一人だけど、一人じゃない。

こんな時ぐらい、ちょっと明るく行こうよ!


そんな声が聞こえてきそうな、先日のスカイツリー。
なかなかいいじゃないですか!



しかし、そんな暗〜い状況に追い討ちをかけるような出来事が。



その日は朝から家の前の道路を工事してました。
ピーピーピーというバック音とともに窓の外に見えたのは一台のダンプカー。

『ちょっと(ウチに)近すぎないか??』

よく見ると、バックで入ってきてるにもかかわらず、誘導員もいません。



と思った途端…

『バキバキバキーっ!!』

と大きな音がしまして。



ウチのシンボルツリーの枝が見事に折れてしまいました…。


慌てて外に出て折れた枝を手にすると、ふつふつとこみ上げてくる怒り。


『7年かけて大切に育ててきた木をどうしてくれるんじゃーーっ!!』


と、叫んだかどうかは覚えてませんが、さすがに工事業者にブチ切れまして。
普段めったに怒らない自分は、その後体調が悪くなるほどに(笑)


もう“補償”の話にはなってますが…
どうやったって元の状態には戻りません。
ましてや同じ木なんて存在しません。
7年間、大事に大事に育ててきた大切な木が、名も知らない工事業者の不注意によって壊されました。


やるせない。ホント。






さて





ただでさえ暗い状況の中、さらに暗い話題になってしまったことをお詫びしつつ(笑)
今週とっても楽しかった話題を一つ。


なんですが…

実は写真が一枚もないのです。
というのも。
現在教室はほとんどお休み状態です。
来る、来ないは生徒さんの判断にお任せしているので、大半がお休みされています。

そんな中、生徒さんからこんな声がありました。



『先生、オンラインで何かやってくれませんか?』



多分、地方に比べて都内は非常に深刻です。
出かけている人もいますが、ほとんどの方は外出せず自宅に閉じこもりっきり。
それは都内や近郊にお住まいの生徒さんも同じです。
時間はあるけど、レザークラフト をやるモチベーションが上がらない!という生徒さんからの提案でした。


とはいえ、何をどうやったらいいのかわからないので、一番手っ取り早くて、生徒さんにも参加してもらいやすい“LINE”でやってみることにしました。
4〜5人でも見てくれたらいいなぁ〜ぐらいの軽い気持ちで、教室のスレッドに『今日の午後1時から僕の作業の様子をLiveで流すので、おヒマな方は見てくださーい』とLINEすると…なんと集まることウン十人!


逆にプレッシャー(笑)



内容は授業とかじゃなくて、自由課題の生徒さん向けのバッグのサンプルを自分が作っているところをただスマホで撮ってるだけ。(だから写真がない(笑))
で、もしその作業を見て疑問に思うことがあればチャットに書き込んでもらえれば、その場で答える、という流れ。


しかし、なにせ初めてのこと。
見てるのに飽きて、一人…また一人と抜けていき、最後は誰も見てねー(笑)みたいな状況も覚悟してました。


結果は…



大盛り上がり!!



たくさんの生徒さんが最後まで見てくれて、途中で休憩とったり、たまにジーナの足を出してみたり(笑)
一度映像が切れてしまって混乱しましたが、それもまた楽し!

時には助け合い、時には雑談で盛り上がったりして、生徒さんも先生である自分も、本当に楽しい時間でした。

気づけばなんと6時間!
そして出来上がったバッグがこちら〜


前からずっとリクエストされていた、某ブランド風ハンドバッグ。
これをみんなの前で作っていた次第です。


出来上がったときのみんなの大歓声!
今まで何年間も一人でコツコツと作ってきた身には、忘れられないほどの出来事でした。

そしてLiveの終わり間際、みんなコメントを入れてくれました。


『とっても楽しくて、勉強になりました!』


『モチベーションが上がって、やる気MAXになりました!』


『次はぜひこのバッグに挑戦してみます!』


『久しぶりにコロナを忘れて集中してました!そして久しぶりに声出して笑いました!』


『(こんな形で皆さんと繋がれて)一人だけど、一人じゃなーい!!』




…もう目が潤んじゃってスマホの画面が見れないヨォ(泣)

きっとこんなこと(コロナ)がなければ、こんなこと(Live)なんてやってなかったでしょう。
怪我の功名じゃないけど、やっぱり救われるのは“人と人との繋がり”なんだなって思いました。


1日でも早く終息するように…今はSTAY HOME。






【今週の看板娘】

わかるよ。
ヒマなのはすっごくわかる。
ちょい待ちね。




【今週の教室風景】

お土産でいただいた6種類のもみじまんじゅうをみんなで食べ比べ!
結果、やっぱりベーシックなのが一番ウマい(笑)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。




経験が感覚へ。

こんなに暖かいと感じる2月は初めてかもしれません。

その影響なのか




まだまだ元気な梅たち!


例年だと『あ、咲き始めたなぁ〜』と思っても、あっという間に散ってしまうので、なんだか得した気分♪

でもこの変な気候を喜んでいいのか悪いのか…


いい訳ないですわな(笑)








さて







先日の教室での出来事。


『先生ーっ!なんか針が変なことなっちゃいましたーっ!』


まぁちょくちょくあります。こういう叫び声。

『ハイハイ、直しまっせー』ぐらいの感覚でミシンを見てみると…
写真を撮ることも忘れてしまうほど、衝撃的な状態に。
針が針棒から抜け、釜に食い込んで止まっていたのです。


なんとか針を引き抜き、改めてセッティング。
縫い始めると…プチっ。
上糸が切れます。

もう一度セットして、縫ってみても…プチっ。

針を替えて、縫ってみても…プチっ。

いろいろ試行錯誤しても、プチっと上糸が切れること10回。


この10数年で、結構いろんなトラブルを解決してきたつもりですが、どの症状にも当てはまらず…はて、困った。
まだ教室があるのに。

土曜日でお休みなのを覚悟で、いつもお世話になっているミシン屋さんへ電話してみました。
すると『行ってあげますよ〜』と嬉しいお返事!


小一時間後、キキーっと自転車で現れたミシン屋さん。いつもはクルマなのに。
聞くと、目の調子が悪くてクルマを運転することができず、息子さんに送ってもらうのを待ってると遅くなるので、自転車で来てくれたという…
1時間もかけて。

『教室でミシンがなかったらどうしようもないからね〜』


そういうと、あっという間に原因を見つけてパパッと直してくれ、その都度調整の仕方や気をつけるべきところを教えてくれるのですが…


『コレはこんな感じかなぁ〜』


『ここはこんなもんでいいよ〜』


すべて感覚。


『何ミリぐらいでしょうね?』
と聞いても
『そうだね〜何ミリかなぁ〜…コレぐらい!』
と、やっぱり感覚。


ミシンを触り続けてウン十年。
理屈ではなく、向き合い続けたからこそ生まれる感覚。

実はものすごい職人技を目の前で見せてもらってるんだなと感じました。
そしてそんなすごい職人さんが『困ってるから行ってやろう』と思ってもらえたことのありがたみ。
本当に助かりました。



諸々の修理と調整が終わり、縫ってみると…


『ぜんぜん音が変わった!』

と、生徒さんから声が上がるぐらいのスムーズさ!
いやぁ〜気持ちいい。


何の気なしに縫ってると、縫えることが当たり前になってしまいますが、縫えなくなって困り、それが直って縫えるようになった時の喜びときたら…


『先生、すいませんでした。』


と、生徒さんが謝ってくれましたが、いやいや。
こちらの方こそいい経験をさせてもらいました!
これから同じような症状が出ても、これで自分で直せるようにならせてもらったのですから。


ミシン屋さんが教えてくれた“感覚”を受け継いで、自分ももっともっとミシンとお付き合いを深めていきたいと思った出来事でした♪







【今週の看板娘】

なんでこんなにボールを好きになったのか…
長年連れ添ってもわかりません(笑)




【今週の教室風景】

う〜ん…これまたステキな出来栄え!

材料はすべてウチで調達してくれたのですが…
まだまだ面白い組み合わせ方があるなぁ!







〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。














卓上専門講習会。

いよいよ今年も始まりました。
これぞ浅草名物。








クリスマス?知らんなそんなもの。
こっちはもう正月じゃぁぁぁーー!!

月間(笑)
好きです。こういうノリ。



あと12月と言えば、業界的には東京レザーフェアですね。
革の展示会です。

“来年の”秋冬モノですが(笑)


それで今回のレザーフェアで講習会をされていた、大阪の中村先生(サンプル師が教えるバッグ教室)が遊びにきてくれたので、一緒にご飯に行きました。

もうこの業界では大先輩ですから。
お話がべらぼうに面白くて、時間があっという間。

聞けばなんと5歳から作業を手伝っていたそうで。
『じゃあそれでお小遣いをもらってたんですね!』
と聞くと
『家の手伝いなんやから、手伝うのが当たり前や!って言われて無給ですわ〜』
って、今じゃ完全にアウトなヤツですやん(笑)
でも昔はこんなの当たり前ですよね。


さらに


『糸切りやってるうちにオトンが『この糸切り100枚、何分でできるか時間測れ。そしたらこれから次の作業が何分後に取りかかれるか予測できるやろ。』って言うから測ってやってましたわ』

これ5歳のやることちゃいますやーん(笑)
っていうか、まさに“英才教育”とはこのことですね。
こういう子供時代を過ごしてきたからこそ、今の中村先生があるんやなぁ〜と聞いて納得しました。


『40過ぎた男二人が何やってんねん!(笑)』
とかワイワイ騒ぎながら、たい焼き片手にパチリ。
あー楽しかった!

またゴハンいきましょうね!










さて







今週はウチでJUKIの社員さんに講習会をさせてもらいました。

使用する機器はコチラ。

毎度おなじみのJUKIの最新職業用ミシン“SL-700 EX”と、今年発売されてレザークラフト業界では話題になっているNIPPYの卓上革漉き機“スカイミニ”です。




この漉き機、正直周りからはあんまりいいウワサを聞きません。

でも9月に教室の方で1ヶ月間預かって、散々試してみたのですが…
別に悪い訳じゃないんです。

なのでこれはあくまでもバンディ個人の“仮説”なのですが、あまりよく言わない方達は普段から“工業用の漉き機”を持っている、もしくは使っているんじゃないかな〜と思います。
確かに自分もそうですが、普段から工業用を使っている人間からすると、なんだか物足りない。
パワーやスピード、切れ味などなど。

でも、今まで革漉きを手で何分もかけてちょっとずつちょっとずつ包丁で漉いてきた方には、涙が出るほどありがたい、神のようなマシンだと思うんですコレ。


だから例えば普段からレクサスに乗ってる人に

『この最新の軽自動車めっちゃいいんですよ!乗ってみてください!』

って言って乗ってもらって感想を聞いても

『う…うん、わ、悪くはないよねぇ。』

みたいな歯切れの悪〜い答えが返ってくるようなものじゃないかと。



なので自分はこの漉き機、全然悪いと思いません!
むしろ趣味でやってる方にはオススメします。
漉きが入っていると急に製品のグレードが上がりますしね♪
来年にはウチの店頭にも1台くると思うので、気になる方はぜひお試しに来てください☆



って、全く話が逸れた(笑)





まぁそこはやはり社員さん。
聞けば普段からミシンはよく踏んでいるとのことでしたので、飲み込みはメチャ早く。



あっという間に完成しました!

ぜひ社内でもミシン仕立てのレザークラフトを広めていってくださいね。
お疲れ様でした。






【今週の看板娘】

冬服の可愛いのを見つけたので買ってあげました。
見つけたのは30℃超えの台湾でしたが(笑)
よくお似合いヨ♪




【今週の教室風景】

今月から新しく入会してくれたお二人。
とっても仲がいいので『どこで出会われたんですか〜?』って聞いたら『姉妹です!』言われて自分でもビックリするほどの『エーーーーーーッ!!』って叫び声が出ました(笑)

こんな自分ですがこれからもよろしくお願いします(笑)





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。
























今年最後の。

朝晩はすっかり寒くなってきました。。。



いつもの散歩コースで見る木々たちも、一斉に冬を迎える準備中。

人間も、温かい飲み物が嬉しい季節です。






そんな中、今週はJUKIさんの講習会をやってきました。
今日は最初に題名を書いて…ドキッ。
何気なく書いた、“今年最後の”という文字に感じる年末感。

そう書いてもおかしくない時期にもうなった、ということですね。


…この辺の時事ネタを広げていくと、いらぬ年末感で余計慌ただしい気分になってしまうのでやめとこうと思います(笑)



今回も10名様のお申し込みをいただき、新作の『ハンドルの長さが変えられる、帆布とレザーのコンビトート』を作ってもらいました。

いつも自分の講習会では、参加者の皆さんに自己紹介をしてもらっています。

お名前をはじめ、ミシン歴や普段作っているもの。
この講習を何で知ってもらったか、どういう目的で来てもらったのか…などなど。
『レザークラフトをやってみたくて!』な〜んて言われると嬉しくなっちゃいます(笑)


今回もやはり普段からミシンを踏んでらっしゃる方が多かったので



軽くではありますが、JUKIさんがメンテナンスのやり方を教えてくださいました。
ミシン油とかって、いつどこにどれぐらい指せばいいか意外とわかんないですもんね。
皆さん真剣に聞いていました。




まずは練習から。

おウチのミシンが家庭用の方は、革を縫って失敗した経験を持ってる方が意外と多くて。
なので最初は安心して革が縫える、ということを実感してもらいます。
それから具体的な縫い方の練習へ。




今回のバッグのポイントの一つが、“飾り革付きのファスナーポケットの作り方”。
ちょっと工程がややこしいですが、皆さん真剣に取り組んでくれました。




そして今回、バンディから受講者さんへサプライズプレゼント!



事前に皆さんから


『もし将来、自分のブランドをやるとしたら付けたい名前を教えてください』


とお聞きしました。
それで教えていただいた名前のオリジナルのレザータグを製作!
皆さんにプレゼントさせていただきました♪

全員とっても気に入ってもらえたようで良かったです。




もちろんつける場所は自由。

ご自分がバッグを作ったらどこにロゴマークを入れるか?
イメージしながら、ここでもないあそこでもないと考えてくれました。




今回は男性も2名参加してくれました!





自分的には“ミシン男子”をもっと増やしていきたいので嬉しい限り。






ホワイトボードに書いてもわかりにくいところは自分が実演します。
まさに百聞は一見に如かず。グッと理解が深まります。

また、受講者さんからとてもいい質問が出た場合も、一度手を止めてもらってみんなで共有するようにしています。
自分でやっているだけではわからないところも、ちょっとしたコツを教えてもらえばできるようになったりするものです。










最後まで真剣に取り組んでくれたおかげで






完成!






























それぞれ思い思いの場所に自分だけのタグを。
喜んでもらえたようで良かったです!








今回はこの講習でも使用する【SL-700 EX】を10名中5名が持っていることが判明!
正直、自分とJUKIさんは“これから買おうか迷っている人が、実力を試しに来る方が多い”と当初は考えていました。
でも今回の参加者さんから


『買ったミシンをもっと使いこなしたい』


そういう高い意識を持った方々がこの講習会に参加されていることを知りました。
薄物から厚物まで幅広く縫える実力を持ったこのミシンだからこそ、もっともっと使いこなせるようになって、いろんなモノづくりにチャレンジしてもらいたいですね!

そしてミシン仕立てのレザークラフトに、少しでも興味を持ってもらえたら幸いです。
ご参加ありがとうございました!


また来年、皆さんが『作ってみたい!』と思ってもらえる講習会を考えますので、ご興味がある方はぜひご参加ください。
お会いできる日を楽しみにしております☆







【今週の看板娘】

和犬の子供を洋犬2匹がシバく…の図(笑)
本当は一緒に遊びたいんだよね♪





【今週の教室風景】

ちょうど講習会でやったバッグを、好みの生地と革で生徒さんが仕上げました!
素材が変わると全然変わりますね〜
これだからモノづくりは面白い☆






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。
















一つのバッグ。それぞれのバッグ。

先日、お店の扉を開けるとササーッと足元を何かが横切りました。
一瞬


『ネズミ!?』


と思ったのですが、その物体が走っていった先にいたものは…




なんとカニ!!

しかもなかなか立派なサイズ。
こんな都会にもいるのね〜…でも多分隅田川から来た子でしょうに。


慌ててヨメさんを呼ぶと、一つの議論になりました。





このまま放っておくのがいいか?

それとも

捕獲して隅田川に運んであげたほうがいいのか?



自然の摂理を取るか、人間の優しさ(もしくはエゴ)を取るか…。
なんだかんだとやりとりしているうちに彼はどこかにいってしまいました。


結局答えは出なかった。

けど、今日出会ったカニ。実は子供の頃、おばあちゃんちの前を流れていた川で無邪気に獲って遊んでいたのと一緒のカニでした。
もうその美しく澄み切った川は無くなってしまったけれど、そんな忘れかけていた小さな小さな思い出が、ふと心の中に蘇ったできごとでした。









さて






教室では課題バッグも終わり、自由課題に入られた生徒さんもたくさん増えてきました。
作りたかったバッグを1から始める方もいますが、僕が生徒さん向けに作っているバッグもあります。
生徒さんはそのバッグが気に入ったら僕からその型紙を買ってもらい、材料は自分で選んでもらって作ったりしてもらってます。
その型紙は自分的には『デザインの権利ごと買ってもらってる』つもりなので、どんどん作って売ってもらっても構いません。



“一つのバッグをみんなが自由に作る”わけですから、自分が生み出したバッグがどのように新しく表現されるのか、とても楽しみでした。
その中でも生徒さんにとても人気がある“ツインズショルダーバッグ”をご紹介。


まずこちらが自分が作ったベースとなるバッグです。



名前の通り、同じ二つのバッグが一つにくっついたような作りになっています。


これを生徒さんたちが思いのままに作ると…

お孫さんへのプレゼントとして、シンプルにオールブラック。
高校生でも持ちやすいし、カッコいいですね!





『自分が大好きな色の組み合わせにしたい!』と、キャメルとモスグリーンの組み合わせ。
どこにどちらの色を持ってくるか?のバランスがとても難しいですが、とても素敵に出来上がりました。




『一番お気に入りの生地を持ってきたの!』と、バッグを開けるたびに嬉しそうな表情。
まさに手作りの醍醐味ですね!




こちらはカンを入れてよりベルトっぽく仕上げ、かぶせも大きめに。
そのかぶせも間延びして見えないように星型のスタッズをポイントしました。
ちょっと変えるだけで、全く違うバッグに見えるから不思議だし面白いですね!



内装は爽やかに。中と外のバランスがステキです♪




こちらはなかなかのインパクト!
本体に使われているグリーンメタリックの型押し革は、なんとご主人がトルコに行った際お土産で買ってきたそう。


『せっかく買ってきてくれたからさ〜、使わないと悪いじゃない?(笑)』


いろんな経緯があるもんですねぇ。。。



内装はナチュラルでカワイイこと!
生地は一緒でも、色違いになってるのがポイントですね♪






このように、教室では日々いろ〜んなバッグが生まれています。

今までは自分の思う通りに作ってきたけど、今は生徒さんが作りたくなるバッグを作りたいと思っています。
そしてそのバッグで生徒さんを『作りたい!』という気持ちにさせることができたら…嬉しいですね♪

まだまだいろんなバッグを作っていきます!








【今週の看板娘】

アタシをナデナデするとGポイント貯まりますよ〜♪
貯まったGポイントはアタシをナデナデできる券に交換できます♡

結局ナデナデの無限ループやん(笑)




【今週の教室風景】

ちょうど二人同時に1個目の課題バッグが完成!

でもみんな言うんです。『1個目が一番難しい!』って。

うん。僕もそう思います(笑)






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。








第三回JUKI講習会。

『わかってへんのそっちやん!!』



と、思わず心の中で全力でツッコミたくなった出来事が。


先日、minneでい〜い雰囲気の表札を見つけたので、注文してみることに。
その表札内の文字をオーダーできるということなので、こちらからイラストレーターでデータを送りました。

すると“データ担当者”と名乗る男性から一本の電話が。


担当:『送っていただいたデータでは作れません。どういうデータで送るか全部書いてありますが、ちゃんと読まれましたか?』


いきなりコレ(笑)
とりあえず落ち着いて。


バンディ:『じゃあどんなふうに送ったらよろしいですか?』


と聞くと、


担当:『だからぁ〜、書いてありましたよね?オブジェクト化してもらわないと…』


バンディ:『わかりました。要はオブジェクト化というのをやって、そのあと….したらいいんですよね?』


担当:『だ〜か〜らぁ〜、オブジェクト化….』


バンディ:『わかりました。オブジェクト化と….その2点をやってから送りなおしたらいいんですね?』


担当:『いや、だからそれだとぉ〜…』



わかってへんのそっちやん!!!!!!
仮にコッチが間違ってるんやったら、そっちの伝え方が悪いんちゃうんかーーーーーっっ!!!

という心の叫びを胸に秘めつつ、友達の力を借りてなんとか向こうの言ってるカタチのデータを送った次第。
しかもそのデータを作ってる間に、今度はメール担当とかいう人から


『作業の都合上、データが何日でできるかおしらせください』


というメールが3回も届く。
データは1日で直して送ったのにーっ!!





この出来事からの教訓。

『伝えたいことは、伝わってナンボ。』

教えることを生業としてる自分には、い〜い経験させてもらいましたっ。
まさに、“人の振り見て我が振り直せ”ですねー。

伝わってる…と思い込んだら、アカン。








さて





8月に募集させていただきました『JUKI × YKK × Bandy 1day 講習会』が無事終了しましたので、その様子をば。

おかげさまでこの講習会も3回目となりました。


今回も全国各地からお集まりいただきました!







大事なポイントはみんなでしっかり見ていただいて。




今回は男性も2名いらっしゃいました!
ミシン男子、増えて欲しいですね〜。






ミシンの他にも、レザークラフトならではの道具を使ってもらえるのがこの講習の特徴でもあります。
今回は“ハンドプレス”を使って、カシメを留めてもらいました。


最後にお好きな刻印を入れて…




全員無事に完成しました!



実は今回、途中でミシンの調子が悪くなってしまったことがあって少しご迷惑をおかけしてしまったのですが、なんとか時間内に全員出来上がったよかったです。
JUKIさんともこれを教訓に、きちんとミシンや講習会へフィードバックして、生かしていかなければとお話ししました。
これからもさらに楽しくて、勉強になる講習会にしていきたいと思います。


ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました!



次回は11月に開催予定ですので、ご参加お待ちしてます♪






【今週の看板娘】

耳の裏のさりげな〜いメッシュがオ・シャ・レ♪

って、勝手に生えてきたんですが(笑)





【今週の教室風景】

体験教室で選んでもらった革の色が、たまたま信号機になって大盛り上がり(笑)






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。













生徒さんによる、生徒さんの為の。

先週も出だしがアニメだったような…


と不意に思い出し、先週のブログを確認すると…やっぱり(笑)




今週は“観漁る”がごとく、これを観てます。




男の子なら誰でも大好き機動戦士ガンダム♪


そしてそれが理解できない女性の多いこと多いこと(笑)
『男の子って、みんなガンダム好きだよね〜』
なんてセリフ、今まで何度聞いたことか。



もちろん好きな理由の中には、まさにこの画面に写ってるような“モビルスーツ”がカッコいいから、という理由が大半だと思います。
ですが、先週の宮崎アニメの話の時にも書いた




『皆さんはジブリ映画の本当に面白いところを観ていない。それはまるでフルーツパフェの上だけ食べて満足しているようなものだ。』


この言葉がこのガンダムにも当てはまってしまうんじゃないかと思わざるを得ません。
だって実際に原作者の富野由悠季さんは


『モビルスーツが一切なくなったとしても、成立する物語として作った。』


とおっしゃっています。
それほどに人間描写、セリフの言い回し、演出方法が非常に際立っている。
だから40年近く経った今でもファンに長く愛される作品なのですね。



それでも先週の“ラピュタ”と同じく、ガンダムも初回放送時は視聴率が最悪だったのは有名なお話…






ともあれ。

こんな大好きなアニメを観ながら仕事ができる。
そんな環境がありがたいことです。
(実は延々ヘリ返しする作業がしんどくなって、気分転換に見始めたのがきっかけ(笑))










さて







先日、とある生徒さんからこんな提案をされました。


『美味しいコーヒーの淹れ方講習をしたいのですが、教室を貸してもらえませんか?』と。


こういうの、待ってたんです☆


ということで…

生徒さんによる生徒さんのための美味しいコーヒー淹れ方講習会を開きました!



実はこの講習会、以前にもやったことがあるんですが、前回はゲリラ的に突然やってくれたので、今回はちゃんと生徒さんの中から参加者を募って開催しました。



今回も講師はOさん。
いつ何時もコーヒー愛に溢れたオトコマエです☆



わざわざ資料を用意してくれたり、道具も全て持ってきてくれたり、参加者は至れり尽くせり。
もちろんみなさん“コーヒーが好き!”という気持ちで参加してくれましたが、知ってそうで知らないコーヒーの基礎知識を聞いて、しょっぱなから食い付き感ハンパなかったです(笑)




まずは先生のお手本から。

コーヒーを淹れる動作って、なんとな〜く想像はつくんですが…
実際は細かいところでいろいろ違ってたことに気づく。





まぁ〜ウマい!
こんなコーヒーが毎日飲めたらどんだけ幸せか…と思うほどに。


その方法を一人一人に教えてくれました。



そしてわたくしも挑戦!



教室でいつも休憩の時に飲んでもらってるコーヒー豆でやらせてもらいました。


あぁ…


やっぱりウマい。
教室にミニキッチンでもあればハンドドリップで淹れたいんだよな〜本当は。
もちろん学びも大切だけど、休憩で先生が淹れてくれるコーヒーがまたウマいんだよね〜とか言われたい(笑)



楽しい時間はいつでもあっという間!

『生徒さんによる生徒さんのための』シリーズ、これからもいろいろとやっていけたらと思います♪


皆さんお疲れ様でした!







【今週の看板娘】

ジーナが我が家にやってきたのがちょうど3年前の今日。
家族として、本当に大切で愛おしい存在です。
ウチに来てくれてありがとうね。
(写真のジーナは生後約2ヶ月の時のものです)



【今週の教室風景】

思わず『それは何を作ってるの??』と聞いたら、どうやらゲームの中に出てくるキャラクターが使ってるバッグを再現してるとのこと!

なるほど、そういう楽しみ方もあるよね〜。

面白い!




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。














実は独立記念日。

なんで観ちゃうんだろう。



もう数え切れないぐらい観たのに。

正直、Blu-rayで持ってるからいつでも観れるのに。




コレ(笑)


このブログでも度々言ってきたように、ボクはジブリアニメが大好きです。
以前オタクの王様“岡田斗司夫”さんが言いました。


『皆さんはジブリ映画の本当に面白いところを観ていない。それはまるでフルーツパフェの上だけ食べて満足しているようなものだ。』


それからというもの、いろ〜んなジブリ関係の本を読み漁ったことを思い出します。
この映画にもおもしろ〜いポイントはいくつかありますが…
まぁそれは個人個人の自由ということで(笑)


でもこの映画、こ〜んなに面白くてファンも多いのに、実は『ジブリ映画の中で興行収入が一番低かった』なんてのも不思議ですね〜。



ま、なんて言おうと、何度観ようと、これからもずっと観ますね。きっと!










さて






この週末は今年最後の“夏期講習”でした。

ということで、最後にお遊びというかなんというか…

バッグの内装を全員違う生地にしてみました!



そして知らないもの同士が突然強制的にジャンケンをさせられるという(笑)





でも大丈夫。
これ絶対盛り上がるんですよね〜(笑)


気に入った柄が手に入ったかどうかはわかりませんが…
とりあえず全員に行き渡りました!



今回の受講者さんも真剣に取り組んでくださいました。


















最後に刻印を入れて…



全員完成!

全員同じバッグなのに全員違って面白い!
いや〜、モノづくりってほんと面白い。



実は途中で一台ミシンが調子悪くなってしまってご迷惑をおかけしてしまったのですが、『家でリメイクして作り直してみます!』と言ってくださって本当に助かりました。

おかげで時間内に全員完成!
皆さん本当にお疲れ様でした。



個人的には夏期講習が終わると、『あ〜夏が終わったなぁ〜』って感じられるようになったのは、この講習もおかげさまで6年目になったせいかもしれません。

今年もたくさんの方に参加してもらって、楽しんでもらえてよかったです。


実は今日が9回目の独立記念日だったのですが、これからも面白い講習ができるように頑張りたいと改めて思いましたっ。





【今週の看板娘】

いつの間にかオシャレしてて笑えました(笑)




【今週の教室風景】

お孫さんにプレゼントするために頑張りました!
きっと気に入ってくれるはずです♪

っていうか、中学生でこんないい革のバッグを持てるなんてウラヤマシカ…





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。


























2019 夏期講習。

以前は数年に一度の作業でしたが、今は数ヶ月に一度行うこの作業。


ドロロ〜〜〜〜ン

レザークラフトでよく使う“ゴムボンド”。
ビンに入れてあっても、どんどん乾いていっちゃいます。
シンナーでのばしたりもしますが、乾いて使えなくなってしまったボンドが少しずつビンに溜まっていき、いよいよいっぱいになるとこうやってわざと乾かして、ゴッソリ取りだします。
ビンに残ったものも乾かしてキレイに剥がしてピッカピカ。

もったいないっちゃもったいないけど、何度も開け閉めするのでしょうがないのです。
ピカピカになったビンにボンドを流し込み、また気持ち新たにRe スタート。








さて







今年もレザーメイト さとうさんでの夏期講習の季節がやってまいりました!
早くも今年で6回目。
自分にとっては、今やらせてもらっている教室の“原点”と言っても過言ではありません。

今年作るバッグは先日先行でJUKIの講習会でもやりました

マチが広がるショルダーバッグです。



第一回目もおかげさまで満席となりました。
ありがとうございます!



偶然ですが、6人中3人がリピーターさん、3人が初体験!












慣れてきた方も、初めての方も。
皆さん真剣に取り組んでくれました!









前回も実はこの作業が一番盛り上がった“刻印”。
今回も全員好きなアルファベットを入れて…



無事、時間内に全員完成!
みなさんのこの笑顔が楽しんでもらえた証拠かな〜と思います(笑)

これからもぜひミシン仕立てのレザークラフトを楽しんでみてくださいね!
ご参加、ありがとうございました♪

第2回目は8月31日です。
(お申し込みは終了しております)






【今週の看板娘】

釣り糸にオヤツ付けたら釣れるな。このイヌ(笑)





【今週の教室風景】

いよいよ最終課題の生徒さん。
いつも生徒さんを自分がイメージして、内装の生地を決めるのが密かな楽しみ。
の、割にはホンマに喜んでもらえるか、毎回めっちゃドキドキしてるのはナイショです(笑)


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。








私が社員研修。

“無印”がニガテです。


って言っても、“良品”のことではありません。



縁あって、自分たちの手元には様々なモノがきます。
その自分の手元に来たものをそのまま使うのではなく、な〜んかちょこっとでも手を加えたくなるんですよね〜。

とは言え、そんな大げさなことではなくて…例えば、ステッカー貼ったり、色を変えたり、今できる特権としては…革を巻いたり(笑)


そうすることで、なんか急にそのモノに対して愛着が湧いたりするから不思議。


だから“無印”じゃなくて、いかに自分なりの“印”をつけられるか。
そんなことを昔っから考えてます。




若い頃(あ〜、もうそんな言い方をするような歳になったか(笑))。


自分の最大で最高の“印”のターゲットはクルマでした。
そりゃ1台目のクルマは特にヒドくて…
そんなやんちゃにしていたわけではないけど、当時の給料はほとんど車への“印”につぎ込んでいました。


ま、要は“改造”ですね(笑)


ある程度目立ってはいたので、いろんな知り合いもできてそれはそれで楽しかった思い出が。


そんなことを思っているうちにまた“改造したい欲求”がムクムクとかま首をもたげてきた今日この頃。。。
でも今は改造できるクルマは手元にない。
なんか改造できるもんはねぇガァァァァァァ


と、いうことで




自分の肉体を改造だ!(笑)


なんかヘンテコな靴は買ったし!

お菓子も半年間食べない!


自分に自分らしい“印”をつけられるか?
じっくり改造してみたいと思いマス★











さて






『やっぱり社員さんって、みんなミシンできるんですか?』


自分が発した、何気ない会話の一言。


『う〜ん….』


できないとは言えず、答えに困るバンディの担当Tさん。



ならば。
『例えば、営業の人が名刺交換をするとき、ポケットから名刺入れをとりだして『コレ、ウチのミシンで自分で作ったんですよ〜!』とか言ったら盛り上がるし、説得力めっちゃありません?』


『バンディさん!それだ!それやりましょう!絶対企画通しますからやりましょう!』

そんなかんなであっという間に企画が通り、なんとワタクシがJUKIの社員さんにミシンを使った講習会をやらせてもらうことになりまして。

先日行ってきました!



でも前々から思っていたこと。
ただコッチが準備したキットを淡々と仕立ててもオモロない。
な〜んか


『こんなの初めてぇ〜!』


って、言わせたい。
あれやこれや考えて、やってもらうことになったのは…




自分のもんは自分で切れ(笑)


革製品はなんぼでも見たことあるでしょうが、それはもう製品。
まだ製品になってない、素材の状態の牛革を見てもらい、そこから自分で切り出してもらいました!

『わー!これどこの部分?』

『わー!これなんのシワ?』

『わー!これなんの跡?』

もうこっちの描いた通りのリアクション(笑)



でもこんな経験なかなかないと思います!
自分達には当たり前のことでも、普通の人からしてみればまったくの“未体験ゾーン”だったりしますからね〜。
いやー盛り上がってヨカッタヨカッタ♪



そして午前中は

まるで男子校!(笑)



午後は

商業高校?(笑)
ほとんどが女性って言いたい。。。




皆さん本当に真剣に取り組んでくださいました!
















やはりそこは皆さんJUKIの社員さん、みんなちゃんとミシン使えてました(笑)





無事に時間内に全員完成!

皆さん

『あー!!失敗した!!』

とか

『おっしゃーっ!』

とか言いながらとっても楽しんでもらえたようで良かったです!


個人的には、午前の部が男子校のノリで自分も楽しくて楽しくて(笑)
自分の専門が“ミシン”っていうこともあって、普段はどうしても女性を相手にすることが多いのでとっても新鮮でした!




最後に皆さん名刺交換をしてくださったのですが…

『名古屋営業所長の〇〇です。』

『九州営業所長の〇〇です。』

『広島営業所長の〇〇です。』

ってお偉いさんばっかり!
中には…

『ブログ、見てますヨ♪』

なんて言ってくださる方もいらっしゃってビックリ!



担当のTさんからは
『営業のものばっかりですから!』
なんて聞かされてたのに。
ヤラレタ。

でもやりながらず〜っと思ってたんですよね。実は。



なんやオッチャンばっかりやなって(笑)






出来上がった時の皆さんの輝く笑顔はとってもステキでした!
その笑顔をJUKIさんのミシンを通じて、たくさんの人に感じてもらえたら…
そんなステキなミッションの一端を担えてシアワセです♪

ミシン仕立てのレザークラフト、もっともっと広めていきたいです!

参加していただいた社員の皆さん、ありがとうございました!









【今週の看板娘】

さっぱりサマーカットでベッピンちゃんになりましたよ〜♪
早く梅雨明けてちょーだい!




【今週の教室風景】

いよいよ最終課題のバッグが完成!
作りたいものがいっぱいあるようなので、これからますます楽しみですよ〜




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。