美しさラプソディー。

今週、小さな小包が一つ届きました。




『なんだろう?』
と、伝票の送り主の欄に目をやると、そこには知る人ぞ知る革業界の大先生のお名前が。


そういえば…思い出しました。


大先生の教室とウチの教室を掛け持ちしてらっしゃる生徒さんから、『展示会のDMを置かせてもらえませんか?』と打診があり、それを引き受けたところ主催者である先生から直接送られてきた…という流れ。


小包を開けてDMを取り出そうとすると、一枚の便箋が。
この大御所の先生にはお会いしたことはありません。
だけどそこには、なんというか、『物静かだが、内なる情熱をひめた人』を一瞬で連想させる文字で書かれた、美しい一文。




『お言葉に甘えて、送らせていただきます。』




その便箋を読み終えると、無意識に引き出しをガサガサと漁る自分。

そして手に取った一枚。


自分はまだまだ未熟すぎて先生のような美しい文章は書けないけれど、浅草の片隅でなんとか自分らしくやらせてもらってます。と、伝わって欲しい気持ちを込めて。


“風とともに”

このポストカードは自分の同級生が描いてくれた大切な一枚。
その友達が大企業を辞めて、独り立ちしたと風の便りで知りました。
身体に気をつけて…がんばれ。







さて






使うの、難しいらしいよ?



いろんな人に聞きました。
そして誰に聞いたって、返ってくる答えはだいたいこんな感じ。

そりゃそんなもんだ。
誰だって、使い慣れたものからまったく新しいものに変えるときは不安と恐れがつきものだろう。

しかし、そんなネガティブ要素をものともせず、自分を突き動かしたもの。
それは…




このデザインの美しさでした。


パソコン(本体)を見て『美しい』なんて思う感情が芽生えたことがなかった自分は、やめておけと99%の人に言われても、購入を決意したのが10年前。
以後、たくさんの時間と思い出をこのMacとともに過ごしてきました。





独立して、初めて自分のバッグをこのMacから発信しました。


全然知らない人から初めて注文をもらったのもこのMacからでした。


この前にやっていたブログでお客さんに迷惑をかけてしまい、約6年間続けてきたブログを閉鎖して、このMacの前で泣き崩れたこともありました。


生まれて初めてskype(テレビ電話)をして大興奮し、それがきっかけでのちにアメリカへ行くことになったのもこのMacがあったからでした。


そして


今、自分がお店や教室をしているこの物件を見つけたのも…Mac。




感謝してもしきれないほど、ボクの10年にずっと寄り添ってくれました。



中に入っているデータを全て消去し、最後にピカピカに掃除して業者に送りました。
数日後、業者からこんなメールが。



お預かりいたしましたMacですが、ドライブへディスクを挿入しても読み込まずに排出されます。
また、画面に表示異常があり使用できる状態ではございません。




数日前まで、普通に使ってたのに…。
本当は疲れてたんやね。

10年前、キミの美しい姿に一目惚れしたのは間違いじゃなかった。
ホンマ、ありがとうな!



思い出したら泣けてきたんでこのへんで(笑)






【今週の看板娘】

ん? お?
奇跡のシンクロ(笑)




【今週の教室風景】

二つ目の課題バッグを生徒さんの好みに大幅リメイク!
いーやん!
ボクも欲しいコレ!!





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。









卓上漉き機“スカイミニ”。

いつもと変わらぬ散歩道を歩いていると、フワっと鼻をくすぐる甘い香り。


そのフルーティな香りに誘われ、たどり着いたその先には…




梅が見事に咲き乱れていました♪


今年は暖冬で、暖かな日差しがありがたいと感じることも普段よりは少ない感じがします。
生徒さんたちも、教室に着くとみな一様に


『暑い!暑い!』


と、いつもなら冬に大活躍のダウンジャケットを一目散に脱がれます。


とはいえ。
私たちが寝ている間にも、着実に季節は移ろっております。




もしかして梅たちも言ってたりして?


『ありゃ!暑いやん!早よ咲かんと!』


なーんてね(笑)







さて






先日、JUKIさんにご招待いただき『東京キルトフェスティバル』に行ってきました。

会場は東京ドーム。



関係者入り口から入らせてもらうのは初めて…。




テレビなどではちょこちょこ見てるこの廊下。
自分がそこにいるなんて、なんだか不思議な感じ。


担当さんに
『こっちがミーティングルーム、こっちがブルペンで…』
といろいろ案内してもらいましたが、写真はNGでした(笑)



そして会場へ!

キルトフェスティバルの名前はよく聞いてましたが、実際に来るのは初めて。
全くの異ジャンルとはいえ、モノづくりに携わるハシクレとしては興味津々…。


ですが。



案内もそこそこに、一目散にJUKIさんのブースに連れてこられました(笑)

去年のホビーショーの時とはまた違って、とってもポップな印象♪
キルトとイメージがピッタリ!


と、思いきや。
ブースの真ん前にあったのは


自分がプロデュースさせてもらった革のミニトートバッグのワークショップと…


NIPPYさんの卓上革漉き機“スカイミニ”という、革祭り状態(笑)


『今年はJUKIにとって、ミシン仕立てのレザークラフト元年ですから!』
と、社員さんは意気揚々。
もちろんワタクシも微力ながら応援させていただきます!



NIPPYの青田社長(お若い!)も紹介していただき、今度会社に遊びに行かせてもらうお約束をちゃっかりしてもらいました(笑)


と、いうことで!


ウチでも“スカイミニ”の取り扱いを始めました!

お買い上げいただいた方には、革の専門家ならではの漉き方や扱い方のレクチャーをじっくりさせていただきます。
買ってから使い方がわからない!調整の仕方がよくわからない!と、宝の持ち腐れにならぬよう、しっかりフォローしますヨ。

まずはデモ機で実際に革漉きを体験にいらしてください!
お待ちしております。
(事前にご連絡いただけると助かります)







【今週の看板娘】

一緒に出勤(下に降りるだけ)しようとしたら、なんともいえない目でコチラを見ながら断固拒否(笑)

看板娘失格ぅ〜





【今週の教室風景】

材料を無駄にしないその気持ち、スバラシイ!!
ボクには無理!!(笑)





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。











バタバタと納品週間。

朝晩はすっかり冷えるようになってきました。

近所のイチョウの木がとってもキレイだったので思わずパチリ。




最近生徒さん数人から『ちっさいゴンドラがあるお寺が近くにあるんですか!?』ってよく聞かれたんですが…まさにコチラ。
“待乳山聖天”さんって言います。
ダイコンをお供えするお寺としても有名ですね!

裏に回るとウワサのちっさいゴンドラもあります。
多分一般の方は乗れませんが。。。


テレビにでも出たのかな?




そうそう、ちょっと申し訳ないことがありまして。

ウチもテレビじゃないんですけど、とある冊子に少し前に載せてもらったんです。
そしたらその冊子を見て何組か来店してもらったのですが、それがことごとく教室の日だったんです。
教室の日は生徒さんで店内がパンパンなのでお店に入ってもらえず、事情を説明してお帰りいただいた次第。

本当にすいませんでした。



ちょっとだけ言い訳しちゃうと、自分もそうなのですが最近はGoogleで検索してお店の情報をよく見たりします。
その情報の中に営業時間や定休日があると思うのですが、“営業日”か“定休日”しか設定することができず…
そのあとのお店の説明文には『水・木・土の教室営業日は入店していただくことができません。』と書いてはあるのですが。

もうちょっとわかりやすくしておかなきゃいけませんね。
何かいい方法を知っておられる方がいましたら教えてください!


とはいえ、せっかくお越しいただいた皆様、本当に申し訳ございませんでした。









さて







イベントごともひと段落しまして、11月後半から12月はせっせと作っております。
ここ最近で納品させてもらったものをご紹介。


まずは旦那様へのお誕生日プレゼントにと

三つ折りウォレット【Roy】のご注文をいただきました。
外見は無数に刻まれた切り傷がインパクト大ですが、使うほどに色ツヤが増してくる素晴らしいイタリアンレザーです。


元々は私自身の理想のお財布として作ったものなので、このお財布には思い入れがたっぷり!
気に入ってもらえたかなぁ〜?




次もお財布

コチラもプレゼント用に。
二つ折り財布の【Monica】です。

“キャッスレス化”の影響でしょうか?
今は断然小さいお財布が人気です。



イベントでも“手に取ってもらう率No.1”じゃないでしょうか!?
中と外でいろんな組み合わせが楽しめるので、また来年も作りたいですね♪





続いてはバッグ。

見覚えがある方もいらっしゃるかもしれません。
そう、JUKIさんのミシン講習会でやった“マチが広がるショルダーバッグ”です。

あの投稿を見て『作って欲しい!』とご注文をいただきました。



早速外の革と内装の生地をセレクトしてもらって、自分好みのバッグにしてもらいました。
これかな〜…こっちかな〜…と悩ましいけど、楽しい作業。



結局生地はスペインで仕入れた古地図のプリントに決定!
この生地、自分もめっちゃ好きなんで、もっと買ってきたらよかったなぁ…
また行くか!(笑)



旦那さんも興味津々!

『一緒に使ったら?』と自分が言うと、『いや、これは私のだから!』とバッサリ(笑)
ま、旦那さんもお気に入りのがあるもんね♪
ご夫婦でいっぱい出かけてくださいな!



さ、こっからは生徒さん向けの新しいバッグキット作りやぁ〜






【今週の看板娘】

スタバで店員さんごっこしてました(笑)
いらっしゃいだワ〜ン♪





【今週の教室風景】

キットを大胆にリメイクして、ご自分で使うトートバッグを完成させました!

内装には自分だけのブランド名が入ったレザータグを。
生地は豪華なベルベットです。
天マチファスナー式にして、防犯もバッチリ!
いろいろ大変でしたがいい感じに仕上がりましたね♪
お疲れ様でした。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

※現在タイミングによっては入会していただけない可能性もございます。また、体験教室も教室開催日(水・木・土)の参加希望も難しくなっております。
詳しくはお問い合わせください。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

















他力鼓舞願。


近所にテラスがあるカフェが何軒かあるので、毎週日曜日の朝はみんなで出かけて好きなモノを食べるのがお決まり。
って、ジーナはいつも決まってるけど(笑)

まだちょっと風は冷たかったりするけど、あったかい日差しとあったかい飲み物が幸せに感じる毎日です。




ここ最近読みふけっている本。

こんな感じ。
まぁ〜見事に『自己啓発』的なものばかり(笑)

 

たまにこういう類の本を集中して読みたくなる時がきます。
どういう時かと言うと…




“新しいことにチャレンジするとき”




です。

まぁ誰でも一緒かとは思いますが、新しいことにチャレンジする時ってちょっと不安になったりしますよね?
単純にそれをごまかすためです(笑)


自分は基本的にあんまり緊張しない方だと思います。
って言うか、昔この言葉に出会ってからそうなったのかも。

 

【緊張するのは、できやしないことや実力以上のことをしようとするから。】




例えば大勢の前で喋ったりするときに緊張する〜なんてのはよくある話。
自分も仕事柄たまにそんな機会があったりします。
そんなとき自分を大きく見せようとしたり、良く見せたりしようとした途端、笑えるぐらいしゃべりが噛み噛みになったりするんですよね〜(笑)
あ〜不思議。

なので、自分を飾らず、なるべく“素”のままで。
あとはハッキリと大きな声で喋る。
これで決まり!ですわ。




な〜んて言っておいて。


写真のような本を読んだりしてるワケですから。
実際は『ガラス製ノミ型心臓』なんでしょね(笑)



ところで、何を新しくチャレンジするのかと言うと〜

今月からいよいよミシンメーカーJUKIさんでバンディが担当させてもらうワークショップが始まります!


本革をミシンで仕立てる。。。
なかなかハードルが高いですよね〜。

自分がレザークラフトを始めた約12年ほど前。
『職業用ミシンでは革はまともに縫えない』
が当たり前でした。

しかしちょっと前からJUKIさんからお借りしている最新の職業用ミシンが、まぁ〜縫えること!
まさに目からウロコでした。

そこでこのミシンを使ってのワークショップが今回の目玉です。

募集定員は10名ですが、なんと『全員に1台ずつ』このミシンが使えます!なので気兼ねなくご自分のペースで進めてもらえるのもこのワークショップの大きなメリット。
革のカット等はありませんので、仕立てに集中して取り組んでもらえると思います。



作るバッグはシャリっとした手触りも気持ちいいバッグ用の帆布と、上質な牛革のコンビで作るショルダーバッグ。
二つのバッグが一つにくっついたような作りになっていて、大きさの割に容量がタップリなのはもちろん、ちょっと分けて入れたいと思うときにも大活躍です!
※内装の生地は写真のものと異なりますのでご了承ください。

さらに職業用ミシンで大きな特徴なのが、豊富なアタッチメント。
そのアタッチメントも4種類使用しますが、もちろん全員分ご用意!(JUKIさんが(笑))しますので、ぜひチャレンジしてみてください♪



〜詳細〜

職業用ミシン【SL-700EX】で仕立てる『帆布と本革のダブルショルダーバッグ』

【開催日時】2019年2月25日(月) 10:00〜17:00(昼休憩30分含む)

【会場】JUKI本社 多目的ホール 〒206-8551 東京都多摩市鶴牧2-11-1

【費用】¥20,000-(税別)キット一式(裁断済み帆布及び牛革、金具、ベルト等)代、講習費込み

【定員】10名(残り3席)

【問い合わせ・お申し込み】Qrinafまでメールにて(qrinaf@gmail.com)

【お申し込み期間】2月20日まで。

【持ち物】カッター 糸切りバサミ 目打ち 糊ベラ 定規 ソーイングクリップ 等 
※お持ちでない道具は貸し出しいたします。また昼食・お飲み物はご持参ください。




お申し込み、お待ちしてまーす!







【今週の看板娘】

半魚人ならぬ、半ヒツジ犬(笑)






【今週の教室風景】

途中でパーツが行方不明になるトラブルに見舞われながらも、無事に二つ目の課題バッグが完成!
持ち前のポジティブパワーで次も頑張りしょうね♪




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。









思い出すバッグ。

いよいよ聞こえ始める冬の足音。。。

 

作業中、ふと目を外にやるとすでに真っ暗!
な〜んてこともだんだんと増えて来ました。

 

暗いといえば。

 

今までお店としてやってきたので、店内の照明はちょっとムーディー気味。
お教室をハリキッテやってる今、生徒さんの手元が暗そうだったので。。。

 

生徒さんの作業台に、手元を照らす照明をつけてみました!
これが効果抜群だったようで、みなさん『明るくなったわ〜』って喜んでくれました♪

実はこの照明“IKEA”のモノなんですが、昔とっても気に入っていていくつも買ったんです。
当時は950円!

今もこの照明は売ってるみたいなんですが、ぜ〜んぶ色がついちゃったみたいで。
お値段も1200円ほどにアップ。

『このシルバーが欲しいんです!ウチの黒と替えてください!!』

って生徒さん二人に言われたんですが…..

 

ダーーーーーーメーーーーーー!!
ってバッサリ(笑)

 

とっても気に入ってるので悪しからず♪

 

 

 

 

さて

 

 

 

先日、昔バッグを自分から買ってくれたお客さんからメールが。
何事かと思い読んでみると、ポケットが壊れたから直してほしいとのこと。
もちろんオッケーですよ〜と返信して、地方からはるばる送られてきた懐かしいバッグとご対面すると…..

なんとまぁ使いこなしてくれていること!

っていうか、まぁなかなかの年季の入り具合。
詳しく聞いてみると、とっても気に入ってくれているようで、この7年間ほぼ毎日!使っていたとのこと。
メールに書かれていたノートパソコンを入れる用のポケットは大きく内装から剥がれ、修復は不可能でした。

そこで、内装を作り直すとともに、外装の“年季”も修理したいのでお客さんに予算を決めてもらうことに。
かくして懐かしのバッグの大オーバーホールとなりました。

 

何度も開け閉めでスレまくった外ポケット

 

一丁あがりぃ〜!

 

バッグにありがちな底の角のスレ

 

 

二丁目あがりぃ〜!

 

 

肩掛けベルトも

 

 

ピッカピカぁ〜

 

背中側の風を通すために作ったベンチレーションも、多分ベルトでスレてこのザマ…

 

 

それをもう一回ビシッ!とさせときました〜!

 

 

で、肝心の内装は…

 

 

 

写真撮り忘れ!!(笑)

 

 

内装はビシッと新品に作り直してお返しいたしましたっ☆

 

実はこのバッグには並並ならぬ思い出がありまして。
今の自分があるのもこのバッグのおかげ、と言っても過言ではありません。

 

ちょうど約7年前。

まだフルオーダーバッグを専門にやっていた自分は、初めてオーダーを受けたリュックに苦戦していました。
今でこそレザーのリュックってちょこちょこ見かけますが、当時はリュックといえばアウトドアブランドのものしかなかった頃です。
そこでアウトドアブランドのショップに行き、店員さんに色々聞いて、聞くことがマニアックすぎて怪しまれ、実際に作ってみたもののアウトドア用にはアウトドア用の作りがあることに気づいて撃沈するという(笑)

そんなかんなでやっと完成し、納品したのですが。。。

結構時間がかかったので、このバッグを作るにあたって自分の時給は一体いくらだったのか?
おそるおそる計算してみることに。

 

最初にミーティングして…

研究して…

サンプル作って…

お見せして…

修正箇所を直して…

本番のバッグを作って…

 

納品。

 

このバッグの時給

 

 

200円 チーン(笑)

 

 

オレ何やってんだ!ってことに当然なりまして。
『よし、これからは自分の作ったバッグで勝負しよう!』
って、今のスタイルになったわけです。

 

今までいろんな仕事を転々としてきました。
やっと辿り着いた、自分だけのこの仕事。
初めて9年目まで続いているのだから、あの時の判断は間違いじゃなかったと思います。

これからも細々とではあるけれど、末長く続けていけますように。

 

 

 

 

【今週の看板娘】

クロネコヤマトのお兄さんに絶賛片思い中です♪

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜


〜〜〜〜〜夜教室開講!〜〜〜〜〜
2018年10月より“夜の部”を新設します。
【水曜日 18:30〜21:30  】
昼間お勤めの方など仕事帰りの気分転換に
レザークラフトをやってみませんか?
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて、お申し込みは下記フォームより送信ください
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!

本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

追悼と決意と。

秋も深まってまいりました。。。

 

ウチのシンボルツリー“フリーシア”は落葉樹なので、冬は丸裸になります。
朝起きて、ジーナの散歩に出ようと入口を開けると、無数に散らばる黄色い葉っぱ。
これを見ると『あぁ…冬が来るんだなぁ』と毎年感じます。

自然が本当に少ない都内でも、ちょっぴり季節を感じられる光景を作り出せたことが嬉しいです。

 

毎日掃除がめちゃ大変ですが(笑)

 

シンボルツリーが丸裸になるその日まで、2018年の終わりをちょっとずつ噛み締めながら、黄色い小さな葉っぱをせっせと掃き続けようと思う今日この頃です。

 

 

 

 

さて

 

 

 

少し前から、いろいろと考えさせられる出来事がありました。
主に“人との関わり方”について。

『自分はもうちょっとうまく人と付き合える人間だと思ってたのになぁ〜』

とか

『もっとワガママを言っても(もちろん人に迷惑をかけない範囲で)いいよなぁ〜』

なんて、思ってみたりみなかったり。

 

先日42歳になりました。
子供の頃は42歳なんて立派な大人だと思っていたけど、それは単なる子供の想像の産物だったようです(笑)

 

 

 

そんな毎日を送っていたわけですが、そこに飛び込んで来た1つの悲しいニュース。

 

名女優、樹木希林さん逝去。

 

どれほど名女優だったかは言わずもがな、ですが、注目されたのはその波乱万丈な人生。
インタビューなどを受ける姿を見ても、飄々としながらも凛と一本筋が通った生き方が感じられるほど。
先日、そんな希林さんが残した言葉に出会って、なんだか身につまされる思いになったのです。

以下抜粋

 

 

【あとは、じぶんで考えてよ。】
絆というものを、あまり信用しないの。期待しすぎると、お互い苦しくなっちゃうから。
だいたい他人様から良く思われても、他人様はなんにもしてくれないし(笑)。
迷ったら、自分にとって楽なほうに、道を変えればいいんじゃないかしら。
演技をやるために役者を生きているんじゃなくて、人間をやるために生きているんです。
代表作?ないのよ。助演どころか、チョイ役チョイ役って渡り歩く、チョイ演女優なの。
自分は社会でなにができるか、と適性をさぐる謙虚さが、女性を綺麗にしていくと思います。
楽しむのではなくて、面白がることよ。中に入って面白がるの。面白がらなきゃやってけないもの、この世の中。
老人の跋扈(ばっこ)が、いちばん世の中を悪くすると思います。
病を悪、健康を善とするだけなら、こんなつまらない人生はないわよ。
死に向けて行う作業は、おわびですね。謝るのはお金がかからないから、ケチな私にピッタリなのよ。謝っちゃったら、すっきりするしね。
“言わなくていいこと”は、ないと思う。やっぱり言ったほうがいいのよ。
こちら希林館です。留守電とFAXだけです。なお過去の映像等の二次使用はどうぞ
使ってください。出演オファーはFAXでお願いします。
このように服を着た樹木希林は死ねばそれで終わりですが、またいろいろなきっかけや縁があれば、次は山田太郎という人間として現れるかもしれない。
えっ、わたしの話で救われる人がいる?それは依存症というものよ。

 

 

 

【サヨナラ、地球さん。】
靴下でもシャツでも、最後は掃除道具として、最後まで使い切る。人間も、十分生きて自分を使い切ったと思えることが、人間冥利に尽きるんじゃないかしら。そういう意味で、がんになって死ぬのがいちばん幸せなのよ。
用意ができる。片付けして、その準備ができるのは最高だと思うの。
ひょっとしたら、この人は来年はいないかもしれないと思ったら、その人との時間は大事でしょう?そうやって考えると、がんは面白いのよ。
いまの世の中って、ひとつ問題が起きると、みんなで徹底的にやっつけるじゃない。だから怖いの。自分が当事者になることなんて、だれも考えていないんでしょうね。
日本には「水に流す」という言葉があるけど、桜の花は「水に流す」といったことを表しているなと思うの。
何もなかったように散って、また春が来ると咲き誇る。桜が毎年咲き誇るうちに、「水に流す」という考えかたを、もう一度日本人は見直すべきなんじゃないかしら。
それでは、みなさん、わたしは水に流されていなくなります。今まで、好きにさせてくれてありがとう。樹木希林、おしまい。

 

 

 

普段から、じゅ〜ぶん自分の好きなよ〜に生きてる風に見られがちな自分ですが…
ある意味まさにその通り(笑)

でも『好きにさせてくれてありがとう』という希林さんのメッセージを読んで、なんだかちゃんと好きなように生きてないかのように感じてしまう自分。

このギャップはなんなのかと思う。

希林さんの年齢ぐらいになればわかるのだろうか?
いや、わかってるけど自分には無理なんじゃないかこういう生き方は〜って、薄々感じてるんだ、きっと(笑)

 

 

2018年も終盤に差し掛かって来たこのタイミングで、来年から新たな試みのお話をいただきました。
独立して9年目、なんとかここまで続けて来た甲斐があったっちゅーもんです。

 

『ヒマはダメだ。余計なことをあれやこれやと考えてしまう。ちょっとぐらい忙しい方が“今”に集中できるものだ。』

 

バンディが好きな斎藤茂太先生のお言葉。
まさにそんな過ごし方を2019年は送ってみようかな…と。

 

そしてもう1つ。

 

 

『おごらす、人と比べず、面白がって平気で生きればいい。』

 

 

この希林さんの言葉を胸に、ひっそりと仕舞ながら。

 

 

この早くも来年に向けて高ぶる気持ちを体現したく…とりあえず

約2年間蓄えた大銀杏、ならぬ大団子(笑)をバッサリ落としてみました!

おっしゃやったるでー!!

 

 

 

【今週の看板娘】

アタシもがんばりましたー!
おやつくだしゃい!!(笑)

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜


〜〜〜〜〜夜教室開講!〜〜〜〜〜
2018年10月より“夜の部”を新設します。
【水曜日 18:30〜21:30  】
昼間お勤めの方など仕事帰りの気分転換に
レザークラフトをやってみませんか?
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて、お申し込みは下記フォームより送信ください
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!

本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

2018エーラウンド終了。

自分の中ではあっという間に始まって、あっという間に終わっていきました。
我が地元の革のお祭り、『2018年エーラウンド』

 

今回は斜め前の革問屋さん『浪速産業さん』と一緒に、“見れる!・買える!・作れる!革で遊びつくす二日間”をコンセプトに『レザーカーニバル』という独自企画で参加しました!

 

お祭り〜っていうとパッと思い浮かんだのが『ガーランド』
前日に思い立って、パパ〜っと作ってみました!
もちろん革で!

なんか….いい感じにできて自己満足(笑)

 

 

そして今回の“買える!”を担当してくれたのが、我がバッグ教室の生徒さんたち♪

 

 

 

 

 

みなさんいい経験になったと楽しんでもらえたようで安心しました〜。

 

そして“見れる!”ブースも大盛況♪

 

 

 

 

 

 

 

 

個性的なバッグがた〜くさん出来上がりました!

 

 

去年はまさかの台風直撃で悪夢のような二日間でしたが、今年は見事な秋晴れ!
たくさんの方々に『革』という素材で遊んでもらえたかと思います。

一昔前は革というと“高級品”なイメージがありますが、実はとっても身近でカジュアルな素材。
革の良さや楽しさを、これからもいろんな人に伝えていけたら。
そんな思いでまた来年もできたらと思います。

 

ご来場くださったみなさんありがとうございました!

 

生徒のみなさんお疲れ様でした!

 

そして

 

大崎の兄貴!
いつもいつもありがとうございます!

 

 

で、ちょっとお知らせ

11月18日(日)にウチの近所で『猿若マルシェ』という靴のイベントがありまして、そこでもこのトートバッグのパフォーマンスをやらせていただきことになりました!
『私も作りた〜い!』という方はぜひ遊びにいらしてください♪

 

 

 

【今週の看板娘】

なんと胴体姉妹の“うふちゃん”が会いに来てくれました〜
って、姉妹には思えぬほど何もかもが対照的(笑)

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜


〜〜〜〜〜夜教室開講!〜〜〜〜〜
2018年10月より“夜の部”を新設します。
【水曜日 18:30〜21:30  /土曜日 18:00〜21:00】
昼間お勤めの方など仕事帰りの気分転換に
レザークラフトをやってみませんか?
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて、お申し込みは下記フォームより送信ください
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!

本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

ジーナの夏休み。

アタシはふあんでした

 

なんだかあさからばんでいさんがそわそわしてるのわかるもん

『あしたからおやすみだよー。ジーナもいっぱいあそぼうねー』
だって

どこであそんでくれるの?

 

 

そのよる

くるまっていうおっきなはこみたいなのにずーーーっとのって
やっとついたのは

 

『きょーと』っていうところでした
しらないところでおるすばんしたときはちょっとさみしくなっちゃって
『わお〜〜〜んおんおん』ってとおぼえしちゃったら、いっしょにいてくれたひとたちにおおわらいされました

なんでですか?

 

 

つぎはおなかのおっきなへんなこがいっぱいいるところにいきました

みんなへんなかおしてるからぜんぜんこわくなんかないけど、アタシがいくとみんなをこわがらせちゃうからちかよらないであげたの

ばんでいさんはやくいこうよ

 

 

『かわ』っていうところにもいきました
アタシがすんでるとーきょーっていうところじゃかいだことがない
いーにおい

そしたらばんでいさんがアタシをおいていっちゃったの

 

アタシね

むかしだいすきなぼーるおいかけてみずにおちたの
それからみずたまりがきらい

ばんでいさんは
『ジーナはみずがだいすきなはずだよ』
っていうんだけど
やなの

 

でもばんでいさんのところにいきたいからがんばったー

 

とーーーーうっ

 

きゃーーーーーー

 

しっぽぴーーーーーーん

 

ちべたいよーーーー

 

どっこいせーーー

 

 

よゆうっす

 

 

 

 

かえってきて
いつものさんぽにいきました

いっぱいはじめてのことがあったよ
どきどきしたこともあったけど
いっしょにいっぱいあそべてたのしかったな

いいこにするから
またつれてってね

 

じーな

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!

本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

オレ流のショーバイ、SHOW BY。

こんなこと滅多にないんですが、今月は『数物仕事』(同じものをたくさん作るコト)で1ヶ月終わってしまいそうな予感。。。

無心になってやればいいのはわかってるんですが、なんだかモチベーションが上がらない今日この頃。

 

ま、要は数物仕事は好きじゃないってこと(笑)

 

たまたま知り合いに頼まれた仕事が2件。
某ゆるキャラのキーホルダー作り、と、靴職人をやってる仲間から頼まれた靴ベラ作り。
そして今月末から始まる自分の夏期講習のキット作り。

この7月、ボクが唯一信じてる星座占いによると。
『意外な経緯で新しいミッションがガツンとスタートしそう。』
とのこと。

 

ホンマかいな(笑)

 

 

今週は『(この仕事を)続けていくために』、強いて言えば『商売としてやっていくために』みたいなことを改めて考えさせられる出来事がありました。

 

先日、知り合いの若い職人さんがアトリエに遊びにきてくれました。
その彼とは以前から知り合いではあったけど、ゆっくり二人で話したことはありませんでした。
自分が抱いていた彼の印象は『物腰柔らかでおとなしい』。
でも程なくして、この印象はまったく違っていたことに気づくことになります。

 

『金にならない仕事はやりたくないんすよね』

 

その一言でまるで風向きが一気に変わって、バーンと真反対の方向を向いた風見鶏のように、『あれれれれれ???』と自分の気持ちがひっくり返りました。

なんだかこんな体験は久しぶり。

若干自分の中に『イラっ』としたものを感じましたが、そこはもう41歳ですから(笑)
自分の意見は置いておいて、もう少し話を聞いてみることに。

 

『なるべくラクして儲けたいんです。自分はずっと現場に立ってるのはイヤだし、誰かにやらせて早く一線から抜けたい。』

そう語る彼の目は本気そのもの。
じゃあどうやってその状態に持っていくのか。
彼の話を聞いてみると、フム。。。これがなかなかよく考えている。
『ナルホドね〜』って思わず言ってしまうこともチラホラ。

『ラクしたい』『自分は動きたくない』『たくさん儲けたい』

彼から発せられる言葉はなんだか乱暴でイヤな気がしたけど、最小限の労働(もしくはコスト)で最大限の儲けを出す、という筋が一本通ってることに気づくと、なんだか平手打ちを食らったような気分になったのです。

ナゼかというと、自覚があるから。
そういう『商売の能力』的なものが自分には欠けている…と。

 

さらに彼は続けます。

 

『この業界で独立しても、ほとんどの人がやめていくじゃないですか?
自分が知っている限りそういう人たちには共通点があって。
それはみんな『いい人』なんですよね。
安い仕事だったり、求められてるからって全然儲けが出ない商品を作り続けたりして、結局自分の首を締めちゃう。
“儲け”を出すために、続けていくためにもっと真剣に、もっとドライにやっていかなくちゃ続けていけないですよね。』

 

何度も交差する“確かに…”と思う気持ちと、“う〜ん…”と思う気持ち。

 

自分の周りにも商売が軌道に乗っている友達や仲間はいっぱいいます。(自分は軌道に乗っているとはまったく思えていない(笑))
でもその中にこの彼と同じ信条で仕事に励んでいる人は…一人も見当たりません。

何事にも当てはまることだと思うけど、本当の意味での『正解』ってないような気がします。
この業界を去っていった人たちも、誤ったというよりか自分の心に従った、のではないかと思うのです。
それが正解だったか不正解だったのかはその人が決めることだとは思いますが。

 

正直自分は彼ほどドライに商売をしていくことは無理です。
そりゃムチャな仕事は断りますが。(過去の経験も踏まえて)
やったことないことでもお客さんの要望にはなるべく応えたいと思うし、生徒さんの希望にもなんとかして寄り添って手伝いたいと思う。
その一連の“仕事”には儲けがついてこないかもしれない。
でも、そのお客さんや生徒さんの“気持ち”がついてきてくれれば。
儲けを出すより、もっと大きな何かを得られる気がするんです。自分は。

 

彼は彼、自分は自分。

 

そう思えばいいのはわかっていますが、なんかそんな簡単に片付けてしまうには惜しいような。
自分を見つめ直すいい機会になった気がします。

それでも数年後

 

『彼(バンディ)はいい人だったけどね。。。今頃どこで何やってるんだろうね?』

 

な〜んて言われないように、モチベーション上がんないとか言ってないでとりあえず目の前にある数物仕事やっつけまーす(笑)

 

 

 

【今週の看板娘】

いよいよ今年は初めて実家に連れて帰省してみようかと!
楽しみと不安がグルグルしてる飼い主をよそに、ボールを追いかけ回すことに大忙しな毎日です(笑)

 

 

 

〜〜〜夏期講習のお知らせ〜〜〜

追加の追加日もいよいよ最後の1席になったようです!
今年もたくさんのお申し込みありがとうございます☆
キットの準備も鋭意製作中ですので、最後お一人のご縁をお待ちしております!

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!

平日お勤めの方【土曜日にまだ余裕があります】!
本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

酒とジュースと仲間とお腹と。

『A small step is fine. The small step will change your life.』
〜小さな一歩でもいい。その小さな一歩があなたの人生を変える〜

先日思いつきで作ったレザープレート。
いい風合いのオイルレザーに、自分が好きな言葉を活版刻印で入れてみました。

どのアイテムに付けるか考えていると、思い浮かんだイメージが一つ。

 

…….
その人は慌てていた。
もう約束の時間まで幾分もない。
玄関へ小走りで向かうと、ふと忘れ物に気づいた。
『ヤバイヤバイ。』
普段から何をどこへ置いたか忘れがちな自分に嫌気がさし、大切なものは必ず定位置に置こうと決めたので、迷わず駆け寄る。
そこには先週浅草の革製品のお店で買った、お気に入りのトレー。
探し物はすぐに見つかった。
それをガシッと掴みとると、ふと目に飛び込んでくるトレーに刻まれた言葉。。。

『ヨシっ。』

そう一言だけつぶやくと、梅雨空の下へ歩みを進めた。
…….

 

ま、イメージというか、完全に自分のノンフィクションですわ(笑)

SNS をみて、早速買いに来てくれました〜。

 

プレートがホンマのアンティークになるまで使ってやってくださいね!
ありがとうございました♪

 

 

 

さて

 

今週は半年に一度のお楽しみ、バンディの革仲間の皆さんとの暑気払いでした!

最初に始めたのは6年前。
初回はたったの3人でした。

 

それが今や20人を超える人数になり、12回を数えるほどになりました。

 

 

毎回のお店選びも大変だけど、いいお店を見つけてみんなが喜んでくれた時はやっぱり嬉しいです♪

 

最初は和気あいあいと始まりつつも、だんだんお酒が入ってくると熱いトークもチラホラ。。。

 

厚くなったお腹にビックリする人もチラホラ(笑)

 

誰も頼る人もいなくて、右も左も分からないまま飛び込んだ革業界。
今ではこんなにたくさんの素晴らしい仲間に囲まれています。
好きな仕事でやっていけるのはもちろん嬉しいけど、何かのご縁で繋がったこの仲間こそ本当にかけがえのない財産です。
みなさんそれぞれの仕事を抱えて本当に忙しい方ばかりなのに、いつもいつもこの会に参加してくれてありがとうございます!!
また今度は半年後の忘年会(ヒエーッ(笑))に“ 元気で ”集まりましょうネ!!

 

 

【今週の看板娘】

かまってもらえないとソファの裏から顔を乗っけてふてくされポーズ。
何か訴えてるんだろうけど、残念ながら毎回笑える(笑)

 

 

 

8月にやらせてもらうミシン仕立ての夏期講習ですが、両日とも満席となりました!
ありがとうございます。
ただいまさらに追加日を検討中ですので、決まりましたらまたお知らせいたします。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!

平日お勤めの方【土曜日にまだ余裕があります】!
本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。