やっぱりないと不便なので。

去年せっかく作ったのに、ものの1週間ほどで手元からなくなってしまった







自転車のサイドバッグ。



なんかまた新しいの作る気力がなくなっちゃって、ないまま過ごしてたんですが…
そもそもこの自転車、メインの使い道は“仕入れ”。
簡単には買い物袋ももらえなくなった昨今、入れるものがないとまぁ〜不便。


ということで、やっと重い腰をあげまして、新しいサイドバッグを作ってみました!






前回みたいな、そんなに大きなバッグはいらないな…ということで、第二号は小さめで。





とはいえ、最高の材料を惜しげもなく使えるのは作り手の特権ですよねー(笑)
前回と同じくイタリアンレザーのリスシオで。





細かいパーツ類も順番に作って






縫い付けていきます。






今回は細かいものが分けられるように、前ポケットをつけてみました。







ひっくり返せば…






サイズとフォルムは狙い通り!





自転車につけるベルトにホックをつけて






自転車の荷台に取り付ければ





完成〜!




とりあえずこれで細かい荷物入れに困ることはなかろうかと。
とはいえ、いい防犯対策が浮かばず、またすぐに取れちゃうんですけどー(笑)



ってか、先日自転車乗っててすっ転びまして。
頭ゴッチーンって地面にぶつけて、しばらく起き上がれなかった…
幸いにも大きなタンコブだけで大したケガはなかったんですが、気をつけなあきませんね。
しかしオトナになってからのケガは地味にイタイ(笑)






【今週の看板娘】

冬の風物詩となりました。
ストーブに当たって、さらにチリチリ現象。
こっちがちゃんと見てあげないとね!
ゴメンゴメン。



【今週の教室風景】




とっても素敵な配色のツインズショルダーバッグができました!
ちょっと濃いめのグリーンに、熟成したウィスキーのような深い色味のイタリアンレザーを合わせて、とっても上品な仕上がりです。
まさにどこにも売ってない、自分だけのバッグですね!
お疲れ様でした。




【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

すでに大当たり。

2023年、早速こんなものにデビューしてみました!










天下一品!

ご存知の方、大ファンの方、たくさんいらっしゃると思いますが。。。
ワタクシ、いまだに未経験でありまして。

食べてなかった理由は、まさかの“勘違い”。

20代の頃、とあるラーメン屋さんで食べた“こってりラーメン”があまりにも苦手で、外食で残したことがなかった自分が、初めて食べ残したという苦い思い出があります。
それでこの天下一品の名物が“こってりラーメン”。
自分はこのお店のこのラーメンがダメだった…と思い込んでいたのです。

しかしよくよく思い出してみると、『あれ?違うお店かな…』って思う出来事が。

先日、テレビでこのラーメンが紹介されていて、ぱっと見で『あれ?あの時の見た目と違う…』って気づいたのです。
それで調べたらまさかの店違い!

さらにウチのヨメさんは京都出身。
聞くと『高校生の時によく食べたわぁ〜!もう何年も食べてないけど美味しいよ』とのこと。
おっしゃ、じゃあデビューしてみようか!となりまして、一番近所の錦糸町店へGO!となったのです。


到着すると驚きの行列….こんなに人気なのね。
待つこと30分。食べた感想は….


年に一回でいいかな(笑)


かたやヨメさんは『懐かしいぃぃぃ〜』って言いながらバクバク食べてたけど、最後にボソッと一言。


『…やっぱり本店が一番やな。』


それ言ったらおしまいヤーン(笑)
っていうか、“京都発祥”って謳ってる食べ物って、めちゃくちゃコッテリなものが多いと思うのは自分だけ??
しかも人口あたりのパン屋の件数日本一らしい。。。

京都府民さん…うす味さ…ガマンしてるんでしょ?ホントは?

ってヨメさんに聞いたら、ほくそ笑みながらうつむいてました(笑)







前回のブログで、自分が唯一信じてる星座占いに今年のキーワードが“人間関係”と書かれていたとお伝えしました。

まービックリです。
2023年になって、まだ2週間。
すでに驚きのご縁が2回もあったのです。



先日アトリエで作業していると、『バンちゃんお疲れー!』とひと組の夫婦が入ってきてビックリ!
だってこの夫婦、1年前にバイクの大事故で二人とも生死をさまよってたんですから!
特にヨメさんの方が重傷で、集中治療室で何日過ごしたことか…
そんな二人が、何もなかったかのような元気な姿で遊びにきてくれたんです。





『ついこないだまで顔面麻痺で能面みたいやったのに、すっかり治ったからパーマ当ててオシャレしたったわ!!』
って豪快に笑い飛ばすヨメ….ま、とりあえず元気になってよかったわ(笑)
また遊びに行こなー


もう一つ繋がったお話は…また今度。






【今週の看板娘】

最近あんまりアトリエに行きたがらないジーナ。(おやつタイムがなくなったから?(笑))
やっと昨日が仕事始め。
作業見守り隊しっかりやってー




【今週の教室風景】

2023年初の体験教室。
お二人とも以前自分がやったSL-700EXのワークショップに参加してくれた方でした!
ワークショップきっかけでレザークラフトに興味を持ってもらって、本当に嬉しいです。
ご参加ありがとうございました!





【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

年末年始いろいろ。

改めまして、新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。


2015年3月から始めたこのブログ。
まもなく丸8年です。
(前のブログから累計すると15年)
継続することがなかなかニガテな自分が、なんでこんなに続けられてるのかよくわかりません。

しかしよくよく考えてみると、“カッコつけなくていい”なんて言葉がふと浮かびます。
ウチの情報発信ツールは他にインスタグラムとツイッターがあります。
この二つは一応ウチのイメージがあるし、多少はカッコつけた写真や言葉を載せた方が…なんて発想が出てきてしまうもの。
対してこちらのブログは、“素の自分”が出せてるからいいのかなぁと。
まぁ普段からあまり裏表はない方だとは思いますが(笑)

そんな感じで(どんな感じ?(笑))、2023年もゆるゆると続けていければと思いますので、どうかお付き合いのほどよろしくお願いします。





さて





この年末年始は皆さんいかがお過ごしでしたか?

自分の周りでけっこう多かったのは、年末に一家全員コロナ感染。という方。
ホンマにあそこも?ここも!?ってなぐらいに。
でも話を聞いてみると皆さん軽症で、思っててより全然しんどくなかったという話ばかり。
ウチの教室にコロナ病棟の看護師さんがいらっしゃるのですが、その方も『もうコロナで来る方はほとんどが軽症』と、年始の教室で教えてくれました。
逆に今はインフルエンザの方が高熱が出て大変だそうです。

気をつけてお過ごし…なんて言っても、基本みんなマスクしてるし、どこでもらったかなんてさっぱりわかりません。自分の時もそうでした。
やはり大切なのは、“体力を落とさない”ことのようです。
無理をせず、疲れた時はしっかり休んで、免疫力を落とさないように心がけていきたいですね。



って、こんな教養ブログちゃうか(笑)





我が家はウチの実家がある伊勢に帰省しておりました。
何がタイヘンだったって、行きも帰りも大ハズレの渋滞予測。
だって年明けに高速道路の会社が渋滞予測の大ハズレを認めたんですから!
でもその理由が面白くて。



『渋滞予測を見て避けようと分散したため、想定外のところで渋滞が起こった』



なんじゃそれーっ!!(笑)
コロナをはじめいろんなことで意識が変わりはじめた昨今、休みを長く取る人も増えたみたいで、帰省のタイミングも多様化してるそう。
こんな渋滞予測にまで変化が現れるとは。。。






毎年恒例の、初詣からの今年一年を占うおみくじ。
2023年は….末吉でした。

去年に引き続き、おとなしくしておいた方がいいのかな?


そしてワタクシが唯一信じている星座占い。
こちらのキーワードはズバリ“人間関係”!
もぅなんなら一番めんどくさいやつじゃないっすか(笑)

でも実は去年あたりから人間関係についてはちょっと思うことがありまして。
一人で黙々と取り組んでいたことがあったので、ちょっとビックリ。

あまり深くは考え込まず、でも逃げず。
自分の直感を信じて今年もボチボチいこうかなと思います。




教室の方も、年始はすでに2回終わりました。
やっぱり楽しいし、みんなも楽しそう!
賑やかな一年になるといいな。


そうそう!先日ウクレレ教室に行ったら、ウクレレメーカーさんの方から『革のウクレレストラップを作るワークショップをやってくれませんか?』とお話をいただきました。
春ごろに開催予定です。

なんだかんだで楽しい1年になりそうです♪






【新年一発目の看板娘】

卯年、犬コロもピョーン。




【今週の教室風景】

同僚のお二人。
年末滑り込みでミニラウンドファスナーが一緒に完成しました!
難しいラウンドファスナーの基礎ですが、お二人とも見事な仕上がり。
次はぜひロングにチャレンジしてみてくださいね♪
お疲れ様でした。




【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

2022年、ラスト。

毎年最後のブログ恒例!
バンディ的今年の一文字。

2018年 “節”

2019年 “躍”

2020年 “決”

2021年 “苦”


そして…


2022年 “良”


でした!
毎年一年を振り返って、パッと頭に浮かんだ一文字にしています。


何があったかなぁ〜とこの一年をザックリ振り返ってみました。
よく、“ツラい経験の方がよく覚えていて、楽しかったことはそれほど覚えていない”なんて言葉があったりしますが、今年はまさにそんな感じ。

もちろん楽しかったこと、嬉しかったことを覚えていないわけではないんですが、衝撃的にしんどかったこと、ツラかったこともなかった一年でした。
まぁ強いて言えば…コロナにかかったことぐらい?
そんなこと、このブログがなかったら忘れてたなぁ〜って感じです(笑)



良いご縁もあったし、キャンプもたくさん行けたし、新しい趣味のウクレレも始めたし。
なんとも“良好”な一年だったと思います。


皆さんはどんな一年だったでしょうか?





ワタクシは来たる新年に向けて、こんなことをやってみました。



もう20年ぶりぐらい?に髪の毛の色を変えてみました!
色を変えるというか、パツキンメッシュを入れてみたのです。
結構ハードめに。

今週の教室で誰か生徒さん気づくかワクワクしてたら…

誰も気づきませんでしたーっ(笑)
のべ20人は会ってるのに…ガッカリ。

ってかそもそも183cmある自分を上から見るなんてことは、そうそうないですしね(笑)





そしてもう一つ。

コンタクトレンズの新調。

自分は昔っからハード派なんですが、なんだか最近ピントが合わせづらい。
お友達に眼科の先生がいるので相談したら…老眼です、と(笑)
あとはハードコンタクトの寿命が3年と教えてもらったので、いつ作ったか定かでない今のコンタクトをとりあえず新調することにしました。

目の測定をしてくれた若い先生、『老眼っていうのは…』『さらに老眼は…』『老眼になると…』もーえーっつーの(笑)


新しいコンタクトで、新年からビシッと視界良好でいってみよー♪



今年も“BANDY’S diary”をお読みいただきありがとうございました!
皆様にとっても、去年に引き続きいろいろ大変なことも多かった一年だったと思います。
いろんなことが本格的に再始動し始めた2022年。
ワクワクとドキドキを胸に、来年も自分らしさを大切に。

良いお年をお迎えください。


Qrinaf / BANDY’S Leather craft school
バンディこと須川豊澄






【今週の看板娘】

今年もやりましたクリスマスランチパーティ!
黒鼻のプードルがお出迎えです♪




【今週の教室風景】

今年も忘年会はできませんでしたが、25日に教室に来てくれた生徒さんとささやかなクリスマスランチパーティをやりました。
来年こそは忘年会…やりたいなぁ〜




【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

ラスト2。

『今年もお世話になりました。良いお年を。」



そんなご挨拶が教室でもチラホラと交わされるようになりました。




ワタシの記憶が確かなら。
毎週日曜日に更新しているこのブログ、曜日が少しズレたことはあったけど、今年は一度も休んでない…ハズ。

たまにこのブログを読んでくれている人から


『よくあんなに毎週ネタがありますね!』


な〜んて言われることもありますが…そんな大したこと書いてないし(笑)
でも何年も続けてきたおかげでインスタグラムの投稿記事を作るお仕事もいただき、それも1年を超えてきました。


あともう一つの夢、いつか“本”を出してみたいなぁ…


1年前にイベントで講習した『誰も教えてくれない、イベントで黒字で帰ってくるための売るコツ』。
自分が数多くのイベントに出店してきた経験をもとにしゃべらせてもらったんですが、なんと150人もの参加者さんから“満足度No1”の評価をいただきました。


モノづくりをやってる人に売る楽しさを味わってもらいたい。

作り手がイベントに出店すればクラフトイベントが盛り上がる。

クラフトイベントが盛り上がればモノづくりに関係する業界が盛り上がる。

そんなイメージを勝手にしてまして。
特に1番目と3番目。
自分の今までの経験や技術ならどんだけでも伝えられるし、業界が盛り上がれば高性能なミシンももっと売れるようになるかもしれない。
世の中のことはいろいろあるけれど、モノづくりという一つの文化を、楽しく前向きに動かしていきたい。


なんか良いことばかり書いたけど(笑)、何はともあれ、作り手には利益がないとモチベーションが上がりません。
しかし“作る技術”と“売る技術”は全くの別物。
しかもイベント会場というかなり特殊な場所での販売。
そんな状況でどうやって自分で作ったものを売っていくのか?
講習会ではそんなことを経験や具体例をふまえておしゃべりした次第です。


これが本にできたら…ええなぁ。
JUKIさーん、スポンサーになってくださーい(笑)





【今週の看板娘】

ボールめがけて大ジャンプ!
跳ね上がった耳がかわええわぁ〜




【今週の教室風景】

『自分たちのブランドを作りたいんです!』
と体験教室に姉妹で参加してくれました。
自分が業界ドップリなのでお世辞にも甘いことは言えませんが、ぜひこういう若い人たちが入ってきて革業界を盛り上げてくれたら嬉しいですね!
ご参加ありがとうございました。





【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

あの頃を忘れないために。

いよいよ始まりました。この時期、毎年恒例の







浅草“クリスマスってなんですか?”月間

浅草寺の仲店は12月に入ればお正月飾り!
今はまだ写真のような軽〜いモードですが、中ごろになれば寿マークの入ったデッカイ飾りがズラリと並びます。

浅草に引っ越してきて、今年で10回目の年末。
すっかりこの風景が心に馴染んでます。

今年最後まで無事に過ごせますように。







さて






前々から使いにくいな〜とは思っていたんです。
何かというとこの道具。



青いのはハンドプレスと言って、革を抜き型で形に抜く時に使う道具。
今はなき“ベルメックス”というメーカーのもので、日本国内のレザークラフターさんには結構普及しているプレス機です。
実はウチにあるのは“試作機”。
当時ベルメックスさんから『レザークラフトに使うプレス機を作るので、意見が欲しい』とお願いされ作ったものでした。

あれから10年以上使ってますが、まだまだ現役。
ベルメックスさんちょっと前に製造をやめちゃって、今は手に入らないみたい。
安くてよかったのにね〜…残念。



そして使いにくくなってるのは…その革の下に敷く黒い板。
これは抜き型の刃にキズつかないようにプレス機の下に敷いて使う、硬いゴム製の板です。

元は真っ黒。
それが何度も何度も刃が食い込むことで抜き型の跡がつき、革のカスが入り込んで白くなり、真ん中が反ってしまい、もはや平面ではありません。

そうなると抜き型の刃に力が均等にかからず、革がうまく抜けなくなってしまったので、いよいよ新調することにしました。

新しいのに交換すると、ま〜よく抜けること!
なんでもっと早く交換しなかったのかと思うほど。
生徒さんに頼まれる抜き作業も、これでサッとできます。



今まで使ってきたゴム板は再利用はできないので廃棄します。
『お疲れまさ』と声をかけ、ゴミ箱に入れようとしますが…これがなかなか捨てられません。
というのも、このゴム板は自分がレザークラフトを始めた時に買ったもの。
バッグの学校に行ってる時も、独立して全然食えなかった頃も、ず〜っと自分を支えてくれたこの板。
その思いが簡単にポイっとはさせてくれないのです。




今週の水曜日、夜の教室でのこと。




楽しい話の流れから、突然始まった生徒さん同士のLINEの交換会。
レザークラフト、そしてウチの教室を通じて出会った人たちが、こんなに楽しんでくれる。
こういう場を作ることができるなんて、あのゴム板を買った頃には想像もできなかったことです。


スーパーに行った時、無性に食べたくなった198円のタコときゅうりの酢の物が買えなかった当時の自分。
“初心忘れるべからず”とこのゴム板を見るたびに思い出せるように、これからもこの板を捨てる日は来ないんだろうな。きっと。






【今週の看板娘】

おいもさんをロックオン!
でもヨシって言われるまでガマンできます!!




【今週の教室風景】




ドイツ人の生徒さんが二個目の課題バッグを完成させました!
例えば日本語が通じない国に行って教室に通い、バッグを作るなんてできますか?
ボクはできません!!(笑)
スゴイとしか言いようがありません。
素晴らしい!お疲れ様でした!!



【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school





北の友から。

『バンディさん、そろそろ2本目が欲しくなってるでしょ〜?』



そう言いながら、いたずらっ子のような顔をして近寄ってきたのは、今年に入ってから習いはじめたウクレレの基礎科の先生でした。



2本目…というのはもちろんウクレレのこと。
買い物に関しては“どうせ買うなら自分が本当に気に入ったものを買う”がモットーのワタクシ。
ご多分にもれず、1本目も音色とデザインが気に入ったものを選びました。





『ウクレレってさ、小さいから場所を取らないでしょ?だから増える一方なんだよね〜』


心の中では『そりゃ先生が買いたいだけやろ(笑)』とツッコミながらも、ウクレレは始めてまだ半年。
1本目も気に入ってるし、2本目なんかぜんぜん考えられないと伝えるも、先生のツッコミどころ満載トークに流され、あれよあれよという間にたどり着いたのはウクレレ売り場フロアーでした。





『気になったの弾いてみなよ』


ウクレレもいろんなデザインがあります。
いくつか選んで、この半年で覚えた片手で数えるほどしかないコードをポロンポロンと弾いてみると、全部音色が違うことに気づきます。
1本目を選んだときは『いい音色だな〜』ぐらいに思っていた音が、この半年で意識して聴くようになったせいか、『この音色が好き!』と思えるようになっていて、自分でもちょっとビックリ!


『バンディさんはスプルース(松の木)の音色が好きなんだね』


そう先生に言われ、『スプルースってなに??』と思いながら、自分がいいなと思ったウクレレを見直すと、すべて白い木でできたウクレレだったのです。





『スプルースが好きなら、北海道に“クワイアン”っていういいブランドがあるよ!』


くわいあん?…くわいあん…どこかで聞いたことがある名前…くわいあん…


『アッ!!Aさんが言ってたブランドだ!!』


Aさんとは今から約10年前、自分がまだレザーメイトさとうさんでアルバイトをしていた頃に、二階の手縫い教室に通われていた生徒さんでした。
革の好みが似ていたこともあり、とても仲良くさせてもらっていたAさん。
程なくして地元北海道に戻ることになり、その後久しぶりにメッセージのやりとりをしていた中で


『私、革をやめてウクレレ職人になったんだよ。クワイアンっていうの。』


クワイアン!これだ!!
それを思い出した途端、両腕にトリハダが立ちました。
早速Aさんに連絡してみると


『遊びにおいでよー!』


と、いうことで!





北海道に行ってきましたー!

ちょうど旅行支援もあったからめちゃめちゃお得に♪





新千歳空港から札幌、そこからさらに地下鉄に乗り換えてついた駅は澄川。
自分の名前“豊澄”と同じ文字が付いていて、なんか運命的な何かを感じざるを得ません(笑)
Aさん駅まで迎えにきてくれていて、久しぶりの再会を喜びつつランチ。
お互いの近況や思い出話が止まらなかったけど、とりあえず一路工房へ。



いやーホンマに来ちゃいましたよ。クワイアン!





出来立ての美しいウクレレ たち!

『私たちの作るウクレレはすべて北海道産のエゾマツの木を使っています』
そう教えてくれたのはクワイアンの宮城社長。
普段工房にお客さんを迎えることは滅多にないそうですが、Aさんの友達が来るということで、仕入れを早々に切り上げてわざわざ戻ってくれたそう。
こんな超〜初心者のためになんかすいません(笑)


さっきも書いた、この半年で覚えた数少ないコードをポロンポロンと鳴らし、自分が気に入ったのは…




この子だー!!

って選んだウクレレ、まさかの公式販売“前”のものでしたが…特別に販売してもらいました!




どーですかこの凛とした美しさ…

まるで赤ちゃんのような手触りと自然の力で作られた木目、そこに“Fホール”と呼ばれる穴が彫り込まれた、北の大自然と斬新なデザイン、そして職人の繊細な作業によって生み出された珠玉の一本です。





Aさん、宮城社長と。

Aさんは工房を丁寧に案内してくれて、他の職人さんも紹介してくれたり。
ウクレレを選んでいる時も、ボクの感覚を一番信用してくれながら丁寧に丁寧にアドバイスをしてくれたおかげで、素晴らしい一本に出会えました。

とってもとっても素敵な経験をさせてもらいました。


Aさん本当にありがとう!!
また元気で会いましょうね♪





【今週の看板娘】

ジーナは久しぶりにトレーナーさんのお家でお留守番。
いい子にしてたみたいね。えらいえらい。




【今週の教室風景】

教室始まって以来の珍事!?
全員がちょうど完成でした!
思わずみんなで記念撮影(笑)




【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

冬に向かってちょっとずつ。

ビックリします。


なにがって…


11月最後のブログ。
あぁ…早い早い。






日が暮れるのもすっかり早くなりましたが、日が登るのもすっかり遅くなりました。
朝の散歩をすると、季節の移ろいを目で、肌で、感じます。






美しい金色を見せてくれたイチョウの葉っぱがだいぶ落ちかけたら、次は寒椿。
年明けまで次から次へと咲いて、咲き終わった頃には梅の便りかな。





そして浅草らしい風景ももうすぐ。
秋の装いが終わり、12月に入れば仲店通りはお正月モードへ。

そう、浅草にはクリスマスは存在しません(笑)




2022年も残り1ヶ月。
体に気をつけつつ、悔いの残らぬよう過ごしたいものです。


やり残したこと、ありませんか?







【今週の看板娘】

看板娘は今、久しぶりにトレーナーさんのところへお泊まり。
その理由は来週のブログで。



【今週の教室風景】




平日開催となりました、SL-700EXのワークショップ。
みなさん無事に完成しました!
当初は革を入れるバッグとして考えたものですが、今回の参加者さんの中には“弓矢”を入れるために使いたいと聞いてビックリ。
確かにこんな形のバッグないですから、何かいろいろ特殊な用途に使えそうですね。
みなさんお疲れ様でした!





【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします

BANDY引越しセンター出動。

『もうちょっとしたら定年になるので、自分のお店をしたいと思って…』



まだ、生徒さんなんてぜんぜん少なかった5年前。
そう言って入会してくれた一人の女性がいました。


『じゃあ来るその日までなんでも教えるので、いろいろ作りましょう!』

『よろしくお願いします!』


程なくして工業用にミシンも買って、ほとんど休まず熱心に通ってくれた生徒さん。
そして今年の初旬のこと。


『先生、もう来年なんですよ。定年。』


必要なのは出せる勇気だけ!と背中を押し、じっくりと物件探しを始めました。
長い梅雨が終わり、照りつける日差しがジリジリと感じるようになったころ。


『いい物件見つけたんですけど、みてもらえますか?』


『ついに来たか!』とばかりに、その日居合わせた生徒さんと一緒に物件情報を見たのをつい先日のように思い出します。






そして今週向かったのは…

熱海!!




そう…

いよいよ物件が決まったのです!!

ミシンをはじめ、材料や道具などいろいろ運ばなくちゃいけないということで、自分ともう一人生徒さんと一緒に、引越しのお手伝いに行ってきました!




入って左側はカウンターと作業スペース。
ワークショップもできますね!



ミシンは一応この場所に。
アトリエ作りは最初に決めすぎないのがコツ。(経験者談(笑))



入って右側がお店スペース。
ここにどんな作品が並ぶのか、今からとっても楽しみ♪




ハイエースを借りて、一気にお引越し!
ミシンの運搬は大崎パイセンと何度もやったのでお手の物。
荷物も男手二人あればあっという間です(笑)




時間も予定よりぜんぜん余ったので、DIYのお手伝い。
天井にカーテンをつけました。



まだ会社勤めがある中、休みの土日を使って、一人でコツコツとDIYで店作り。スゴい!!





『同僚はほとんど再雇用で残るみたいです。やりたいことがある私は幸せですね。』


“自分のお店がしてみたい”
そう思うだけなら何万人の人が思ったことでしょう。
しかし、実際に行動した人は何人いるでしょうか?

生徒さんの勇気、そして夢を叶えるための一歩をお手伝いできた者として、これからもずっと応援しますよ!



引っ越しが終わった帰り道、一緒に行ってくれた男性の生徒さんがボソッと一言。



『なんか…刺激受けたなぁ…』



ニヤリ(笑)






【今週の看板娘】

ジーナは曜日がわかっているのか、定休日の火曜日になると朝から“遊びに行こうよモード”。
でも外が雨なのはわかってくれません(笑)



【今週の教室風景】

ミシンに飛行艇が不時着しておりますが、気にせずにお縫いくださーい。




【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします

SL-700EX新作ワークショップ完成。

少し前にでき上がった“チムニーバッグ”のワークショップに続き、今度は久しぶりにバッグのワークショップを考えてみました。


今回のバッグは教室でも人気の“帆布と革のキンチャクショルダーバッグ”。

教室で作るモノより、もうちょっと作りやすくなるように改良しました。
自分的にちょっと面白いポイントはバッグ…じゃなくて、口元を閉める革ヒモ!
3cm幅で1mm厚の革を三つ折りにして、たった1cm幅で厚さ4mmになった革のキワを縫います。
普通にやったら縫えない(ミシンを使ってる方ならわかるはず)ですが、あるコツを押さえれば誰でも縫えるので、ちょっと勉強になるポイントかな〜と思います。


自分で作ってみたところで、最終チェックにモニターをやります。
自分ができたからといって誰でもできるとは限りません。
普段からミシンを使っている一般的なレベルの方に協力してもらって、工程の進め方、説明を細かくしたほうがいいところなどを洗い出していきます。





モニターとはいえ、毎回初回はドキドキします。
パーツや準備の不備はないか…ナドナド。
ま、それをチェックするのがモニターなんですけど(笑)




モニターは基本的に生徒さんの中から募集しています。
今回は応募が多数あったので、選考は…ルーレット(笑)(その様子もちゃんと全員に公開!)
当選したお二人に協力してもらいました。




進めている途中でも、気になったことがあればなんでも言ってもらいます。
実際にやっているその瞬間に感じたことが、一番正解に近いことが多いので。




ウチのワークショップの目玉の一つであるオリジナルのレザータグ。
参加者さんの好きな言葉でお作りします。
モニターでももちろんプレゼント!





教室の一番の目的は“作れるようになること”ですが、ワークショップの一番の目的は“時間内に完成させること”。
さらにワークショップであっても、なるべく参加者さん自身で作り上げてほしいと思っているので、ボクはほとんど手を貸しません。
そのかわりやり方はとことん丁寧に説明します。




そうするとワークショップの場合、参加者さんは一般募集のため、ひとりひとりの力量が読めません。
なので最初の段階で、どこまで作業工程を残しておくかが大きなポイントになります。

作業工程が少ないと、早めに終わるけど物足りなさを感じる可能性がある。
逆に多いと、充実感はあるけど時間内に終わらない可能性がある。





そこでこのモニターを通じて、“充実感がある内容で、ちゃんと時間内に終わらせるワークショップ”を作ることが、自分の最大の目標です。




先ほど“おもしろポイント”って書いた革ヒモも、コツを伝えれば初めてのお二人もちゃんとできました!





無事に完成です!




い〜い感じに仕上がりました!






今回協力してもらった生徒さん。
改善点も積極的に言ってくれて、とっても助かりました!

たくさんの方に“作ってみたい!”って思ってもらえるようなワークショップに仕上げて、近々インスタグラムの方で募集したいと思います。
このグレードのバッグが職業用ミシンを使って1日で完成します。
ご興味ある方はぜひご応募お待ちしてます!






【今週の看板娘】

犬を連れた西郷どんならぬ、アフロ犬を連れた孫悟空。
違和感しかない(笑)




【今週の教室風景】

『先生!バッグの持ち手だけいっぱい作ってもいいですか!?』
ドーゾドーゾ。




【BANDY’Sレザークラフト 教室のご案内】

現在教室の方は、空きが出次第お申し込み順にご案内させていただいております。
また教室へ入会希望の全ての方に体験教室の受講をお願いしております。
以下のリンクよりお申し込みください。


《体験教室お申し込みフォーム》


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします