なくなってわかるありがたみ。

不便です。。。
自転車がないと。
なくなってみると、ほぼ毎日のように乗っていたんだと気付かされます。



先週のブログで長年愛用してきた自転車がまた壊れたと書きました。
自転車をどーするか、アレから本当にいろいろと悩みました。
それで出た一つの決断。



“買い換える”




そーなると、じゃあ次は何にするか。
一つとっても気になっていた自転車があるのですが…いよいよ電動!
とある海外のメーカーのもので、まぁ〜カッコいい。

とりあえず実物と試乗を、ということで、表参道にあるショップに行ってみました。



店員:ご予約はいただいてますか?

バン:いえ、ちょっと試乗させてもらいたいなって思いまして。

店員:ご予約いただかないと試乗はできないんです。

バン:え?じゃあお店の前で少しまたがるだけでも….

店員:お断りしております。



すると、予約しているというお客が来まして。



店員:(自分に向かって)恐れ入りますが、お店の外に出ていただけますか?ご質問がありましたら他のものがそちらで伺います。


予約してなかった自分も悪いし、まぁ聞きたいことだけ聞くか…と外で待っていましたが、待てど暮らせどスタッフは来ない。
店の中にヒマそうなスタッフが4人もいるのに!!



まぁ完全に買う気は失せましたわな(笑)



と、いうことで結果どーなったかと言いますと。

また10年は乗りたいので、せっかくだから1から自分だけのオリジナル自転車を考えて、お店に組んでもらおうと思います!!


イメージは…


こんな感じ♪
自転車の1番の使用目的は買い物と仕入れなので、楽なポジションでサッと乗れて、荷物が積めるようにしたい。
あと、サイドバッグとか革を持って帰れるホルダーとか自分で作ろうかな!


自転車ないとめっちゃ不便なのに、何ヶ月かかるんじゃこりゃ(笑)





まだまだカラダが本調子じゃないので、せめてもと楽しい妄想にふけっております★






【今週の看板娘】

まだまだ暑いので、散歩の時は首元を冷やしてGO!




【今週の教室風景】

『これでくるみぼたんを作りたいんです!』
と生徒さんから渡されたのは、キレイにマーブリングされた革。
0.3ミリに薄くして渡すと、ご自身でキュキュッとくるんで…
あらステキ。
こんなカシメやホックが付いてたら、思わず笑顔になってしまいますね♪




【レザークラフト 教室のご案内】


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

どうせやるんなら。

自分のオヤジが音楽家なものですから、子供の頃から身近にあったせいもあり、昔から音楽が好きです。


とびきり詳しかったり、何か楽器が演奏できるわけじゃないのですが…
自分の中に“グッとくる”音楽を見つけたときの喜びたるや。





思い起こせば、自分が初めて音楽でグッときた経験をしたのは中2の夏。
友達が貸してくれた真っ青な1枚のCD。
アーティスト名は“X(現X JAPAN)”でした。


聴いた途端、頭の先から足のつま先まで、まさに稲妻が走ったような衝撃。


それからというもの、学校から帰ってきたら爆音で聴く毎日。
そんな狂ったように狂ってる音楽を聴きまくる息子を横目に、『ガチャガチャうるさいなぁ〜』なんて言っていた両親。

それでもこのガチャガチャうるさい音楽も、毎日耳に入ってくると慣れてくるようで、ギタリストの親父は『モヒカン(PATA)は上手いけど、化粧しとる方(HIDE)は下手くそやな〜』なんて言い出したり、お袋に至っては『よく聴いたらええこと言ってるやんか』と歌詞を褒め出す始末。


音楽って不思議な力があるんやなぁ〜って、子供心ながらも気づいた瞬間でした。




大人になって。




好きな音楽も、より良い音で聴くとさらに感動する…ということに気づきます。
というよりは、そちらに走り出すのはもはや必然だったのかもしれません。

良い音をスピーカーに歌わせるために、今まで幾度となくあれやこれやとやってきました。

そして今、何度目かのターニングポイントが。



どうせやるんなら…と、機材うんぬんの前段階からできることを始めました。





まずは床に穴を開けてやりました(笑)
しょっぱなから興味ない方には理解不能だ。きっと(笑)


なるべくスピーカーを振動させないようにするために、床の上ではなく、下の土間の上に置きたいと思いました。
本来ならこの枠にモルタルを流し込んで….とやりたいところですが、なんせ借りてる家なので断念。




特殊サイズのコンクリートブロックをネットで見つけて設置。




その上にオーダーで作ってもらった御影石を乗せました!
御影石って….墓石ですよ墓石(笑)
でもオーディオ業界では最強と言われる硬さ。
指で弾くと『キ〜〜〜ン』って金属みたいな音がします。
石なのに(笑)





その上にこれまた特注で作ってもらったスピーカースタンド!
う〜ん…なんとも凛々しいお姿じゃあーりませんか。


肝心のスピーカーは…あと1ヶ月後ぐらいにくる予定。
自分と同い年のヴィンテージなスピーカーがやってきます。




ウチの教室のモットー。

良い革、良い音楽、美味しいコーヒー。




探究し続けたいと思います。








【今週の看板娘】

めずらしいカッパ姿。
注目すべきはテンションがダダ下がりのしっぽです(笑)




【今週の教室風景】







教室で、一番いろんなバッグに挑戦している生徒さん!
新作の自由課題バッグも一番乗りで完成させました。
彼らしさが随所に現れて、いよいよこの彼の“世界観”が生まれてきた気がします。
次も期待してますヨ!
お疲れ様でした。




【レザークラフト 教室のご案内】


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。




ドラマチック…グラス。

今日と同じような、元気いっぱいの太陽が降り注いでいた10数年前の夏。

ボクはとあるお店の一角で、ず〜っと一点を見つめていました。



ボクの心を鷲掴みにして離さなかったもの、それは世にも不思議なカタチをした1個のグラス…。



グラスに一目惚れ。
そんな生まれて初めての経験を、見つめるだけにさせていたものは何か?


買えなくはない。

でも

余裕はない。


東京に出て来て間もなかった自分には、気に入ったからとすんなり支払える金額ではなかったのです。




元気すぎる太陽が照らす窓の外を見て目をギュッとしぼめては、視線を落としてキラリと光を反射するグラスを見て目がゆるむ。

そんな動作を何回繰り返しただろう。




家に帰り、そそくさと台所へ。
シンクに置かれたのは、一目惚れした変わったカタチのグラス….が2個。
食器を買う時は、できるだけ偶数で…と決めている。


そこからしばらくは食費を切り詰めたりしたのだろうが、そんなことはもう忘れている。
それよりこのグラスとの思い出は、両手に余るほど覚えている。



そう、今は思い出なのだ。







あの日と同じような暑さの今から3日前。
オリンピックを観るのにも疲れた自分は、急にふと思い立って、前から行きたい行きたいと思っていたJAZZ喫茶へ。

『はじめるぞ!』と意気込んだこの趣味。
ちゃんと続いてるな、とほくそ笑みつつ、たどり着いた未知の扉。
初めて来たお店の扉を開ける時は、いつも冒険気分が盛り上がる。


その扉を1センチ手前に引いただけで、その隙間からグワっと音の波が耳に押し寄せてくる。
JAZZ喫茶のこの瞬間がとてもすき。




この未知の扉の奥に目をやると、まるで地元の雷門の脇に立っている“風神・雷神”のごとくたくましいスピーカーが2台、鎮座していました。
しかしそのたくましさとは裏腹に、流れている音の優しいこと。

お店に入って自分の気持ちが落ち着くまでに、そう時間は必要ありませんでした。



『これでアイスコーヒーまで美味しかったら完璧やな。』



そんな期待を抱きつつ音楽に浸っていると、『お待たせしました。』とマスター。
その瞬間、一気に蘇った先の思い出。




その期待したアイスコーヒが注がれたグラスが、あの夏の日に一目惚れしたグラスだったのです。
なけなしのお金で買った、大好きだったあのグラス。
なんだか胸がいっぱいになって、熱いものがこみ上げそうになるのを我慢しつつ、マスターの手が空いたのを見計らってお話を伺うと、やはり同じもの。


作家さんのお名前や、今もまだ手に入る可能性があることを教えていただきました。


すべて手作りなので、全部微妙にカタチやサイズが異なります。
またどんな子がウチに来てくれるか、今からとても楽しみ。


でも…


今回の出来事で一番心に残ったこと。
それは、10数年の時を経て、こんなドラマチックな出来事に巡り合えた、最初のきっかけ。

なけなしのお金だったけど、自分の気持ちに正直になって、一目惚れしたグラスにがんばってお金を払えたこと。



タイムマシンがあったら、何時間も迷っていたあの時の自分に伝えたい。



『買ってくれてありがとう。おかげでドラマチックな再会を味わえた。あと、10数年後には迷わず買えるようになってるから心配すんなよ』


ってね(笑)







【今週の看板娘】

作業中にそんな目で30分以上見つめるのはやめていただきたい。





【今週の教室風景】

久しぶりにアトリエの改装をやりました!
その理由は…9月ぐらいにお伝えできるかな(笑)




【レザークラフト 教室のご案内】


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

今にピッタリの趣味。

この一年は皆様方においてもいろんなことがあり、そしていろんなことを考えさせられた一年だったのではないでしょうか?


自分ももちろんその例外ではありません。


たくさん考えさせられた中で、自分的には日頃から結構心がけていたけど、さらに強く思ったこと。それは




『やりたい事は先延ばしせず、元気なうちにやる。」




様々な理由や状況はあります。
しかし、やれる範囲内でやりたい事はやっていきたいと思うのです。

今、テレビでもラジオでも、人と会っても話題はコロナコロナコロナ…..。


もぅえーっちゅうの!(笑)




感染対策なんてずーっと前からできる事やっとるっちゅーねん。
だけど….ちゃんとやってる人も変異したヤツにかかるってそんなん…..


どないせーっちゅうねん!!(笑)




….とはいえ。
コロナに関しては“明日は我が身”という気持ちを、絶対に忘れたらアカンと思うのです。
もし万が一忘れて、自分がかかってしまい、死の淵を彷徨うようなことがあったら。


『あれ、やりたかったなぁ〜」

とか

『できるチャンスあったのになぁ〜』


そんな後悔は(なるべく)したくない!
ということで。
前述した決意を、新たに心した次第でゴザイマス。




しかしリアルに遠出はなかなかできぬ。
身近になにかやりたいこと、やれることはないか…と考えていると、一つピーンっとひらめきました☆




JAZZ 喫茶巡り!!

まだ自分が将来東京に出てくるなんて、夢にも思っていなかった二十歳ぐらいの頃。

『なんか大人っぽくてカッコいい♪』

ぐらいの気持ちで、よくJAZZを聴いていました。
その思い出話を2つほど。



この頃、当時まだぜんぜん売れてなくて、地方の小さな小さなライブハウスをどさ回りしていた綾戸智恵さんのライブに行った時のこと。
大ファンだった自分が開場と同時に猛ダッシュでゲットした席(今は席が早い者勝ちなんてありえない(笑))は、手を伸ばせば彼女に触れてしまいそうなその距離、たったの1メートル。
まさに目の前で聴いた彼女の歌声は、耳の鼓膜を通り超えて、その波長の波が心臓にまで届きそうなほどソウルフル。(でも身長はイスに座った自分と同じぐらい!)

そのライブの中盤、のちに彼女がNHKの紅白で歌うことになる定番曲“Tennessee Waltz”を歌いながら、自分のほっぺを撫でてくれたのは一生の思い出!

ライブ終わりでCDにサインをもらいに行ったら、

『にいちゃん!さっきはごめんなぁ!!若い人めずらしいからついやでつい!』

って豪快に笑いながらサインしてくれたCDは、今も宝物です♪




ど田舎の地元の方ではなかなかJAZZ喫茶というものはなく、その情報を集めるためのインターネットももちろんまだない時代。
『四日市にいいJAZZ喫茶があるらしい』なんてザックリした情報をもとに、車を2時間走らせて現地に向かい、地元の人に『ここらへんにJAZZ喫茶があるって聞いたんですが…』なんて聞き込みをして、やっとお店にたどり着いたこともありました。

そのお店はご年配の女性がお一人でやられていて、自分が伊勢から探してやってきたと伝えると


『来てくださったお礼に、お好きな1曲プレゼントしますよ』


と、自分が一番好きなChris Connorの“Lullabys of Birdland”を特大のJBLで大音量で聴かせてくれたときは、あまりの感動に溢れる涙を必死で堪えたのを覚えています。





JAZZ喫茶って、基本一人だし。
JAZZ喫茶って、基本しゃべらないし。
なにより都内にはいっぱいあるし。
今の状況にピッタリ。
ってことで。


四半世紀の時を超えて、JAZZ喫茶巡りと自宅でJAZZ鑑賞の趣味復活です!!
好きな人がいたら教室でもJAZZ流したいな♪


ってそんなことしたら、まるでオシャレ教室みたいやーん(笑)
(ちなみに普段の教室はAMラジオ(爆))



【お知らせ】
5月30日の午後からやりますワークショップ《SL-700EX専門 ミシンで初めてのレザークラフト 〜レザーキンチャク編〜》に、1席空きがあります。
レザークラフト の経験がなくても参加できますので、ご興味ある方はメール(qrinaf@gmail.com)までお知らせください。


そしてそして!いよいよ来週です!

5月17日〜21日に行われるJUKIさんのオンラインイベント、“WEB ソーイングフェスティバル”に講師として出演させていただきます!
ボクの担当は最終日の21日。
午前は“スカイミニ”の解説、午後はレザーキンチャクを作るデモンストレーションをします。
他にもミシン好きなら勉強になる内容が盛り沢山なので、ぜひインスタライブにてご覧ください!



【今週の看板娘】

トリミングしてサッパリんこでございまーす♪



【今週の教室風景】




少し前に腕ミシンを手に入れて、メキメキと腕を上げている生徒さん!
キレイにラウンドファスナーが出来上がりました。
初めて教室に来た時は『ミシンなんて小学校以来です』なんて言ってた彼が、ここまでできるようになるなんて、ちょっと感激です。
次はどんなものにチャレンジしてくれるのか楽しみです!



〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼)の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

出会って散財。

昼間はけっこう暖かい日が増えてきました。


なかなか出かけることもままならない状況ではありますが…
先日ちょっとお昼にラーメンを食べに行った時の出来事。

ヨメさんと運ばれてきたラーメンをズルズルと食べていると、何やら入り口付近で賑やかな声が聞こえてきました。


『オメー何食べんだよ?』


『え?オレ?決まってるっしょ。アレの特盛ぃ〜!』


『またアレかよ!オメーバカじゃねーの!?ガハハハ!!』


20代と思しき4人のいかつ〜い男の子たちが、大声で食券を買っていたのです。



『オイ!こっち空いてるぜ!』

と指差す方向は、自分たちの隣の席。
『うるさいのが来たなぁ〜…』と若干イヤな気分になりつつ、そしらぬフリしてラーメンをすすり続ける我ら。

すると、席に座っても大声で話し続ける彼らに店員が声をかけました。


『紙エプロン…お使いですか?』


『そっちかい!!』って心の中でツッコミつつ、そんなもんこっちも使ってないのにいらんやろ!とヨメさんとアイコンタクトしてると


『使いまーす!』


って全員キレ〜に手を上げたものだから、びっくりしてラーメン吹き出しそうになりまして(笑)
その後彼らは手渡された紙エプロンをカサカサっと丁寧に首元につけると、運ばれてきたラーメンを『美味しい、美味しい』といいながら静か〜にすすり始めたのです。

も〜ぅこのギャップがおかしくておかしくて。
笑いを堪えながら食べ終えたラーメン、まったく味覚えてません(笑)


若いって….イイネ♪






さて






“気に入ったものに出会ったら、すぐに買う!”
って思っているものが、どなたでも何かしらあるはず。
自分もずーっと前から出会いを探しているものがいくつかあるのですが、今週バタバタっと出会って買ってしまいました。


まずはコチラ



ワタクシTシャツが大好きなんですが、昔買いすぎたのを反省しまして、今は本当にグッときたものしか買わないようにしています。
で、久々にグッと来たこの2枚!
世界的有名ロックバンドのTシャツなので、定番のデザインは世の中にたくさ〜んあるんですが、人と違うのが好きな自分は、ズ〜っとマイナーなデザインのものを探していました。

やっと気に入ったのを見つけた〜!とネットでポチったのはいいですが…
左のTシャツ、サイズピッチピチでした(泣)
自分的にはギリいけるやろ!と思ってヨメさんに『どう!?」って着て見せたら、驚くほど苦笑いされたのでちょっと考えようと思います(笑)




次はコチラ


ズ〜っと密かに探していた、JUKIとMITSUBISHIのアンティークミシン缶です。
昔、家庭用ミシンを買うとアタッチメントやボビンが入ってきた缶。
MITSUBISHIやBROTHER、SINGERなどはよく見かけるんですが、なんせJUKIが出ない!
たまに出ても即売れちゃって、何度も悔しい思いをしてきました。

そして先日、3年越しにJUKIのミシン缶をフリマアプリで発見!
ソッコーでゲットできました〜♪



これでウチにある工業用ミシンと一緒のメーカーをコンプリート!




いやぁ〜かわええナァ♪


きっと誰かが大切に使っていたであろう、このミシン缶たち。
これからはウチで大切に使わせてもらいます!



そういえば…

“MITSUBISHI”と名の付いた工業用ミシン、もう販売されなくなっちゃいましたね。
悲しいなぁ。






【今週の看板娘】

せっかくお友達がいるのに、ボール目掛けて一直線!
好きなものに一直線なのは飼い主譲りか(笑)



【今週の教室風景】

あったかくなると、何か新しいこと始めたくなりますよね!
職業用ミシンSL-700 EXもたくさんご注文いただいております。
このミシンを使ったレザークラフトはバッチリフォローさせていただきますので、ご興味がある方は遠慮なくお問い合わせください!




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼)の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

Dの断食。

先日、毎年恒例“流行語大賞”が発表されました。


エントリーされていた言葉の中に『ソロキャンプ』があったのですが、代表で表彰されていた芸人のヒロシさんがこんなことを言っていました。


『人に会いたくなかったから、一人でキャンプに行ってただけなんです。』


とっても重〜い言葉だな…って思いました。




自分は『人に会いたくない』とまでは思いませんが、たまに『デジタル(インターネットやSNS)しんどっ』って思う時があります。
特に今年は直接人と会ったりすることが控えめになった分、あらゆるデジタルの波に乗ったり乗られたりしたのは、自分だけではないのではないでしょうか?


先日読んだ本にこんなことが書いてありました。


『人間はとてつもなく長い年月をかけて今の姿になったが、現代はデジタル等の影響によって科学技術は凄まじい速さで進化しており、そのスピードに身体や心がついていけず、“文明病”という名で様々な支障をきたすのである』


自分は大いに思い当たる節があります。


インターネット、特にSNSはとても便利なツールですが、なんというか….とっても刺激が強い。
波のように押し寄せる情報量に、翻弄されることもしばしば。

例えば、ウチのSNSを見てくれている仲間や友達から『バンディはいつも忙しそうだよね〜』って言われることがよくあります。
ですが実際はそんな心を亡くすほど働きすぎていることなんて、滅多にありません。
なにより忙しいのキライだし(笑)

だけど自分がSNSであげている投稿の内容や頻度で、誰もが『バンディ忙しくやってるな〜』って勝手にイメージしてしまうんだと思います。


また、そのイメージの副作用なのか、一見“忙しい風”の投稿を見て、忙しくできない(がんばれない)自分を責めてしまい、SNSと距離を置いているという知り合いが何人もいますし、特に今年は多かったように思います。




そんないろいろなことを鑑みて、自分なりにデジタルツールとの付き合い方を今一度考える必要があるな〜と感じた次第です。

とはいえ、ウチのようなちっちゃなちっちゃな商売だと、デジタルを活用していかないとなかなか難しい面もありますが、まずはSNSを見る時間を減らすところからやってみようと思います。
そして時には“デジタル断食”も必要かな〜ということで。





キャンプ、はじめました!
キャンプ中はSNSを見ない!

そう心に決めて。





しかし冬キャン…ナメたらあかん(笑)



きっと来年もコロナの影響は今年とそ〜んなに変わらないかな〜と思うので。
強い刺激に翻弄されることなく、欲張らず、自分にできる範囲で、いい仕事をすることに集中します!








【今週の看板娘】

彼女にとっても、楽しい時間にしてあげなきゃね!




【今週の教室風景】




普段は手縫いをメインでやっている生徒さんが、初めてミシンでラウンドファスナーを作りました!
手縫いとは要領がまったく違うけど、とってもキレイにできました。
復習して、ぜひモノにしてくださいね♪





〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
2021年1月より通ってくださる平日(昼・夜)の部の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
新年より新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

接客の真髄。

『まったく買うつもりがなくて申し訳ないんですけど…いいですか?』




と、一人の女性を目の前にして、失礼を承知で前もって伝えていたのを今でも思い出します。





2019年5月末日。


去年のGWはいっぱい働いたので、休みが取れた月末に家族で旅行をしていた時のこと。
ふと目に止まった一台の車がありました。
その車は義理の兄が乗っていたこともあり、とても気になっていた車です。


ネットで調べていると、たまたま自分たちが旅行していた近くに試乗車があったので、冷やかしがてら行ってみることにしました。
もちろんこの時点では、車を買うつもりなんて1ミリもありません。


車屋さんに到着すると、とっても若くて明るい女性が出迎えてくれました。
なんでかは覚えてませんが瞬間的に、『あ、この人には買う気持ちをチラつかせたりしないでちゃんと言おう。』と思った自分の口から出たのが、最初の言葉でした。

するとその女性は満面の笑みで


『まったく気にしないでください!ぜひ体験していってくださいね。』


と言ってくれたのです。




とはいえ、ですよ。

こっちだって興味がないのに来るわけないんですから。
散々乗り回したり、根掘り葉掘り聞いちゃったりしますよね。車のこと(笑)
気づけば2時間近くたっていたような気がします。

なのにその間この女性は『いかがですか?』とか『思い出づくりしちゃってください!』とか、自分に買わせようとする言葉を一言も言わずに、ズーーっと付き合ってくれたのです。


そんな時間を過ごしているうちに、だんだん自分の中の『車、欲しいなぁ〜』っていう気持ちが、『この人から買いたい!』に変わっていたのです。
そして一言。


『あなたからこの車、買います!!』





って、勝手に口から出てました(笑)
あの時のこの店員さんとヨメさんのビックリした顔は忘れられません。


その日から待つこと13ヶ月と4日!!(大人気の車なので1年待ちは当たり前)



いよいよウチにやってきましたーーーー!


なんと16年ぶりの愛車。
いや〜なんとも感慨深い。


接客って、もちろん技術もあると思います。
ボクだって自分で作って、自分で売ってますから。
作る技術と売る技術はまったく違うものであることは、十分わかっているつもりです。
でもやっぱり接客の基本は


『お客さんの気持ちに寄り添う』


これが一番大事やなって、彼女に教えてもらった気がします。





ま、せっかく新しい相棒ができたので!
これからもいっぱい仕事して!いっぱい遊ぼうと思います!



と、いうことで。




早速イジりまーす(笑)






【今週の看板娘】

ジーナもいっぱい遊びに行こうな!






【今週の教室風景】

熱心に丸持ち手の練習!
納得いくまでお付き合いしますヨ〜





【イベントのお知らせ】

大阪のサンプル師が教えるバッグ教室の中村先生が主催するイベントに参加させていただくことになりました!その名も

『11人数珠つなぎ配信ライブ』



です!
7月19日(日)朝10時から夜10時まで、11人の作家・講師・ミシン屋等が代わる代わるテーマに沿ってLINE LIVEをやります。
ワタクシは午前11時半から13時の90分間、先ほど紹介した『ミシン仕立て専用レザークラフトキット』の紹介をさせていただきます。
閲覧希望者をまだまだ募集しておりますので、詳しくは中村先生のサイト


サンプル師が教えるバッグ教室


まで。
初の試みの仰天企画ですので、レザークラフトをやっている方も興味がある方も、奮ってご参加ください!


—–Twitter始めました—–
レザークラフト に関係ないこともいっぱいつぶやいてます。
よかったらフォローしてください!

⇩⇩⇩
Qrinaf / Bandy’sレザークラフト教室
———————————–



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。









一言の重み。

大なり小なり、ほぼほぼみなさん時間ができたと思います。
もちろんワタクシも。


そんな時間を使って、外のグリーン達のお世話をいつもより念入りにしている(今までも手を抜いていたつもりはないが)からか、理由はよくわかりませんが、今年のグリーン達の盛り上がり具合がとんでもないことに。

みんな元気で、こっちも嬉しい気持ちになります。



お世話だけじゃなく、片付けをしていると懐かしいものが出てきました。




近くの理化学ガラス製造所でやっていたガレージセールで見つけた、そこそこ大きなガラス瓶。
店員さんに何に使う瓶なのか聞いても『わからない』と言う。
よっぽど特殊なものなのだろうと思っていましたが、Facebookに載せるとすぐに友達が教えてくれました。


『これは“デシケーター”ですよ。』


詳しく聞くと、下のくびれた部分にシリカゲル(乾燥剤)を入れ、中蓋の上にテストしたい物体を置いて、乾燥による変化を実験するものだと言う。



そんなことしねーし(笑)

その時、パッと使い道が思い浮かんだのですが…
そのまま放置すること5年!
その使い道でいよいよ使われる時が来ました。




メダカの住処として(笑)




ずっと躊躇していたのには理由が。

単純に、生き物(メダカ)を殺してしまいたくなかったんです。
片付けしながら『かわいそうや〜ん』とかブツクサ言ってると、ヨメさんが一言。



『早よ入れようや。メダカ。』



ですよねー(笑)
その一言でワタクシの座右の銘でもある“思い立ったが吉日”スイッチがバチーンと入りまして。
気付いたら近所の熱帯魚屋さんにおりました。

壁一面に泳ぐきらびやかな熱帯魚に心奪われつつも、いやいや今の自分に必要なのはメダカや!と言い聞かせ、10匹で300円のメダカをゲット。
あとは店員さんに言われるがままにエサと水のカルキ抜きも一緒に。

そんな自分の軽〜いノリを見抜いてか、去り際に店員さんが一言。



『メダカ…結構ムズイっすよ。』



うしろから背中を日本刀でグサッとひと突きされたような衝撃を覚えつつ(笑)、お店をあとにしました。



『お、やっと買ってきたか。』
とヨメさんにお褒めの言葉をいただきつつ、買ってきたメダカを早速瓶に放流!
なんとまぁ〜みんな元気に泳いでくれるじゃないですか。
しばし時間を忘れ、ボ〜ッとメダカを見ていると、近所の友達が立ち寄りました。
すると彼がおもむろに一言。



『ブクブク…ないんですね。』



ふと気付いたら、また熱帯魚屋さんにいる自分(笑)
同じ店員さんに『やっぱりブクブクも入れます。』と伝えると、ころっと店員さんの態度が変わりまして。


『入れ物の大きさはどれぐらいですか?チューブの長さはどれぐらい必要ですか?』


と、いろんな豆知識と一緒にオススメのブクブクを紹介してくれました。
しかもそれが一番安いやつでビックリ!
さっき日本刀でうしろからぶっ刺してきた店員さんとは思えぬ優しさに、惚れてしまいそうでした(笑)




でも…確かにそうだよな。




もし逆の立場だったら。

ウチの商品を見た人が『これでいいんじゃね?どうせ長く使わないし。』なんて言いながら買おうとしてきたら、『どうぞ他でお買い求めください!』って追い返すもんなー(笑)


ましてや自分が買ったのは300円とはいえ、10個の命。
『殺したくない』なんて言ってたのに、軽く考えてしまっていた自分が本当に情けない気持ちになりました。





無事にブクブクが導入されて、所狭しと泳ぐメダカたち。
その姿を見て


『ちゃんとお世話するからな!』


と心に誓ったバンディ でしたっ。




それにしても、物を乾かすための道具に水をひったひたに入れて使ってるなんて…誰も気づくまい(笑)








【今週の看板娘】

しっぽの毛の色が真ん中と先っちょでツートンになってきました。
おっしゃれ〜♪






【今週の教室風景】

まだまだキットのバリエーションを増やしていきます!
久しぶりに作った文庫本カバー。

楽しんで作ってもらえるかな〜って思いつつ、自分がレザークラフト を始めた頃の気持ちも思い出しつつ。







—–Twitter始めました—–
レザークラフト に関係ないこともいっぱいつぶやいてます。
よかったらフォローしてください!

⇩⇩⇩
Qrinaf / Bandy’sレザークラフト教室
———————————–



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。









お楽しみ、一つ。

ぬあぁぁぁぁーーーーーっっっ!!!



などと、変な叫びが出たのは記憶にあるが、本当はどんな言葉を発したのか。
定かではない。


しかし、一つだけ確実なこと。それは…

間違いなく自分でやった。
と、言うこと(泣)



このことをインスタグラムのタイムラインにあげたら、なんとこのサイフのオーナーさんからメッセージが。


『もしかしてあの写真、私のお財布ですか?』


慌てて返した一言。


『もちろん作り直してますのでご心配なく!!!!』


って当たり前や(笑)



10数年やっててもこんなミスするんですよ。
こんなもんですわ(笑)

でもね、ミスを“ネタ”にできるうちはまだ大丈夫。
ホンマにあかんミスした時の方が…リアルお蔵入り(笑)










さて







新作!サンダル作りました!


って、ウチの話ではなく。
いつも仲良くしていただいている職人仲間の“WHITE CLOUD”と言うブーツブランドをやっている後藤さんの投稿を見かけまして。
そのカッコ良さにガツーンとやられたので、早速注文に行ってきました。

制作途中のブーツがズラリ。

後藤さんのお店は男っぽくてカッコいい♪
現在オーダー待ちなんと2年!
まさに“一足入魂”な作りです。




早速お目当のサンダルを発見☆


デザインは自分も大好きなビルケンを踏襲しつつも、惚れたのはそのディティール。
革はイタリアンレザーの雄、『Badarassi』の革を使用し、ソールはあのワークブーツ用で有名な『Vibram』!
こんなタマラン組み合わせあるんですか!っていうサンダルなのです。


そして更に驚いたのが、写真のサンダルをそのまま買うのかと思い込んで『あのサンダル欲しいです!』と連絡すると…


『じゃあ採寸するから来てよ!』


ってマジですか。

まるでオーダーのように足の形やサイズをパパパッと測ってもらい。




仮のサンダルを履いて歩き、緩んでくるところや違和感がないかをチェック!


まさかまさかこんなことまでしてもらえるなんて。
バンディ感激☆



ようやく梅雨も終わりが見えて、本格的な夏に向けて楽しみが一つできました!
どんなサンダルが出来上がってくるのか…ワクワク。

後藤さんありがとうございました!


ちなみにサンダルと全く関係ない話で盛り上がって、お邪魔してから採寸まで1時間半かかったのは割愛です(笑)




このカッコいいサンダルに興味がある方はインスタグラム

『jack_white_bros』

をチェックしてみてください♪
また後藤さんのメインブランド“WHITE CLOUD”は

『show_goto』

で検索してみてくださいネ。





さて!

明日はいよいよレザーメイト さとうさんで夏期講習一発目です。

皆さんに楽しんでもらえるよう頑張りまーす♪






【今週の看板娘】

ソレホシイソレホシイソレホシイ……..

ソレホシイ光線発射中(笑)





【今週の教室風景】

性別、年齢問わず、共通の好きなことで盛り上がる。

微笑ましい風景に思わずパシャリ。







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。


ポテンシャル。

『今日、いろいろ持ってきたんですけど…やってみませんか?』


そう言って、生徒さんの一人が作業台の上にガシャンっとカゴを置きました。
そのカゴの中には見た事あるし名前を知ってるものもあるけど、使ったことのない道具がズラリ。




この生徒のOさん、バリスタの県代表になるほどのコーヒーマニア。
以前、ウチの教室で出しているコーヒーの話をしていた時、『この豆で淹れ方を変えて飲み比べをしたい!』と言ったのを覚えてくれていて、わざわざ自宅から道具を一式持ってきてくれたのです。




それにしてもまぁ〜美しい道具たち!
ちゃんと手入れも行き届いて、その機能美を存分に見せつけてくれます。


偶然この日に集まっていた生徒さんも全員コーヒー好き!事情をお話しして、ちょっと革をいじる手を止め、突然始まりました。題して..




淹れ方でこんなに変わる!?
マンデリン飲み比べ大会〜

まず一杯目はペーパーフィルターでハンドドリップ。
っていうか、この一杯目でいきなりヤラレました。。。


なんといっても香りがスバラシイ!!
丁寧に淹れるとこんなにも差が出るのかと、いきなりのパンチ力。
完全にプロの味。


二杯目は実はバンディが一番気になってて飲みたかった『フレンチプレス』



これまたウマイ。
最後にわかったことですが、実はこの淹れ方が一番スッキリしてました。

『良くも悪くも豆の素顔がそのまま出る淹れ方です。』

とOさん。
この豆のキリッとして澄んだ味は、ちゃんと丁寧な仕事がされている証しだそうです。



三杯目はOさんがバリスタの大会で使用した『点滴法』という淹れ方。
あとで調べてみると、コーヒーマニアの藤岡弘さんがよくやっている方法みたい。

字のごとく一滴づつお湯を落としていって、ものすごく濃縮されたコーヒーを抽出し、それをお湯で薄めて飲む方法です。

あらまぁ〜〜〜〜!また味が全然違って、めちゃくちゃフルーティ!
コーヒー豆がチェリーだということが本当によくわかります。


最後は金属フィルターで。
紙じゃない分、油分と粉が一緒に落ちて少し混じります。



これはコクがしっかり!
苦味もキリッと出るので、甘いお菓子と一緒に飲むのはこれが一番合うかな。



いやぁ〜ホンマに美味しかったし楽しかった!!
一つの豆で淹れ方を変えるだけでこんなに味も香りも変わるとは。。。
っていうか、ウチの豆のポテンシャルが想像以上でした。
もちろんちゃんとしたところから買ってるし、普段の飲み方でも充分美味しいんですが…ここまで美味しくなるとは。
こりゃコーヒー愛好家が多いワケだ。
本当に“嗜好品”ですね♪


今回貴重な体験をさせてくれたOさん!
本当にありがとうございました。

今回は突発でしたが、他にも『なんで教えてくれなかったんですかー!』って生徒さんからクレームが来ておりますので第2回目もお願いしやす(笑)





手つきもとってもカッコよかったです♪




さて!明日はいよいよJUKIさんでの初講習!
その模様は来週またこのブログにて〜







【今週の看板娘】

ドッグランで出会った小麦ちゃんとボール遊びしました♪
まだ6ヶ月の小麦ちゃんは超〜積極的!
やっぱ比べるとすっかり落ち着いてきたジーナです。




【今週の教室風景】

『すごーーーーーい!凄い!スゴイ!!』と初めて見た牛革にはしゃいで写真撮ってる姿が面白くて、コッチもパチリ(笑)






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。