出会って散財。

昼間はけっこう暖かい日が増えてきました。


なかなか出かけることもままならない状況ではありますが…
先日ちょっとお昼にラーメンを食べに行った時の出来事。

ヨメさんと運ばれてきたラーメンをズルズルと食べていると、何やら入り口付近で賑やかな声が聞こえてきました。


『オメー何食べんだよ?』


『え?オレ?決まってるっしょ。アレの特盛ぃ〜!』


『またアレかよ!オメーバカじゃねーの!?ガハハハ!!』


20代と思しき4人のいかつ〜い男の子たちが、大声で食券を買っていたのです。



『オイ!こっち空いてるぜ!』

と指差す方向は、自分たちの隣の席。
『うるさいのが来たなぁ〜…』と若干イヤな気分になりつつ、そしらぬフリしてラーメンをすすり続ける我ら。

すると、席に座っても大声で話し続ける彼らに店員が声をかけました。


『紙エプロン…お使いですか?』


『そっちかい!!』って心の中でツッコミつつ、そんなもんこっちも使ってないのにいらんやろ!とヨメさんとアイコンタクトしてると


『使いまーす!』


って全員キレ〜に手を上げたものだから、びっくりしてラーメン吹き出しそうになりまして(笑)
その後彼らは手渡された紙エプロンをカサカサっと丁寧に首元につけると、運ばれてきたラーメンを『美味しい、美味しい』といいながら静か〜にすすり始めたのです。

も〜ぅこのギャップがおかしくておかしくて。
笑いを堪えながら食べ終えたラーメン、まったく味覚えてません(笑)


若いって….イイネ♪






さて






“気に入ったものに出会ったら、すぐに買う!”
って思っているものが、どなたでも何かしらあるはず。
自分もずーっと前から出会いを探しているものがいくつかあるのですが、今週バタバタっと出会って買ってしまいました。


まずはコチラ



ワタクシTシャツが大好きなんですが、昔買いすぎたのを反省しまして、今は本当にグッときたものしか買わないようにしています。
で、久々にグッと来たこの2枚!
世界的有名ロックバンドのTシャツなので、定番のデザインは世の中にたくさ〜んあるんですが、人と違うのが好きな自分は、ズ〜っとマイナーなデザインのものを探していました。

やっと気に入ったのを見つけた〜!とネットでポチったのはいいですが…
左のTシャツ、サイズピッチピチでした(泣)
自分的にはギリいけるやろ!と思ってヨメさんに『どう!?」って着て見せたら、驚くほど苦笑いされたのでちょっと考えようと思います(笑)




次はコチラ


ズ〜っと密かに探していた、JUKIとMITSUBISHIのアンティークミシン缶です。
昔、家庭用ミシンを買うとアタッチメントやボビンが入ってきた缶。
MITSUBISHIやBROTHER、SINGERなどはよく見かけるんですが、なんせJUKIが出ない!
たまに出ても即売れちゃって、何度も悔しい思いをしてきました。

そして先日、3年越しにJUKIのミシン缶をフリマアプリで発見!
ソッコーでゲットできました〜♪



これでウチにある工業用ミシンと一緒のメーカーをコンプリート!




いやぁ〜かわええナァ♪


きっと誰かが大切に使っていたであろう、このミシン缶たち。
これからはウチで大切に使わせてもらいます!



そういえば…

“MITSUBISHI”と名の付いた工業用ミシン、もう販売されなくなっちゃいましたね。
悲しいなぁ。






【今週の看板娘】

せっかくお友達がいるのに、ボール目掛けて一直線!
好きなものに一直線なのは飼い主譲りか(笑)



【今週の教室風景】

あったかくなると、何か新しいこと始めたくなりますよね!
職業用ミシンSL-700 EXもたくさんご注文いただいております。
このミシンを使ったレザークラフトはバッチリフォローさせていただきますので、ご興味がある方は遠慮なくお問い合わせください!




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼)の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

スキスキスキスキスキッ漉き。

誰かいないかなぁ〜と、ずっと探しています。




ここにウチの雰囲気に合う“カンバン”を作ってくれる人を。

一応、丸の左下に小さなカンバンがあって、い〜い味が出てはいるのですが…
いかんせん色あせがひどくて、字が読みづらくなっております。

ただでさえ何屋さんかわからない見た目ですので(笑)、気長に探してはいるのですが…さすがにそろそろ。
どなたかステキなカンバン屋さんを知っている方はご紹介お願いします。






さて





春になりまして。
まだまだ油断できない状況ではありますが、ちょこちょこと動き出していることもございます。

先日、JUKIさんの方からレザーキンチャクのキットのご注文をいただきましたので、その準備をば。
このキット、何に使うかはJUKIさんオフィシャルのお知らせをお待ちください。



型抜きから上がってきましたので、ここからは…..




このようにひたすら漉くこと100個分!
やったあとが……





ザーーーーン



ザーーーーーン





大量の漉きカスドーーーーーン!





途中、黒モジャの妨害を受けましたが…..




なんとか無事に100セット完成しました!



クラフトイベント等もちょこちょこやっているところもあるようですが….
また東京も大阪も増えてきちゃいましたものね。
ワクチンで集団免疫ができるまではダメなんでしょうか。

かのアメリカでは今のワクチン接種ペースで行くと、なんと6月には全国民の70%に達して集団免疫ができるとか。
ちなみに日本の接種率は全国民の0.4%。

そして先日のテレビでは、日本が『コロナ収束後に行きたい国No. 1』になってるらしい。



数年後…

日本が『いまだにコロナを撲滅できていない国No. 1』になっていませんように!






【今週の看板娘】

あったかくなってきたネ♪



【今週の教室風景】







『この歳だから、まわりに言われて断捨離を始めたの。でもね、いざモノがなくなると寂しくなってきちゃって。だからこれからも、死ぬまで自分の好きなものに囲まれて生きていこう!って決めたのよ。』

自分の“好き!”っていう気持ちにいつまでも素直になれる、ステキな生き方の生徒さんが作ったバッグには、彼女の好き!がいっぱい♪
メタリック革に赤のワンポイントだけでも十分個性的ですが…
なんと底にはワニが隠れておりました(笑)

自分もその生き方、大好きです♪




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼)の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

キンチャク爛漫。

先日、教室をやっていた時のこと。
突然、バタバタっと一人の男性が入ってくるなりこう叫びました。



『アジ、食べませんか!?』



いきなり入ってきて、なに言うてんねん!
って思いながらもその男性をよく見ると、自分が借りている駐車場の大家さんでした。

よくよく聞いてみると、今朝、釣りに行ったらたくさんアジが釣れたので食べませんか〜?とのこと。
なんかこういう近所のお裾分けって、昭和っぽくていいなぁ〜なんて、昭和生まれの自分は感じながら、ありがたくいただくことに。


『釣りたてだから美味しく食べてね!』


と渡されたアジ、15匹!
想像をはるかに上回る量でビックリしましたが、釣りたてとあってピッカピカ☆

早速さばいて、お刺身、たたき、アジフライ、そして….



久しぶりに干物も作ってみました!

物干し台の窓を開けたらすぐ裏の家っていう距離感がまさに東京(笑)
でも干物には日光より風が大切なので、家の間に吹く“ビル風”でよく乾きました♪


お味はというと….言わずもがな。
鮮度が良いというのは何事にも変えがたい、素晴らしいお味でした!
今度はウチが大家さんに何かお裾分け返しさせてもらわなくちゃね。


良い街です。浅草って。






さて






毎年この時期はそうなんですが、春ってやっぱり何か新しいことを始めたくなりますよネ。
体験教室もたくさんのお申し込みをいただいております!
ということで、最近体験教室を受けていただいた方々のキンチャクのご紹介をば。




















レザークラフトを始めたい!っていう方はもちろんですが、

『子供がやっと手を離れたから始めたくて…』

『家にSL-700EXがあるからできるかなと思って….』

など、動機は様々。
でもみなさんモノづくりは大好き!な方々ばかりですから、楽しんでもらえてなによりです。
教室へのご入会もいただきましたので、これから一緒にレザークラフトを楽しんでいきましょう!



※前回募集しましたSL-700EXのワークショップは午前・午後ともに満席となりました。ありがとうございました。できるだけ毎月開催できるよう考えておりますので、ご興味ありましたらご参加お待ちしております。






【今週の看板娘】

念願かなって…..長野に移住します!!


って、ジーナの満面の笑みと共に4月1日にインスタへ投稿したら、『おめでとう!!』ってメッセージが数件届きました。
ごめんネ(笑)




【今週の教室風景】

コーヒーマニアの生徒さんが、なんと豆を自家焙煎して持ってきてくれて、教室で淹れてくれました。
フレッシュなのが美味しいのは豆も魚も一緒ですね!
ごちそうさまでした♪



〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼)の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。





職業用ミシンでレザークラフト に挑戦。

この一年、数多くのイベントが中止になりました。
もちろん我がモノづくり業界も例外ではありません。

その代わり、一気に身近になったこともあります。
“オンライン”や“リモート”です。


趣味に特化した例から言えば、オンラインでやり方を学んだ、リモート講習会に参加した…..なんて方も数多くいらっしゃるのではないでしょうか?

ちょっと昔だったら、通信教育とかHow toビデオを観たりしてやり方を勉強していたのに、今や誰もが『やりたい!』と思ったことを気軽にチャレンジできる時代になりました。
いやはやスゴいことです。。。



自分も一応人に教える立場の人間ですので、たま〜にYouTubeとかでHow toものとかを観たりします。

実は一応ウチもYouTubeチャンネルあるので(笑)


中にはとっても上手に編集した、い〜い感じの動画があって思わず最後まで観てしまいます。
でもよくよく観ていると、これは当たり前なのですが、“ちゃんと出来ている前提で”動画は進んでいきます。

『ここもうちょっと丁寧に知りたいんだけどな〜』
とか
『逆にこうなった場合はどうなるんだろう?』
など

個人的にもうちょっと知りたい!
なんて場面があったりするし、しかもいろんなことを思う又は気付くポイントは人それぞれ。
オンラインに対するハードルは、奇しくもこのコロナ禍でグッと下がったけど、やっぱり直接・丁寧に教えたい!教えて欲しい!
そんな自分と誰かの欲求を満たすため、こんなワークショップを4月からスタートさせます!




JUKIの職業用ミシン【SL-700 EX】専門!
レザークラフト ワークショップです。


『ミシンでレザークラフト をやってみたい!』
『今は洋裁だけど、革も縫えると聞いてこれにした!』

など、“革を縫える”と聞いてこの【SL-700 EX】を買われた方は多いのではないでしょうか?
でもやり方や知識が熟成している洋裁と違って、わからないことがたくさんあるレザークラフト 。
これからこのミシンを使ってチャレンジしたい!という初心者の方々に向けて、我がBANDY’S Leather craft schoolが【SL-700 EX専門】のレザーワークショップを始めます!

一応JUKIさんからは『日本初』とお墨付きをいただいております(笑)


それぞれのレベルに見合った様々なワークショップをこれからドンドンご用意していきたいと思ってます。
まずは以下の2講座からスタート!



【革を縫うためのセッティング 基本の“キ”】

素晴らしいポテンシャルを秘めたSL-700 EXですが、実は洋裁のセッティングのままでは革はうまく縫えません。
しっかりと“革セッティング”にしてあげることで、真の実力を発揮します。
そのセッティングを実際にミシンを触りながら、じっくりと解説。
『このミシンってこんなに革が縫えるの!?』と、きっと驚くはずです。
これからこのミシンでレザークラフト を始めたい方にピッタリのワークショップです。

講習時間 2時間
参加費 7,000円
定員 4名




【ミシンでレザークラフト にチャレンジ!〜レザーキンチャク編〜】

“革セッティング”を学んだら、早速レザークラフト にチャレンジ!
当教室が用意するレザーキンチャクのキットを使って、初めてのレザーアイテムを完成させましょう。
縫うのはもちろん、ボンドを使ってヘリ返したり、金具を打ち込んだりと作りごたえ抜群です!
縫い方のポイントなど、所々でアドバイスしていきますので、完成をめざして一緒に頑張りましょう☆

講習時間 3時間
参加費 10,000円(材料費込み)
定員 2名


まず第一回目は4月25日(日)です。
午前の部(10時〜12時)は【革を縫う時のセッティング 基本の“キ”】
午後の部(13時〜16時)は【ミシンでレザークラフト にチャレンジ!〜キンチャク編〜】
で募集します。
お申し込み・お問い合わせはメール qrinaf@gmail.com まで。




今まで数多くの人に聞いてきました。
『ミシンでレザークラフト に興味ありませんか?』
って。
するとほとんどの方がこう答えたのです。


『家のミシンで縫ってみたけど、全然縫えなかったんです。』


皆さん興味はあるのに、ほとんどの方が失敗体験をしている…
これがミシンでレザークラフトをするハードルを上げてしまっている原因だと気づきました。
確かに家庭用ミシンでは難しいですが、この職業用ミシンSL-700 EXと正しい知識があれば、誰でもレザークラフト ができる!
それを一人でも多くの方に伝えていければと思います。

SL-700EXをお持ちの方はもちろん、これから買おうかどうか迷っている方も、ぜひワークショップにご参加ください!
お待ちしております。





【今週の看板娘】

(頭のテッペンに注目)
桜の花びらがモジャモジャ地獄に捕まっていました(笑)




【今週の教室風景】



生徒さんがミニボストンを完成させました!
昔のリーバイスをイメージして、デニムとキャメル革の組み合わせ。
内装は赤耳みたいに真っ赤な内装です。
コレは立派な売り物になりそうなクオリティ。
いや〜、いい感じです!
お疲れ様でした。



〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。







やっと時代が追い付いても…。

続いてますよ。

なにがって、今年から始めた





リングフィットアドベンチャー!


コロナ禍でダルンダルンに緩んだ身体にムチ打つため、ヒ〜コラヒ〜コラと夜な夜なハゲんでおります。
その甲斐あってか、ちょこちょこ生徒さんから『先生なんかカラダがスッキリしましたね!』な〜んて言ってもらえるように。
正直、体重はほとんど変わってないんですが、自分でもわかるほどあきらかにカラダは引き締まった気がします。


自分はけっこう“飽き性”だと自負してますが、そんな自分にこのゲームはピッタリ!
それはもう、このゲームは自分以上に飽き性な人間が作ってるやろゼッタイ!と思うぐらいよくできています。
一緒に冒険するパートナー(リング)がゲーム上にいるんですが、これがもうニクい。


さぁ!今日も一緒にがんばろう!


いいぞ!その調子!


無理しないでゆっくり立ち上がろう!


完璧だね!!


そろそろ終わりにしない?大丈夫?



そない優しく言われたらやってまうでしょ(笑)


でも…
基本床の上で裸足でやるから、まずはヒザが痛くなり…
リングコントローラーを強く握るから、手首が痛くなり…
先日は左足を前にグッと踏み込んだら、太ももをビキッといわしました。

あぁ…40代のリアル過ぎたるは及ばざるが如し(笑)

それでも!そんなかんなで地道に続けてたら、自分のレベルがいよいよ100超えまして♪
これからも無理せん程度に続けていきたいと思います!






さて






先日、ウチの漉き機をメンテナンスしてくださった漉き機職人さんから『よかったら使ってみてください』とこんなものをいただきました。


いろ〜んなサイズ・形の漉き機の押さえです。
自分もあまり見慣れない押さえだったので、一つ一つ教えてもらいました。




まずはサイズ違いのこちらの3つ。

なんと“勝手に斜め漉きのセッティングができる”押さえなのだそう。
漉き機になじみなない方はピンとこないかもしれませんが、この“斜め漉き”が慣れるまではなかなか難易度高め。
ウチも生徒さん全員に斜め漉きは教えますが、いざそれをしなくちゃというタイミングになると、み〜んなテンションだだ下がりになります(笑)

そんな難しいセッティングをしなくて済むという、夢のような押さえなのです。




次もこれまたスゴい“ベタ漉き”押さえ。

ベタ漉きとは、革のパーツ丸ごと1枚全体を薄くすることです。
普通の押さえでこの漉きをすると、漉きと漉きの継ぎ目がなかなかキレイに決まりません。(詳しいことは割愛)
そこで、押さえの両端を丸く削って、その継ぎ目にあまり影響が出ないようにするのが定番ですが、なんとこの押さえ、丸くするだけでなく両端1.5mmずつ厚みを削ってあるそうな。
そうすることにより、漉ける幅は狭くなりますが、継ぎ目への影響が最小限になります。

ハァ〜、こりゃスゴい。



そして一番驚いたのがこの押さえ。
段漉きと溝漉きがいっぺんにできるという。
どういうことかと思いましたが、漉いてみてビックリ!
ヘリ返しの折り目の位置にス〜っと一筋の溝が!!
これが入ることで、なんとまぁキレイにヘリ返せること。

もぅ目からウロコが100枚ぐらい落ちました(笑)


そしてなにがスゴいってこの押さえ、すべて金属の塊から一個一個切って、削り出しで作っており、なんと30年前に売っていたんだそうな!

この押さえが生まれた背景もじっくり伺いましたが…..早過ぎたんですね。
今なら欲しい人がいっぱいいますよ!とエラそうに言ってしまいましたが、『もう作る気はない』とのこと。


『バンディさんの方で使ってもらえたら』と渡された、職人さんの技がぎっしり詰め込まれた押さえ。
まったく脚光を浴びることがなくても、こんなに素晴らしい技術を持った職人さんがいるんだということを、もっともっと伝えていくことが、レザークラフト業界の中堅になりつつある自分たちの責任ではないかと、改めて感じました。


じっくりこの押さえと向き合って、使わせていただきます。

ありがとうございました。






【今週の看板娘】

いよいよサマーカットの季節!
ヒツジから卒業しました。
ってか、なんやねんその組んだ手は(笑)



【今週の教室風景】





実は諸事情で6月いっぱいで卒業が決まっているこちらの生徒さん。
それでも慌てずにじっくり取り組んでもらってます。
自分に教えられることはすべて教えますので、悔いの残らぬようやってもらえればと思います!
2個目の課題、お疲れ様でした。




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシン(職業用ミシン JUKI SL-700 EXでも可能)を使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

思い出、これまでも、これからも。

先日、お釣りを整理してた時のこと。


チャリーン

チャリーン

チャリー…ん?

あれ?

んんんんんん!?





なんだコレ??




一応“500円”って書いてあるけど…。
関西国際空港??


調べてみると、その刻印の通り関空の開港記念硬貨!
しかも状態によるんでしょうが、3000円以上の価値がついてるものも…


こんなの普段生活してて気づかないですよね。
発行が平成(懐かしい(笑))6年ですから、27年流通してボクの手元に来たことになります。
なんかドラマチックだな〜なんて思いながら、とりあえずレジとは別のところに黙ってキープしたのは言うまでもありません(笑)






さて





『先生!コレ直せますか?』

先週のブログと全く同じように声をかけてきた生徒さん。
差し出されたバッグを見て、一瞬鳥肌が立ちました。



ひと目見ただけで、大事に大事に何年も使ってもらったんだろうな〜ってわかる、とっても美しい革。
その色がまるで太古の昔からの贈り物である“琥珀”のような、あるいは長年樽の中で眠り続けた極上の“ウィスキー”のような。
長年使い続けたからこそ、生まれた革の色…。

お話を伺うと、10代の頃に初めて来たディズニーランドで出会い、一目惚れ。
でも手元には5000円札が1枚。
それを見かねた親戚のおばさんが、『足してあげるから買いな。』と背中を押してくれて買ったバッグなのだそう。
それから約30年。
わからないまま、見様見真似でメンテナンスしながら使ってきたこのバッグ。
直したいのは



汗で濡らしてしまい、ひび割れてしまったショルダーベルトでした。




ちょうどよく似た革がストックであったので、そこから切り出して丁寧に丁寧に磨きます。




その間に本体をボクがメンテナンス。
まだまだ使ってもらえるであろうこのバッグの成長のお手伝いができて、なんだか嬉しい気分です。





無事に完成!
そのうちベルトもいい味になって、また長く使ってもらえそうです。

バッグを肩にかけたまま、生徒さんがなんだかボ〜ッとしてたので、


『どうしたんですか?』


と声をかけると


『いや、このバッグをかけてあそこ行ったな〜とか、あの時の彼は何してんのかな〜とか、いろいろ思い出しちゃって…』


ですって。
このバッグはこれからもず〜っと、彼女の人生に寄り添い続けるんでしょうね。きっと。







【今週の看板娘】

こーゆーのって…なに宿りって言うのかな?(笑)
なんだかマヌケな顔がヨシ。



【今週の教室風景】

革を目の前にして、自分が作るバッグのどこに、どんなふうにその役割を与えるのか?
それが問題だ。




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

気持ち、フワッと。

『バンディ〜、直せるかな?コレ。』




と言いながら、近所のお友達が差し出したものは



昔、買ってくれたガマ口でした。
とってもとっても気に入って使ってくれてるようで、口金から革が外れてしまったみたい。

『お〜、預かるよ〜。』

なんて言いながら、『どうなの最近?』などとペチャクチャと立ち話。
そうしてるうちに、ふと、気づきました。



友達がフラっと遊びにきてくれて(実際は修理だけども)、こんな他愛もない話するって…なんか久しぶりだな〜って。



ちょっと嬉しくなっちゃって、もう一人いた友達と一緒にドーゾドーゾとアトリエに入ってもらいました。




マスクをずらしてお茶をすすりながら、いろんな話に花が咲きます。

この友達は近所で飲食店をやっているので、『大変だよね』ってその様子を聞いたり。
そしてこの辺りの情報通でもある彼女に街の状況を聞いて、ほぅほぅとなったり。



なんだか、ついこないだまで当たり前だったようなことが、今はとっても特別なことのように感じると同時に、やっぱり直接会って話せるっていいな〜って、しみじみ思いました。



そんな時間を過ごしてると、ひょんなことからその彼女が連れてきてくれたお友達の実家が、ウチの近所だとわかり…
そしてこの後、イスからひっくり返りそうな衝撃の展開になろうとは、この時はまだ気づいていませんでした。



なんだか、悶々とした1年を過ごしました。

やりたくてもやれなかったり
やってみても結果が伴わなかったり
ヤル気になった!って思っても続かなかったり。


そんな一寸先も見えない、立ち込めた霧の中でもがいているような状況で、すごーくすごーく先の方に一点の光がキラリッと見えたような。
このコロナ禍を過ごした1年の中で、久しぶりに心がフワっと躍るのを感じました。




そのイスからひっくり返りそうな衝撃の展開がまだどうなるか全然わかりませんが、先々そのチャンスが自分の手の中に転がり込んできた時、離さずにギュッと掴めるよう、今から握力を鍛えておきたいと思います。




どっかの誰かがやっていることなんて気にしなくていい。


自分だけに咲かすことができる花がある。


人は人。自分は自分。


人は人。自分は自分。






【今週の看板娘】

汚れても気にしなーい!楽しいんだもーん!
いいお手本が目の前にいましたわ(笑)





【今週の教室風景】

まだまだ落ち着かない状況ですが、体験に来ていただいて、教室へのご入会もちょっとずつ増えてきました。
ありがとうございます!




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

生まれ変わりました。

早くも…

早くも2月最後のブログです。
お正月に実家へ帰省すべきかやめとくべきか…なんて悩んでいたのがついこないだのようですが、その記憶の狭間に、すでに2ヶ月もの歳月が積み重なったようです。



先日、教室業のパイセンのところへ生存確認しに行ったのですが


『な〜んかヤル気出ねぇんだよなぁ〜』


とのこと。
自分も今でこそ『アレもやんなきゃ!コレもやんなきゃ!』とは言ってますが、去年の半分は同じこと言ってました。
っていうか、まだ引きずってると言った方が正しいか(笑)


こんな世の中だからしょーがねー。
な〜んて言ったらそれまでですが、“先が見えない”ということがここまでメンタルに影響するなんて。
特に自分たちのようなクリエイトして食べている種類の人間にとっては、なかなかのダメージを蓄積しているようです。


とはいえ、近い将来、まったく変わったような、それほど変わっていないような、“平穏な日常”が戻ってくるはず。
来たるその時に、今まで自分が送ってきた日常に、ちょびっとだけ何かプラスαされてたらいいな〜なんて思っちゃうのは、クリエイトを仕事にしている人間の性でしょうか?


そのためには今、何かやんなくちゃ。


って、自分の尻を叩く毎日です(笑)







さて






以前、ちょっとだけブログに書いたんですが、ウチの漉き機ちゃんが初めての入院をしてきました。
今年からお世話になりまくりの幸田ミシン商会さんから『漉き機を扱わせたら天下一品ですよ!』と一人の職人さんをご紹介いただきました。



『決して悪くはないけど、良くなる余地はありますよ!』

とのこと。
遡ること15年前、縁あってウチに来たこの漉き機。
ロクなメンテもしないのに、よくぞここまで頑張ってくれました!ってことで。




初めてのオーバーホールに出すことにしました。

そしてワクワク待つこと一週間。




べっぴんさんになって帰ってきました〜♪

って外観はまったく変わってないけど。
ところが….




あらららららららららららら!!

何が変わったって、あらゆる音!
革を漉く音、ベルトがプーリーを回す音、砥石が刃を研ぐ音…
すべての音が変わって、中身はまるで別物のよう。

加えて職人さんが『この漉き機、48歳でしたよ』って、機種番号から年式を調べて教えてくれました。
あらあら、ボクよりちょい上じゃないっすか。
もうちょっと身体を労ってあげなくちゃ…ネ。


ってか、ガタが来るのは絶対ボクの方が先だけど(笑)



これからもずっと一緒にモノづくりしていこうな!







【今週の看板娘】

生徒さんの足元をずっと見つめたまま動かない黒モジャ。
なぜならそこにお気に入りのボールがあるのです。
意外とガンコ(笑)




【今週の教室風景】





2つ目の課題バッグ出来上がりました!
普段からミシンを踏んでらっしゃるので、とってもキレイな仕上がり。
お疲れ様でした!


って、まさかこの次の日に腕ミシンを買うことになるとは、この時はまだ知る由もない(笑)





〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。








新しいワークショップやります。

昔の人はすごいな〜って思います。


このところだいぶ暖かい日も増えてきました。
その周期がまさに“三寒四温”。
この言葉は、きっと気温◯度とかいう概念がまだなかった頃にできたのでは?と思うと、昔の人の感覚をとらえる能力って素晴らしいですよね。


現代。
目新しい便利な道具を見つけると生徒さんと盛り上がるのですが、そのたびに


『あぁ〜また人間の能力が落ちていくナァ…』


と、みんなで苦笑いがお約束(笑)





そんな中、せめて一つでも新しいことで感覚を磨く努力をしようと




前回のブログでも書いたように、機械に頼ることなく、一杯のコーヒーをハンドドリップで淹れて楽しんでおります♪


何もかもが便利になりすぎな世の中ですが、ぜひ生活の中にアナログな活動も一つ、取り入れてみてくださいね。






さて





今年に入ってから、こんなご要望が増えております。


『職業用ミシンのJUKI SL-700 EXを使っているのですが、革がうまく縫えません。』


と、職業用ミシンでの体験教室を希望される方が。
去年散々マスクを作ったり、ステイホームの時間を利用して洋裁をやっていた方が、いよいよ革も縫ってみたいと思い始めたようです。



先日はなんと長崎県からご参加いただきました!

どうやったら縫えなかったのか?
どんなふうに縫えなかったのか?
しっかりヒアリングして、原因を探します。

そして原因のメドがついたら
どうやったらちゃんと縫えるか。
どうしたらキレイに縫えるか。
を説明します。



『このミシンでこんなに縫えるんですね!』と、終始ビックリされてました(笑)

ポイントを抑えれば、これぐらいのレザークラフトならいとも簡単にできちゃいます!
SL-700 EXのポテンシャルを十分に感じて頂いて、おかえりいただきました。




ということでお知らせ!

この春から【JUKI SL-700 EX専門のレザークラフトワークショップ】を始めたいと思います。
レザーを縫うときのセッティングの講習や、実際に仕立てる初級〜上級の講習、たまには革の買い方や選び方の講習も面白いかな〜とか考えてます。
1回3時間で、月1〜2回、日曜日を予定しています。
まだまだ内容は考えなくちゃいけないことがたくさんですが、全国にいらっしゃるSL-700 EXユーザーと、これから購入を検討される方のお役に立ちたい!

そしてSL-700 EXのレザークラフトならバンディだね!って言ってもらえるように(笑)

楽しんでもらえるワークショップをご用意しますので、乞うご期待★





【今週の看板娘】

だいぶモジャってきたけど….これはこれでカワイイ♪




【今週の教室風景】

東京で革漉き機を触らせたらNo. 1の職人さんをご紹介いただいたので、初めてのオーバーホール、そしてスペシャルチューニングをお願いしました!
どんな切れ味になって戻ってくるのか、今からとっても楽しみです。




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

説明ができないことってあるよね。

コーヒー、お好きですか?



飲む量はそれぞれあれど、けっこうお好きな方はいますよね。
自分も好きな方だと思いますが、1日に1〜2杯かなぁ?飲む量としては。
ただ、味の好みがかなり偏ってまして…
“酸味”がダメなんです。

一口飲んで酸味がけっこうあると、あとの99口が地獄です(笑)




ウチの教室の生徒さんで、コーヒークレイジーなOさんがいらっしゃいます。
この方はコーヒーのドリップ大会に出られるほどの腕前。
ウチでも何度か“ハンドドリップ講習会”を開いてもらい、コーヒー好きな生徒さんにも大好評でした。


先日の教室で、ひょんなことからこのOさんがハンドドリップでコーヒーを淹れてくれることになりました。





教室ではいつも休憩時間にコーヒーをお出ししています。
美味しく飲んでもらうために、豆は自分が大好きなマンデリン。
一応コーヒーマシンもそこそこいいヤツを使っているつもりです。


その同じ豆を使って淹れてくれたのですが….


美味しさのあまりのため息が、心の底から出るほど美味い!




一体、何が違うというのか?
もう一度言いますが、豆は同じです。

淹れ方だけでこんなにも味が変わるなんて….
コーヒー、深い。



とはいえ、先ほど言ったように、Oさんは以前講習会をやてくれまして、自分ももちろん受けました。
バッチリ美味しい淹れ方を教えてもらったし、また目の前で見た。





ということで!
ヨメさんからめちゃくちゃ嬉しい山盛りカヌレのバレンタインをもらったので、『オレが美味いコーヒー淹れたる!』と、ここぞとばかりに豪語しまして。
先日とまったく同じ条件で、じっくりと淹れてやると….





味ぜんぜんちゃいますやーん(泣)


まぁレザークラフト でもたまにあるけど、なんだか説明ができない、感覚でやることってありますよね。
こればかりは自分で何度もやって身につけるしかない!
生徒さんにいつも言ってることを自分で噛みしめた次第でゴザイマス。



でもカヌレとコーヒーの相性はバツグンでした♪
ごちそうさま!







【今週の看板娘】

飼い主とは逆に、去年の年末からだいぶ痩せちゃいまして。
カロリー高めの手作りラムジャーキーでデブ活中です!
ハンパない食いつきに、やっぱりコイツ肉食獣なんやなって気づきました(笑)



【今週の教室風景】




『まさか老後にこんなワクワク楽しいことが待っていようとは!!』
出来上がった瞬間、生徒さんはそう叫んでました(笑)

頑張りましたね!
お疲れ様でした。




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。