デザイン考察。

あれば便利なのはわかっているのに、ついつい後回しになった挙句に忘れ、また同じタイミングで思い出す…。
そういうものって誰でもありますよね?

ボクの場合は『ミシン針ケース』でした。

自分がレザーアイテムを作るとき、ミシンの針をよく変えます。
工業用ミシンをお使いの方はご存知だと思いますが、針のメーカーは2種類、さらに太さ、形状などいろんなバリエーションがあります。
要は『何をどんなステッチで縫いたいか』によってセレクトしますが、ウチの場合ステッチのスタイルは決まっているので、あとはそのステッチをどんな革の種類、厚みでも安定して出せるか。
そこがポイントになってきます。

そのために選ぶのは最低でも『メーカー』と『太さ』。
それだけで自分の場合は6種類あるので、それがすぐにパッと手に取れるようにしたいなぁ〜って、ズ〜〜〜〜〜っと思ったまま放置プレイ(笑)
で、先日ちょっと手が空いたタイミングで『そうや!』と思いついて、やっっっと作りました。

 

ビックリするほど大したものではない(笑)
でもこれでビックリするほど針を探す煩わしさから解放!
『なんでもっと早く作らなかったんだろう…』って一万回ぐらい思いました(笑)

ミシンをやってる方は早く作ったほうがいいですよ〜(←エラソーに(笑))

 

 

さて

今日はちょこっと教室のお話。
バッグやお財布を作る上で、大切でもあり、ちょっとデリケートなこと。
それは『デザイン』に関してです。

世の中には本当にたくさんのモノが存在します。
そしてそのほとんどにおいてデザインという作業がされています。
でも『わぁ〜!これスゴいデザインだな!』って普段生きている中で感じることって…どれぐらいありますか?
実はほとんど意識されていないのが現実だと思います。
しかし必ずと言っていいほど、そのモノは誰かによってデザインされたものであることに間違いはありません。
アイデアやカタチのデザインが頭の中に浮かんでこそ、それを可視化することによって現実として誰かに見てもらったり、手に取ってもらうことが初めてできるわけです。

最初に書いたように世の中にはたくさんのモノが存在し、この革業界の中にもバッグや財布のデザインが無数にあります。
ボク自身の実感としては『全く新しいデザイン』を生み出すことは相当に困難なことであると思っています。
ある意味、自分のようにクリエイトしたものをモノづくりで表現していくことを生業としている人間にとって、この『0から1を生み出す(デザインの一番初期段階)』ことがどれだけできるか、がとっても重要であることは断言できます。

ある程度モノづくり、ひいてはボクと同じような革の仕事でやっている方にはわかってもらえると思いますが、この『0から1を生み出す』という作業がどれだけ大変なことか。
きっと全ての人ができることではありません。
だから『デザイナー』という職業が存在するのだろうと思います。

 

ボクの幼なじみに東京でグラフィックデザイナーをやっている男がいます。
彼は名だたるアーティストを顧客にもち、まさに第一線で活躍するデザイナーです。
そんな彼に自分は幼なじみであることをいいことに『ウチのロゴをデザインして〜』なんて気軽に言うと『おーええよ!』と二つ返事で快諾してくれました。
そして当日、彼の事務所に行き、自分なりのイメージを伝えたり、彼のアイデアを聞いたりしながら作業を進めていくと、自分の中で『あららら??』と沸き起こる、なんていうか…やってもーた感。
彼はベースになるフォントを一文字一文字デザインし直し、さらには並べた文字と文字の間隔、その字間一つにもなんと『0.1mm』単位でバランスを見始めたのです。
カチッカチッと間隔を延ばしたり縮めたり。
『これでよし』と思っても、10分ほど置いてからさらにチェック、そして修正。
これを延々と続けるのです。

『アカン。これはえらいこと簡単に頼んでもーた…。』

作業を進めるほどに申し訳なさが膨らむ。
『よっしゃ、これでええんちゃう?』と言いながら、彼が見せてくれたのがこのロゴでした。

 

もう感動して、『めっちゃええやーーーーん!!』って叫んだのを覚えています。
今では当たり前のように使っているこのロゴですが、実はこんな一流のプロに作ってもらった裏話があったのです。
そして『デザインする』ということのスゴさ、大変さを心の底から実感したのはこの時が初めてだった気がします。
このロゴはボクがこの仕事を続ける限り、大切に大切に使わせてもらいます。

ちなみに。
よく『なんでタツノオトシゴなんですか〜?』って聞かれます。
これは単純にボクが『辰年』生まれであることと、タツノオトシゴが『安産のお守り』であることから、たくさんいいアイテムが生み出せるように…という思いを込めて。
そして『i』だけが赤なのは、『i =私(私だけの)』と『i =愛(愛着)』という2つがスローガンにかかっているから。
ということからです。

 

なんか本来書こうと思っていたこと(教室内でのデザインの話)が全然書けていない…来週に続く(笑)

 

【今週の看板娘】

五右衛門に似てきた(笑)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

もう2018年ですよ。

先週、
『今年最後のブログです』
なんて書いてたのが懐かしくなるぐらい、あっという間に新年です(笑)

改めまして。
新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

先日、廃人製造機(コタツ)にやられっぱなしのお正月休みから帰って来まして、お嬢の散歩始めをしてますと、雷門のあたりで何やらヒソヒソと聞こえてきたこんな一言。

『あんなおっきい犬、見たことないねぇ〜」

めずらしくレオンベルガーでもいるのかと思い浅草寺に向かって歩いていくと…

 

これのことかい!(笑)

おとーさんソックリやんかと思ったら…ちゃんと下の方に携帯会社のマークが。
いや〜面白い。
こういうありそうでなかった、意外やけど当然、みたいなアイデアを今年もいろいろと発想できたらな〜って新年早々刺激もらいました。おとーさんから(笑)

 

今年はどんな年にしたいですか?

ってな質問に迷わず答えることができたら、なんかカッコええ気がします。
自分は『未来につながる一年にする』でしょうか。
というのも、どの占いを見ても“ガマンの年”とか“勉強の一年”みたいな耐える的なことばっかり書いてあって…
っていうのは冗談半分で(笑)

でもなんとな〜く自分でもそんな一年になりそうな予感アリアリなのです。
いろいろと新しいことも考えていますが、まずは去年から始めたことの地盤をしっかり固めること。
そんな気持ちが一番根本にある気がするのです。
決して人と比べることなく、目標と今の自分の間にあるものだけを意識して自分らしく進んでいけたら。
またこの一年後、『ええ年やった!』って振り返れるように。
ボチボチやっていきたいと思います。
そしてまたステキなご縁に巡り会えますように。
2018年もQrinafをよろしくお願いいたします。

 

【今年初の看板娘】

気に入ったのでまたヒツジにしてみました!
戌年なのにねぇ(笑)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

2017年の終わりに。

いつもの散歩道。
身を切るような寒さの朝、寒椿がキレ〜に咲いております。
最近のスマホはホントにキレ〜に撮れます(笑)

 

そして浅草寺。
すっかりお正月モード。
仲良くさせてもらってるお店の方に聞いたら、元旦と2日はこの仲見世がギッシリ人で埋め尽くされるそうです。。。
考えただけでゾッとする^^;

浅草に住んで5年目になりますが、よく考えたら浅草寺に初詣は来たことがないのでどんなに人が多いのか知らないんですよね。
ワタクシ『伊勢っ子』ですので、初詣は伊勢神宮じゃないと年が開けた気がしないもので…。
大晦日が楽しみデス♪

 

 

さて

 

今年もいよいよあとわずか。
そんな中、お店に一本の電話が。
聞くと以前ミンネでウチの【Alfred】お買い上げいただいたそうで、掛が悪くなったホックを直して欲しいという内容でした。
もちろん快諾し、程なくして届いた財布を見てビックリ。

明らかにこのお客様の“色”に変化し、ツヤツヤになったその表情は、感動すら覚えるほどの美しさ。
自分の手元から嫁いで行ったこの子はたくさんの愛情を注いでもらい、立派に成長しておりました。
そして財布に添えられた一枚のメッセージが。

『新しく財布を購入することをためらってしまう程、愛着をもって使用しておりました。』

身体中の力が抜け、思わず目頭が熱くなってしまう程、とてもとても嬉しい一言が添えられていました。
『この仕事、やっててよかった〜』って思える出来事で今年一年を締めくくれて、本当に良かったです。
また来年も愛着をもって末長く愛用してもらえるアイテムを生み出せるよう頑張りたいと思います!

 

そして去年もやりましたが、バンディ的今年の漢字は…『変』

教室が始まったり、アトリエの改装をしたり、厄年に突入して体調が変化したり…
いろんなもの、ことが変化した一年でしたっ。
実は来年にも大きな変化はあるのですが…。
それでも無事に一年が終わり、また新しい一年の始まりを穏やかに迎えられたらと思います。

2017年
大切な友達や仲間
ご縁あって出会った方々
仕事で関わった方々
そして拙い文章のこのブログを読んでくださった皆さん

本当に有難うございました。

また来年も自分らしくやっていけたらと思いますので、どうぞよろしくお願いします。
良いお年をお迎えください。

Qrinaf 代表 バンディこと須川豊澄

 

【今年最後の看板娘】

来年もまたたくさん遊んでください♪

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

自分マークを付けろ。

毎週日曜日の夜に更新してきたこのブログも、2017年はあと2回を残すのみとなりました。
本当に一年ってあっという間ですね。

年末といえば忘年会。
先月末から立て続けにあった忘年会も、先日いよいよフィニッシュを迎えました。
実はワタクシ、見た目ワイルドで巨漢であるにも関わらず、お酒が一滴も飲めません。
その昔、一番最初に勤めた会社は『飲んでナンボ』のガッチガチの体育会系。
飲み会の予定を言われるたび、その日までズーーーっとブルー。
当日は動けなくなるまで無理矢理飲まされたものです。
今の時代じゃ考えられませんが(笑)

ほどなくして無理矢理飲まされるようなこともなくなる年齢になり、基本的に人が好きな自分は男女問わず相手に興味を持ったら自分からゴハンによく誘わせてもらってます。
そうしているうちにふと気づいたことがありました。それは
『男同士で語り合う時は、お酒がないと本音を聞き出しにくい』
ということ。

それはお誘いするところから始まります。
『あ〜、この人ともっと話がしたいな〜』って思ったとします。

『今度ゴハンでも行きませんか?』
飲めない自分はどうしてもこの文言になってしまします。
でもこれ、ちょっと怪しまれますよね?特に男同士だと(笑)

『今度一杯やりませんか?』
密かに憧れのフレーズ(笑)
絶対こちらの方が『いいですね。行きましょう。』ってなりやすいと思うんです。

でもとにかくお誘いできたとします。
やっぱり違うんですね〜話の内容が。
普段飲めないことを『酒のない人生もいいもんだ!』なんてリチャード・ギアのセリフを受け売りにしている自分も、この時ばかりは悔しい思いをしたこともありました。
しかし、そんなことずっと思ってても仕方ない。
バンディ、41歳。

お酒の力なんて借りなくても、立派に酔っ払いさんとコミュニケーション取れるようになりました(笑)
最後の忘年会は、今年から仲良くさせてもらったコチラのダンディなお二人と。
笑いが止まらないステキな忘年会でしたっ♪

 

 

さて

前置きが長くなりましたが。
今日はクリスマスイブということで、クリスマスプレゼント用にいくつかオーダーいただいたアイテムの中からコチラをご紹介。

旦那さんへのプレゼントでオーダーいただいた、二つ折り財布【Monica】。
旦那さんの希望は“変化して行く革”であることと、“名前を入れて欲しい”ということ。

『自分の持ち物に名前を入れる』
子供の頃は当たり前のことでしたが、だんだんと歳をとるにつれその習慣はなくなりつつあるように思えます。

 

でも自分はとってもいいことだと思います。
いくらオーダーしたこの財布だって、革の指定だけなら全く同じもの。
しかしそこに名前を入れることによって、“自分だけのもの”に初めてなるわけです。

もちろんシンプルなものもいい。
無印だってニトリだっていいものはたくさんあります。
でもそれに自分だけの“何か”を付け加える。
それだけで人生が充実する…とは言い過ぎかもしれませんが、自分なりの何かをちょっと付け加えるだけで自分だけが『ふふふ。』って思えたら…なんか幸せな気がします。

そんな気持ちにQrinafのアイテムが寄り添えたら。
この仕事をやってきた甲斐があった、っちゅーもんですかね(笑)

 

 

【今週の看板娘】

クリスマス?
それって美味しいんですかぁ??

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

夜、東京にて。

pm 6:29  『困ったなぁ〜。』

いつのことかは忘れたが、そんな遠い過去ではないある夜のこと。
言葉にはならなかったけど、心の中で自然と呟いた一言。
もう今は現金を持ち歩かなくてもいい時代になった。と、テレビの中のいかにも物事を知ってそうな男性が勇ましく言う。
するとキャスターの女性が『でもまだ日本は現金主義だから…』と、少し庶民派寄りなコメント。
それもわかる気はするが、ちょっと流れについて行けなくなってるんじゃないの?なんて意地悪な視聴者の自分。
若い頃は最新のものをそれこそスポンジに吸われていく水のごとく吸収したものだ。
しかし今思えば、まだまだ不安定な若い自分を誇示するための“条件”のようなものだったのかもしれない。。。
少し話が逸れた。
『現金を持ち歩かない』=『財布が必要なくなる』
我が仕事の未来は明るいのか?
チラッと不安が心をタッチして、その時呟いた一言を思い出させた、人が不要になった改札の『しっかりタッチ』。

 

pm 6:53  『どうやって買ったのだろう。』

付き合ってきた年数はなんとなく思い出せた。
約20年…だと思う。
欲しくて欲しくて手に入れたのに、当時を振り返るとまるで虐げるようにこの靴と接していた気がしてならない。
一つのヒビ割れに目がいく。
なんでこうなる前に手入れしてあげなかったんだろう…
後悔にも似た気持ちがふと、よぎる。
最近になって、自分の商品を買ってくれたお客さんから『手入れはどうしたらいいですか?』と、聞かれるようになってきた。
自分は革を人の皮膚に例え、やれ掃除が大事だ、潤いが大事だ、などと言う。
もちろん間違ってはないのだが、その言葉はもしかしたら自分の『後悔』から発してるのかもしれない。
『痛んでからでは遅いんですよ。』
ハタチになるこの一足の靴から聞こえるようだ。
それにしても思い出せない。
キミはどうやってボクのところに来たのですか?

 

pm 7:14  『ちょっと待った!』

『会社の人間関係で悩んでます。どーしても苦手な人がいるんです。どーしたらいいですか?』
いつも金髪がトレードマークの有名なタレントさんが、誰かから送られて来たであろう、本人にとってはとてもとても深刻な悩みを綴った手紙を読むとこう言った。
『人間関係ってさ、ぜ〜んぶ良好だったらつまんないよ。きっと。たまに『あ〜この人苦手だな』って言う人の存在が、ある意味人間関係の“スパイス”なんだよね。そのピリッとしたスパイスがあるからこそ、全体の人間関係が味のあるものになっていくんじゃないでしょうか。だからそういうこともひっくるめて、深〜い味わいのある人生を送ってくださいな。』
自分にとって、その人が存在することで実害があれば話は別だが、この話は自分自身の人との付き合い方に大きな影響を与えた言葉だった。
もう10年以上前のことだろうか。

『出会いがあれば別れもあるよ。』
誰しもが一度は言った、もしくは言われたことがあるこの言葉。
そんな、人との関わりについてもっともポピュラーな、もっと言えば“人とのご縁の極意”のような言葉に、『ちょっと待った!』とブレーキをかけてくれる先の言葉で、また生まれる何かがある。
いや、実際にあった。
そして今も自分に訪れ続ける“出会いと別れ”。
ときに“別れ”は慎重に、しかし避けられない時はさりげなく。
自分の中に渦巻く何かがあっても、それは自分の中だけに。

 

pm 10:26  『寒いのは外か?中か?』

自分とはなんだろう?
自分らしくとはどういうことだろう?
小さな画面をいくら見つめたって、そこに答えはない。絶対。

『いいね!』その数には全く意味なんてなくて。
『お疲れ様でした!』そのコメントで絆が深まることなんてなくて。
そんなことより『よかったね』『お疲れだったね』と、大切な誰かにかけてもらうその一言がどんなに暖かいか。

防寒機能がない人間の体は服を着る。
防寒機能が衰えた人間の心はSNSで暖をとる?
いっとき暖かくはなっても、その冷めるスピードは計り知れず。
所詮、バーチャルだもの。

 

pm 10:31  『東京の午後、10時31分。』

きっと、日本のどこにいたってこの瞬間は、夜の10時31分なんだろう。
小さな箱に揺られ、それぞれの行き先へと向かう人々。
ボクのわずか10cm前に立っている男性は、一生懸命に指を動かしている。
誰かに何かを伝えてるのだろうか?
忘れてはいけない何かを頭をフル回転させて覚書してるのだろうか?
そんなの知ったこっちゃないけど、ボクもこの人も、東京で生きている。
でもボクは知っている。
きっと10年後…もしくはそれまでのうちに、ボクはここにはいないであろう、と、いうこと。
今はただ、ボクもこの人も、東京で生きている。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんだかムショ〜に文章が作りたくなって、長々と書いてしまいました。
特に意味はありませんので悪しからず(笑)

 

 

【今週の看板娘】

パトロールご苦労さま♪

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

しゃべくり7…days。

“カワイイものがお好きなんですね!”

ってよく言われます。
こんなゴツい男がなんでやねんとお思いの方もいらっしゃると思いますが…メチャ好きなんです(笑)
いつ頃からそんなことになったのか定かではありませんが、物心ついた頃には…って言っても過言ではないほど昔から。
良くか悪くかその甲斐あって、今自分が作るレザーアイテムに“どこかちょっとカワイイ”雰囲気を感じてもらうことができれば、自分の生み出すものに“一貫性”がある、と証明できたようで嬉しい気がします。

それは製品以外にも言えること。

わかりやすいのは店づくりですが、こんなことにも。
これはお買い上げいただいた製品をショッパーに入れて、その口を閉じるためのタグです。
ただの荷造り札にコーヒー染めをしてアンティーク加工し、ゴムハンコで文字を押して、針金を赤い紙紐に付け替えたもの。

“こんなこと良くやるナァ〜”

って声が聞こえてきそうですが…好きなんですよねぇ(笑)
きっとお客さんはお家に着いて、ショッパーを開けるときに外されたこのタグのことをほとんど気にとめることはないかもしれません。
ただ、自分の知る限り、いいお店やブランドほどこういう細かいところがいちいちステキだったりします。
自分の店がそんな誰かのお気に入りになれたら…
な〜んて妄想しつつ、今日も大きな体を丸めてせっせとこしらえマス☆

 

 

さて

今週はいろいろとありました!

が!

ほとんどのイベントにおいて、ほぼ写真を撮っていないという凡ミス。。。
とはいえ、東京レザーフェアと忘年会が3回ほどあったということだけですが(笑)

そんな中、今週はよーーーーーく喋った気がします。

レザーフェアでは新しい革について説明聞きまくり〜の質問しまくり〜の。
その後一緒に行った先輩職人さんと居酒屋で5時間も激論し〜の。
次の日の忘年会では、敏腕オバちゃん会計士さんと海外から革を引っ張ってるインポーターさん、姫路のやり手タンナーさんたちと時勢を切りまくり〜からのディープ革談義。
さらに次の日の忘年会は、20年ぶりに再会した高校の同級生と“今だから話せるあんなことやこんなこと”で、あっという間の4時間。。。などなど。

唯一撮った写真は

 

高校の時のノリそのままの悪ガキ3人の写真だけでしたっ(笑)

新しい友達は幾つになっても作れるけど、ガキの頃の時間を共にした友達は今からは作れません。
毎日生きてりゃ離れて行ってしまうご縁もいくつかあるけど、またこうやって繋がるご縁もある。
今年もあとわずかではありますが日々前向きに、ボチボチ進んでいけたらと思います。

健康第一でね♪

ってシメがなんかおじさんっぽい(笑)

 

 

【今週の看板娘】

毎日行われる、『超〜日本の風景』と『超〜洋犬』のコラボレーション。
いよいよ“ひつジーナ”なんて呼ばれるようになりました(笑)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

冬が楽しみになるようなバッグ。

いよいよ12月に突入しました〜。

『もう1ヶ月しかない…』
と、思うか。
『まだあと1ヶ月ある!』
と、思うか。

…ま、どっちでも一緒かな(笑)

正直…毎年個人的には“明石家サンタ”しかそれほど興味がないクリスマスですが、お店はちょこっとクリスマスモード♪

 

造花作家さんに作ってもらった、とってもお気に入りのクリスマスリース☆
これを飾れるのが楽しみの一つ。
近所にはクリスマスの飾りや電飾もチラホラ。。。

でも毎日の散歩コースは、そんな雰囲気はどこへやら…

 

まさかの賀正(笑)
仲見世全部が完全にお正月モード!

 

ちょいワル顔の招き猫がお気に入りデス♡
キラッキラのクリスマスもいいけど、浅草にお越しの際はお気に入りのお正月飾りを見つけてくださいネ!

 

 

さて

おかげさまでオーダーに追われ続けた2017年でしたが、やっと冬バッグも作ってみました〜。

先日訪れたスペインで出会った、フワッフワのラビットファー。
贅沢に一枚丸ごと使って、定番のポシェット【Charles(シャルル)】をベースに製作しました。

毛足が長く、極上の手触りのラビットファーは、何気ない瞬間にも思わず手が伸びる心地よさ。
その触り心地はこれからの季節にあったかくて幸せな気分にしてくれます。

 

ファーのフォルムは自然のままを生かし、まるで遊牧民が持つワイルドなバッグのイメージで。

 

組み合わせる牛革も少しワイルドなイメージなものをセレクト。
革の切れ目に少し焦がし加工を施して、何百年と使われたクラシックソファのようなニュアンスをプラスさせました。

 

内装はシックなパープル。
ほんのり入った花柄が、クラシカルな雰囲気といいマッチングです。

 

ファーであっても甘すぎない、モノトーンになりがちな冬のコーディネートに個性的であったかいワンポイントを…
そんな思いでリリースいたします。

製作数は3点のみ。
クリスマスプレゼントや、ご自分へのご褒美にいかがですか?

【Charles】
size : w23 h17 d3  cm
price : ¥34,000-(税別)

 

 

【今週の看板娘】

『キャーッ!ヒツジみたーい!』
って、散歩するたびに10回は言われます(笑)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

出張ワークショップ in 吉祥寺。

毎朝の定点観測。
鮮やかに色づいたイチョウも徐々に葉が落ち、いよいよ冬の訪れ。。。

そんな中、アツい出張ワークショップをやってまいりました!

 

お散歩に使える、ミニポーチのレザーワークショップです。
今回は全員で8名さまからお申し込みをいただいきました!

 

しかも聞くと全員レザークラフト初体験!
期待と緊張が自分の中で勝手に膨らみます(笑)

 

 

ほとんどの方が愛犬連れでのご参加。
もっと騒がしくなっちゃうかな〜って思ってたんですが、一日中だ〜れも“ワン!”の一言なし!
みんな良い子で待ってたね〜

 

 

 

 

 

早速自分なりのワンポイントを入れる人も!
これが自分で作ることの醍醐味ですよね♪

 

おとなしくしてたね!エライエライ

 

3時間の作業時間があっという間!

 

みなさん無事に完成しました〜!

 

腕(足?(笑))なんかかけちゃってかわいいのぉ♡

 

みなさん自分じゃなくてまずワンちゃんにかける発想がサスガです(笑)
お疲れ様でした〜

このように各種レザーワークショップの出張もいたします!
初心者の方でも手軽に楽しんでもらえるよう色々と考えておりますので、ご相談ください♪

 

 

【今週の看板娘】

や〜っっっと体調もよくなってきたので、久々にお色直し☆

 

そんな顔してももう遅い(笑)
大丈夫!黒ヒツジ、カワイイぜ♪

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

人それぞれの思惑に。

朝の散歩は、ヒートテック着用がすっかり日常化したバンディです。

行く道には短かった秋を通り越して、着実に冬支度する木々たち。

ウチのシンボルツリーも

日に日に減っていく葉っぱを見ては、ちょっぴりおセンチな気分。
ちりとりに集まった葉っぱを見ては、ちょっぴり焼き芋な気分(笑)

ま、東京に住んでる限り無理かー。

でもど〜しても食べたくなって、レンジで簡単に美味しい焼き芋が作れる方法をクックパッドで検索ぅ♪
まぁまぁ美味しかったです(笑)

 

 

さて

教室がアトリエに来てからしばらくが経ちました。
みなさんようやく迷わずに来れるようになったようです。
ちょこちょこ新規さんのお申し込みもいただき、いよいよみなさんバラバラの進み具合になってきました。

 

 

 

 

みんさんそれぞれに思惑があります。

モノづくりで食べれるようになりたい!
とか
本業が忙しいから、息抜きで続けたい!
とか
老後の楽しみとして、少しでも足しになれば!
とか。

理由はホント、なんでもいいと思います。
ただ自分が願うのは“続けて欲しい”ということ。
ウチの教室にずっといて〜ということではなく(笑)
今の自分の技術に“お〜!”ってみなさん言ってくれますが、自分だって最初は小さな小物を手縫いでチクチクと作っていたものです。

ただそれを10年続けただけ。

みなさんそれぞれの思惑を現実にできるように、少しでもお手伝いできたらなと思います。

 

ちなみに
今のところ生徒さん全員“ミシンコース”です。
革用ミシンの教室は数少ないですので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!

出張ワークショップもやっております!

いよいよ今週になりましたコチラのワークショップ。
あと2席ほど空いているそうなので、奮ってご参加ください。
なお、このワークショップへのお問い合わせは上記のお店に直接行っていただけると助かります!

 

【今週の看板娘】

テレビの“シン ゴジラ”を観て、固まっておりました(笑)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。


 

 

You、ブンブンしちゃいなよ。

いよいよ11月になりました〜。
今年もあと2ヶ月。
それもあっという間なんでしょうね…今までもですが(笑)

暦もそうですが、自分の身の回りも少しずつ寒さへの準備を。

10年目に突入した我が家のアラジン君。
先日知り合った方に“芯削り”なるワザを教えてもらって、早速やってみました。
今までは2シーズンごとぐらいに芯を買い替えていたんですが、そんな勿体無いことをしなくてもなんと炭化した芯の先だけ削ることができるとは…!
まさに目からウロコ。
でもこれ、アラジン君を飼ってるオーナーさんには常識らしく(笑)
10年目で初めて知りました…お恥ずかしい^^;

ついでに掃除と磨きも!
やっぱり手間をかけて、長く使えるっていいですネ〜。
ピッカピカになったので、今シーズンもいっぱい活躍してくれそうです♪
頼むよ!アラジン君っ!

 

さて

先日、友達に誘われていざ千葉の山奥へ。
なんの変哲も無いフットサルコートに着くと、そこに待ち構えていたものは…

 

ドローーーーーン!

しかも結構マジなヤツ。
なんと6キロまで持ち上げることができるとか。

そしてこんな機体も

 

こちらはなんだか可愛らしい♪
“自分だったらシャア専用みたいに赤く…”なんて言ってたら、“革巻いてみたら?”と友達。
それもステキング☆

軽〜くレクチャーを受けて

 

バンディ、行きまーす♪

もちろん最初は慣れない操作に戸惑いますが…
慣れてくると楽しくて楽しくて!

 

今までもいろいろ操ったことはあります。
それこそ子供の頃のラジコンカーを初め、大人になってからはクルマやバイクなど。
でも自分の操縦で“空を飛ばす”ことは初体験!

 

中には手で操れる機体も!
“バイバ〜イ”と手を振ると、ビューーンと勝手に去っていくんです。
さらには決められたポーズをすると、写真まで撮ってくれるという…。
ワクワクが止まらないっす(笑)

 

3時間の体験後

“みんなで買って、撃ち合いでもしようぜ〜”

な〜んて子供みたいに盛り上がってたら、スタッフさんが

“本当に戦争で撃つために開発されたものなんですよね〜…元々は。”

の一言で、一瞬凍りつく我々。。。
ま、大人の趣味として楽しくやっていきましょに^^;

って、そんなおいそれと買える機体じゃないけどねー(笑)

 

 

【今週の看板娘】

“なんかおっきくなったねー!”ってよく言われるんですが、単に毛が伸びただけ…
正面からのシルエットが、ダースベイダーか大木凡人のようです(笑)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

このエーラウンドの期間中にも、レザークラフトに興味があるたくさんの方にパンフレットをお持ちいただきました!
『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多かったのですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学にいらしてくださいね!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。