつつ、自分のSNSの中にある“いつか行ってみたいグルメ”フォルダを開くと、目に飛び込んできたのはまぁ〜美味しそうなラーメンの写真。しかも比較的近場の上野。
仕事から帰ってきたヨメさんに話すと『行ってみたい』という。
こうなったら迷わず進め。自転車2台連なって、えっちらおっちら走ること10分ちょい。目的地に着くとやっぱり10人ほどの行列が。
『ま、これぐらい並んでみるか』と自転車を停めて並ぼうとすると、店員さんが『あちらにドーゾー。約1時間ぐらいでーす。』『ハァ?』と思いながら指さす先を見ると…なんと向かい側の道に20人超えの行列!
なんで滅多に食べないラーメンのために1時間も…と正直思いましたが、せっかく来たし、写真ではめっちゃ美味しそうやったし、話のネタにもなるかもなと、ヨメさんとその行列の最後尾に並ぶことにしました。


滅多に食べないラーメンですが、それより滅多に来ることはない上野。
その独特の雰囲気は決して嫌いではないのだけれど、GWというのも手伝って、ものすごい人の量にだんだん疲れを感じ始めたころ、ふと聞こえてきたのが、冒頭部分の僕らの前に並んでいたイチャイチャカップルのやり取りでした(笑)


『若いって、ええのぉ〜』とヨメさんと微笑ましくそのやり取りを聞きながら、何気なく彼に目をやると、彼の肩にかかっていた、多分彼女のものであろうと思われるバッグがなんとも可愛くて…

数日後、その記憶を頼りに作ってみることにしました。




型紙はそんなに難しいものではないので、教室の合間にその時のみやげ話を生徒さんにしながらちょちょいっと制作。
そのバッグは大きなフリンジがチャームポイントだったので、一本ずつカットしていきます。



たぶん見たバッグはブランドものって感じはしなかったので、きっと内装はついてない。
でもウチが作るからにはちゃんと内装をつけるし、補強もしっかり。




外装にフリンジのパンツをちゃんと履かせて(笑)




底はまん丸にしたので、生徒さんの自由課題にもちょうど良さそう。




キンチャクタイプなのでハトメを装着。
安物だとこのハトメすら入ってないものもあるけど、それは考えられねぇっす。




革ひもをひと続きの輪っかにしたいので、どうやって作るか考えました。
結局手で握る部分にカバーをつけて繋ぐことにしましたが…このカバーはギリギリすぎてちょっと生徒さんには難しいかな〜。あとで型紙修正しましょ。



ってことで



とりあえず完成〜

こんな感じ!こんな感じ!
なかなかカワイイじゃあーりませんか。
ヒモは片方に寄せれば肩がけにもなります。



内装には以前作った教室のタグをつけてみました。
やっぱりバッグ作り楽しいし、また販売もしたいなぁ〜。



ちなみに…



1時間並んで食べたラーメンがコチラ。
大好きな鴨肉ラーメンだったけど、カワイイバッグを記憶に焼き付けるのに必死であんまり覚えてなーい(笑)


生徒さん作りたーいって言ってくれるかな??





【今週の看板娘】

朝からブラッシング頑張って、元気玉ならぬジーナ玉ができました(笑)



【今週の教室風景】

去年から育てたアジサイに小さな蕾が!どんな花を見せてくれるのかめっちゃ楽しみです。




1年越しの。

世の中は今日からGWのようです。
そんなこと自分にはカンケーねぇ!とばかりに作業をしようと思ったんですが…アトリエの扉を開けたら、なんとまぁお天気の良いこと。
その爽やかな風に吹かれたら、仕事のやる気も一瞬で吹き飛んでしまいました(笑)


ふとその開けた扉に目をやると



だいぶお疲れの様子。
それもそのはず、この扉をここに取り付けてから多分一度もメンテナンスしていない…。

変わった持ち手がついたこの不思議な扉。
買ったときの説明によると、使われていたのは大正時代の小児科病院で、その待合室と診察室の間に設置されていた扉だそうな。なので両開きで、鍵も付いていません。

そんな扉がウチのアトリエの入り口にまさかのシンデレラフィット!
いまだに大好きな一品です。


実は一年前にメンテナンスする気マンマンで材料を一式揃えてあったので、この気持ちいいお天気の中、いよいよ重い腰を上げました。




まずは各パーツの取り外しから。
なんせネジもサビサビなので、慎重に作業していきます。
そしたら外した下から元の地肌が出てきて、そのステキな色にビックリ!
自分が買ったお店によって今のダークブラウンに塗り替えられていたようです。
当時はとっても立派な扉だったんではないかとその歴史をイメージしたら、とってもファンタジックでステキなことやな〜としみじみ。



付いている真鍮製のパーツの造形美にも惚れ惚れします。




扉を拭いて掃除したら、ガラスをマスキングして塗装へ。
本当はちょっとアンティークな雰囲気の赤にしようかな〜と思ってたんですが、ヨメさんにやんわり反対されて断念(笑)まぁ自宅兼ですしね。



ネジはあんまり錆びるとよろしくないので、ブロンズカラーのステンレス製のものに交換。なるべく雰囲気を損ねないようにしました。




マスキングテープを慎重に剥がして…




完成〜!

油性塗料なのでちょっと乾くのに時間がかかりますが、明日も天気良さそうなのでとりあえずこのままで。



これからもたくさんの人にこの扉を開けてもらえますように。





【今週の看板娘】

今週行ったキャンプで汚れないようにと着せた服がおかしくておかしくて(笑)
ごめんねごめんね〜



【今週の教室風景】


生徒さんのオリジナルレザータグ。
めちゃくちゃ気に入ってたのに作業台の下に落ちてました(笑)






翔んで西東京。

ホンマは3年で帰るつもりでした。
ところがどうでしょう。あっという間に生まれた赤ちゃんが成人するまでの、20年というとんでもない月日が、東京にいる間に流れていきました。

東京に来たばかりの頃は何もかもがめずらしく、刺激的で、今ではなるべく避けたくなるような電車の乗り換えでさえも楽しかったように思います。

渋谷・新宿・銀座に秋葉原。
誰もが知る地名に心躍り、その街をただただうろつくだけでその場の空気を、そして雰囲気を感じては、『あぁ、東京に住んでるんやな』と、今では“なんやねんソレ(笑)”とツッコみたくなるぐらい、絵に描いたような浮かれ具合でした。


あれから20年。


すっかり落ち着いた自分は、そんな浮かれ気分はどこへやら。
ヘタをすれば今住んでる台東区から今月は一歩も出てないなぁ〜…なんてことも。
さらに23区内ならまだしも、東京の西側なんていったら未知の領域。
よっぽど何かの用事がない限り行くことはありません。


それが今週、なんと2回も行ってきたのでそのことをば。



まずは多摩市。その距離およそ50km。




目的地は

いつもお世話になっているJUKIさんの本社へ。

いろいろ思うところあって、ちょっとネガティブなお話をしに伺ったんですが…
逆に大変嬉しいお言葉をいただいて、さらにはこちらの状況も踏まえて対応してくださることになり、諸々丸く収まって帰ってきました。

今回ホンマに身に染みて感じたよね。
なにがって、直接会って話すことの大切さよ。

遠かったけど行ってよかったよかった。




続いてはコチラ。





目的地は



東久留米市。祝・初上陸。

だけどなんだか雰囲気がウチの田舎の方とあんまり変わらへんなぁ〜…って言ったら東久留米市民に怒られそう?(笑)
ここに来た目的は、個人売買で買った商品を受け取るため。
その買ったものとは…




クルマのベッドキット!
新品を買おうか迷ってたんですが、時期的にもしかしたら買い換える人が売りに出すんじゃないかとメルカリをこまめにチェックしてたら見事に的中!
数回使っただけのものを半額でゲットすることができました♪

なんでこんなものを買ったかというと、5月の末に連休が取れるので、車中泊しながら東北を一周まわってみようかと計画中。(だって海外は今行くのはアホらしい…)
特に日本海側(秋田や山形)はなかなか行く機会がないので、車中泊で経費を浮かせて(笑)じっくりのんびり味わってこようかと思います!


渋谷や新宿を飛び越えて西東京!
またしばらく行くことはないナァ〜(笑)





【今週の看板娘】

めずらしい大型犬オッケーな飲食店にて。
隣の小型犬がギャンギャンうるさかったけど、ジーナは1度も吠えることなく良い子にできましたっ。エライエライ♪


【今週の教室風景】

今週はYouTubeの撮影。
自分でやってみると、人気のチャンネルはどれだけちゃんと考えて撮影してるかを思い知らされます。
でもなんとか続けていきます!





百聞はひと縫いにしかず。

桜が咲いて満開になり、やがてその花びらは空を舞って吹雪となり、葉が芽吹く…。


ブログを休んでいた2週間の間に、日本人のDNAに“悦び”として刻み込まれているであろう、春の風物詩が始まって終わりました。



まさかこんなタイミングになるとは思ってもいませんでした。
近頃の少しおかしな気候を考えれば、『イベントの頃にはもう桜は終わっているだろう』と感覚的に思っても不思議ではなく、それを裏付けるように開花予想日は20日前後だとニュースで告げていたのです。


ところがどっこい。


そろそろしまおうかと思っていた厚手のダウンジャケットが再度活躍するほどに気温は下がり、桜の開花日はドンドン後ろ倒し。
そしてやっとその蕾が綻び始め、桜が満開となったまさにその日、奇跡的なジャストタイミングでBANDY’Sレザークラフト教室初の単独イベント“革フェス2024”を開催することができました。



油断していた…という表現が正しいのかわかりません。
しかし想定していた来場者数(勝手な希望も込めて多めに考えていたにもかかわらず)をはるかに上回る人数がスタートと同時に、この小さな小さな教室に集まってくださったのです。
手伝ってくれた生徒さんたちも突然の出来事に大慌て、自分も対応に追われて、まったく意思疎通ができない時間が2時間ほど続きました。
正直、誰と何をしゃべったのかさえ覚えていない…(笑)



ワークショップを一人でやってくれたYさん。
最大1時間半待ちになるほどてんやわんやだったと思いますが、見事にさばいてくれました!



特にショルダーベルトを作るワークショップが人気で、二日分の材料が初日で完売!
慌てて夜に追加分を制作することに。







外の物販エリアには、自分が在庫で持っていた革や生地を特別価格で大放出!
『先生…これ、安すぎませんか??』と確認のため見せに来た革を見て『いいの!いいの!それで買ってもらってー!』とご陽気で返事してましたが、『あの値段はアカンわ…』と内心思っていたのはナイショ(笑)
値付けしながらおかしくなってたんでしょ、きっと(笑)



物販を担当してくれた生徒のK林さん、K田さん、そしてヨメさん。
ぶっつけ本番だったにもかかわらず、接客をしてお会計をして、しっかり連携プレーで乗り切ってくれました!




そして自分はレザークラフトのお悩み相談と、ミシンで革を縫ってみたいという方のお試しを担当。
特に革の試し縫いにはたくさんの方がチャレンジしてくださいました。
実際にミシンの前に座ると、最初は不安そうだった表情が驚きの表情に変わり、いつしか笑顔に。
キレイに縫えて喜ぶその様子を見た周りの参加者さんも、『私も縫ってみたい!』と次から次へと未知の体験に並んでくれました。



そして一つ驚きと共に嬉しかったのが、男性の来場者さんが多かったこと。






年齢も様々で、常々ミシン男子を増やしたい!と思っている自分にはとてもとても嬉しい出来事でした。




『こんなちっぽけでマニアックなイベントに人は来てくれるんだろうか…』

やる前は正直そんな気持ちでした。
しかし蓋を開けてみれば、二日間で延べ70人もの方々が来てくださり、たくさんの笑顔と感動に包まれたイベントになりました。

ミシンでレザークラフトはまだまだ少数派かもしれません。
でもこんなにも『やってみたい!』と思っている人が実際にいる、ということがこのイベントを通じて知ることができて本当によかったです。


世の中に溢れかえる見知らぬ誰かの情報より
自らのひと踏み、ひと針が、心を躍らせる。


人の熱や心の交流を直に感じた、まさにイベントの醍醐味をしっかりと味わえた二日間となりました。
また来年も開催できるように頑張っていきますので、これからも応援のほどよろしくお願いします!



最後に手伝ってくれたYさん、K林さん、K田さん、ヨメさん。
コーヒースタンドで盛り上げてくれたOさん。
革フェスのめちゃくちゃカッコいいロゴを作ってくれたO。

本当にありがとう!!





【イベントでの看板娘】

ジーナも看板娘として、本当によく頑張ってくれました!
いっぱいヨシヨシしてもらえてよかったネー♪



【今週の教室風景】

今年もいよいよキャンプ部の活動が本格的に始まりました!
いっぱいキャンプしましょうね〜



さー準備ですよ。

朝からJUKIさんとの打ち合わせが終わり、午後になってそそくさと向かったのは東京ビッグサイト。
行ってきたのは…




東京モーターサイクルショー

平日の午後にもかかわらず、多くの人で賑わいを見せるオートバイのイベントです。
先週、長年の相棒との別れを惜しんだばかりなのに節操がないと思われるかもですが(笑)
このイベントに行く1番の目的はいつも一緒。




弟が作ったバイクを見に行くこと!
今年もブースの一番いい場所に置いてもらったようです。
いやー、スゴいスゴい。


久しぶりに二人でゴハンを食べながら、お互いの近況を話し合う。
分野はまったく違えど、自営・一人ぼっち・ニッチな商売(笑)という意味ではやってることが一緒な兄弟。
仕事をしていて嬉しいことや、他には言えないこともベラベラと喋ってしまうのはその同じ境遇のせいか?それとも美味しいお酒のせいか?
ウソです。二人とも超がつく下戸でした(笑)



自分はビッグサイトに出る機会はなくなってしまったし、他にもいろいろあってちょっとしんどかったけど、弟と話してると『あ、自分がやろうとしてることは間違ってないんやな』っていつも思わせてくれます。



ちょっと元気が出たところで!

いよいよ来週末となりました、バンディ教室初のイベント“革フェス”。
その準備も始まっております!
革に興味がある方に向けて、物販もいろいろありますよ〜




まずはもちろん革。
自分が作家時代から大事に保管してきた革も、このイベントのために大放出します!
しかも鼻血ブーな大特価で!!
寝かせておいても勿体無いだけなので、どなたかステキな作品に仕上げてくださることを願って。
500円からありますよ〜♪




以前JUKIさんのインスタグラムに作り方を載せたら大好評だったこの二つ。
針ケースと糸通しケース。
作れない方向けに、自分が心を込めて作りました!
い〜い色になるまで使ってくれたら嬉しいです。
数量限定ですが、気に入ってくれた方はぜひ。




教室の生徒さんもよく作っている、オリジナルのレザータグ。
そのベースになるタグもたくさん販売します!
刻印の打ち方も教えるので、ご自分のオリジナルレザータグにチャレンジしてほしいですね。



そして目玉は“SL-700EX&レザークラフトスペシャルセット”



SL-700EXにレザークラフトを始めるための道具一式と他にもオマケをい〜っぱい付けて(約3万円分)、お値段ミシン代だけ!
レザークラフトの道具は特殊なものが多く、揃えていくのがちょっと大変。
なので、まさにこれからミシンでレザークラフトを始めたい方に、とってもとってもお得なセットになってます。
お得すぎるので、一日3セット限定です。



他にもミシン用の糸“ビニモ”を特別に小巻にしてもらったものや、バンディがワークショップでいつも使っているSL-700EX用のミシン小物などなど、ミシン仕立てのレザークラフトに役立つものをたくさんご用意したいと思います!

あとお問い合わせで一番多いのが、『来場は予約制ですか?』。
誰でも、いつでも、入場無料で楽しんでいただけます!

ということで、来週はブログ書けるかなぁ〜
もしアップされなかったらイベントは大成功やったんやなって思ってやってください♪


ぜひご興味ある方は遊びに来てくださいねー!!




【イベントのお知らせ】

【革フェス in BANDY’Sレザークラフト教室 2024】
開催日時:3月30日(土)31日(日)10:00〜17:00
場所:BANDY’Sレザークラフト教室 台東区浅草6−26-8
入場無料



【今週の看板娘】

看板娘もお店番してますので会いに来てやってくださーい!



【今週の教室風景】

こ、これはもしや…!?