リアル大人になってみると。

Tシャツが大好きです。
昔から散々買ってて、1〜2回しか着ないでお蔵入り〜なんてのもザラにあるので、今はパッと見たときに、本当にグッときたものしか買わないようにしてます。


それで今週、グッときたので1枚ゲット。



イラストもとっても好みなんですが、さらにグッときたのがそのメッセージ!


『心の声のボリュームを上げて行こうぜ!』


っていう意味らしい。
さらにそのメッセージとイラストが左胸(心臓の上)にあるっていう演出がニクい。
いや〜グッときた。



実はこのTシャツ、バンディの地元伊勢にあるオーディオショップのもの。
若い頃足繁く通ってたけど、値段を見ては『買えね〜なぁ〜…』ってトボトボと帰ってたのを思い出します。

今となっては自分もいい大人になって、


『大人って楽しいぜ!!』


なーんて言ったり思ったりする時もありますが、そういう時はたいがい昔の子供心を今の財力でねじ伏せちゃって、満足してることが多い気がします。



でも最近は…ちょっと違ってきた。


周りにとても大切な誰かがいてくれること。

誰かの成長が自分のことのように嬉しく感じたこと。

自分の仕事が誰かを幸せにできてること。


そいういことが『楽しいナァ』って思い始めてる自分がいます。



こうやって丸くなっていくことが歳をとってる証拠かもしれませんが(笑)
でも….これって悪くない。ゼッタイに。



ザッと降る大雨を見ながら、そんなことを考える44歳の梅雨。



とはいえ、グッときたTシャツ見つけたら財力ブン回して買っちゃうけどねー(笑)




今週はマクラだけ書いて満足しちゃったので、これにて終わり。






【教えるフェスタ2021参加者募集中!】

独学では知り得ない知識や技術を知れる講座が盛り沢山!
作家としてもうワンステップ上がりたい方、必見です★
ぜひお申し込みお待ちしています。

詳しい内容・お申し込みはサンプル師が教えるバッグ教室の告知記事をご覧ください。




【今週の看板娘】

散髪してサッパリんこです♪




【今週の教室風景】

水曜夜の風景。
なんだか女子校のような賑やかさです(笑)



【レザークラフト 教室のご案内】


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。


西からの使者。

このまま梅雨入りするのかと思いきや、なんだかい〜いお天気が続いている東京です。


先日の朝の散歩道、犬コロにこっちこっちと引っ張られて進んだ道すがら、この時期のお楽しみに目を奪われて思わずパチリ。




アジサイがと〜ってもキレイに咲いてました。

アジサイの色はその土のpHで決まると言われてますが…
真っ青な横にどピンクがあったりでなんのこっちゃ(笑)

でもこの色とりどりな花たちが、なんだかジト〜っとしがちな空気や気持ちを爽やかにしてくれますね♪
日本の四季って本当に素晴らしいです。





さて





今週は大阪から二組、アトリエを尋ねてくれました。




まずは大阪の革問屋に勤める後輩。
前はよく会ってましたが、本当に久々。

毎回最新の革事情話で盛り上がるのですが、今回見せられたのがこの革。
何の革かわかりますか??


って、聞くのも野暮なんですが…
実は合皮。


正直、最近の合皮は製品になってしまってたら見分けがつきません。
見分けるには切り口を見ないと。
まぁ〜とってもよくできてる。

しかし本当に驚くのはそこではなく、この合皮の原材料がなんと“リンゴ”!!
もう一度言います、リンゴですよリンゴ!!
もう何がどうなってこの合皮ができるのか、まったく理解不能です。
手触りや見た目はフツーに合皮です。


『なんでこんなもん作る必要があんねん!』


って言う先輩に後輩が一言。


『これがサスティナブルですよ』


ハイハイ(笑)







続いて来てくれたのが


サンプル師が教えるバッグ教室の中村先生!
東京に来るのも1年ぶりだそうで。
お忙しい中、わざわざ寄って下さいました。


そして何をしに来たかと言うと…



ムフフ。
近日中に公開されるかなー!
どんな感じになったのか楽しみです♪



いつまでもコロナのせいにしてないで(してないけど(笑))、今できることをきっちりやっていかねば!






【今週の看板娘】

エブリデイ元気!!
その楽しいことにまっしぐらな姿勢、見習わなくては(笑)




【今週の教室風景】

今日はSL-700EXのワークショップでした!
ご参加いただいた皆さん、ありがとうございました。






〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼)の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。



やっと時代が追い付いても…。

続いてますよ。

なにがって、今年から始めた





リングフィットアドベンチャー!


コロナ禍でダルンダルンに緩んだ身体にムチ打つため、ヒ〜コラヒ〜コラと夜な夜なハゲんでおります。
その甲斐あってか、ちょこちょこ生徒さんから『先生なんかカラダがスッキリしましたね!』な〜んて言ってもらえるように。
正直、体重はほとんど変わってないんですが、自分でもわかるほどあきらかにカラダは引き締まった気がします。


自分はけっこう“飽き性”だと自負してますが、そんな自分にこのゲームはピッタリ!
それはもう、このゲームは自分以上に飽き性な人間が作ってるやろゼッタイ!と思うぐらいよくできています。
一緒に冒険するパートナー(リング)がゲーム上にいるんですが、これがもうニクい。


さぁ!今日も一緒にがんばろう!


いいぞ!その調子!


無理しないでゆっくり立ち上がろう!


完璧だね!!


そろそろ終わりにしない?大丈夫?



そない優しく言われたらやってまうでしょ(笑)


でも…
基本床の上で裸足でやるから、まずはヒザが痛くなり…
リングコントローラーを強く握るから、手首が痛くなり…
先日は左足を前にグッと踏み込んだら、太ももをビキッといわしました。

あぁ…40代のリアル過ぎたるは及ばざるが如し(笑)

それでも!そんなかんなで地道に続けてたら、自分のレベルがいよいよ100超えまして♪
これからも無理せん程度に続けていきたいと思います!






さて






先日、ウチの漉き機をメンテナンスしてくださった漉き機職人さんから『よかったら使ってみてください』とこんなものをいただきました。


いろ〜んなサイズ・形の漉き機の押さえです。
自分もあまり見慣れない押さえだったので、一つ一つ教えてもらいました。




まずはサイズ違いのこちらの3つ。

なんと“勝手に斜め漉きのセッティングができる”押さえなのだそう。
漉き機になじみなない方はピンとこないかもしれませんが、この“斜め漉き”が慣れるまではなかなか難易度高め。
ウチも生徒さん全員に斜め漉きは教えますが、いざそれをしなくちゃというタイミングになると、み〜んなテンションだだ下がりになります(笑)

そんな難しいセッティングをしなくて済むという、夢のような押さえなのです。




次もこれまたスゴい“ベタ漉き”押さえ。

ベタ漉きとは、革のパーツ丸ごと1枚全体を薄くすることです。
普通の押さえでこの漉きをすると、漉きと漉きの継ぎ目がなかなかキレイに決まりません。(詳しいことは割愛)
そこで、押さえの両端を丸く削って、その継ぎ目にあまり影響が出ないようにするのが定番ですが、なんとこの押さえ、丸くするだけでなく両端1.5mmずつ厚みを削ってあるそうな。
そうすることにより、漉ける幅は狭くなりますが、継ぎ目への影響が最小限になります。

ハァ〜、こりゃスゴい。



そして一番驚いたのがこの押さえ。
段漉きと溝漉きがいっぺんにできるという。
どういうことかと思いましたが、漉いてみてビックリ!
ヘリ返しの折り目の位置にス〜っと一筋の溝が!!
これが入ることで、なんとまぁキレイにヘリ返せること。

もぅ目からウロコが100枚ぐらい落ちました(笑)


そしてなにがスゴいってこの押さえ、すべて金属の塊から一個一個切って、削り出しで作っており、なんと30年前に売っていたんだそうな!

この押さえが生まれた背景もじっくり伺いましたが…..早過ぎたんですね。
今なら欲しい人がいっぱいいますよ!とエラそうに言ってしまいましたが、『もう作る気はない』とのこと。


『バンディさんの方で使ってもらえたら』と渡された、職人さんの技がぎっしり詰め込まれた押さえ。
まったく脚光を浴びることがなくても、こんなに素晴らしい技術を持った職人さんがいるんだということを、もっともっと伝えていくことが、レザークラフト業界の中堅になりつつある自分たちの責任ではないかと、改めて感じました。


じっくりこの押さえと向き合って、使わせていただきます。

ありがとうございました。






【今週の看板娘】

いよいよサマーカットの季節!
ヒツジから卒業しました。
ってか、なんやねんその組んだ手は(笑)



【今週の教室風景】





実は諸事情で6月いっぱいで卒業が決まっているこちらの生徒さん。
それでも慌てずにじっくり取り組んでもらってます。
自分に教えられることはすべて教えますので、悔いの残らぬようやってもらえればと思います!
2個目の課題、お疲れ様でした。




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。


『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシン(職業用ミシン JUKI SL-700 EXでも可能)を使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を切る・縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

教室の内容や、生徒さんの作品など詳しくは教室のホームページをご覧ください!
BANDY’S Leather craft school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

気持ち、フワッと。

『バンディ〜、直せるかな?コレ。』




と言いながら、近所のお友達が差し出したものは



昔、買ってくれたガマ口でした。
とってもとっても気に入って使ってくれてるようで、口金から革が外れてしまったみたい。

『お〜、預かるよ〜。』

なんて言いながら、『どうなの最近?』などとペチャクチャと立ち話。
そうしてるうちに、ふと、気づきました。



友達がフラっと遊びにきてくれて(実際は修理だけども)、こんな他愛もない話するって…なんか久しぶりだな〜って。



ちょっと嬉しくなっちゃって、もう一人いた友達と一緒にドーゾドーゾとアトリエに入ってもらいました。




マスクをずらしてお茶をすすりながら、いろんな話に花が咲きます。

この友達は近所で飲食店をやっているので、『大変だよね』ってその様子を聞いたり。
そしてこの辺りの情報通でもある彼女に街の状況を聞いて、ほぅほぅとなったり。



なんだか、ついこないだまで当たり前だったようなことが、今はとっても特別なことのように感じると同時に、やっぱり直接会って話せるっていいな〜って、しみじみ思いました。



そんな時間を過ごしてると、ひょんなことからその彼女が連れてきてくれたお友達の実家が、ウチの近所だとわかり…
そしてこの後、イスからひっくり返りそうな衝撃の展開になろうとは、この時はまだ気づいていませんでした。



なんだか、悶々とした1年を過ごしました。

やりたくてもやれなかったり
やってみても結果が伴わなかったり
ヤル気になった!って思っても続かなかったり。


そんな一寸先も見えない、立ち込めた霧の中でもがいているような状況で、すごーくすごーく先の方に一点の光がキラリッと見えたような。
このコロナ禍を過ごした1年の中で、久しぶりに心がフワっと躍るのを感じました。




そのイスからひっくり返りそうな衝撃の展開がまだどうなるか全然わかりませんが、先々そのチャンスが自分の手の中に転がり込んできた時、離さずにギュッと掴めるよう、今から握力を鍛えておきたいと思います。




どっかの誰かがやっていることなんて気にしなくていい。


自分だけに咲かすことができる花がある。


人は人。自分は自分。


人は人。自分は自分。






【今週の看板娘】

汚れても気にしなーい!楽しいんだもーん!
いいお手本が目の前にいましたわ(笑)





【今週の教室風景】

まだまだ落ち着かない状況ですが、体験に来ていただいて、教室へのご入会もちょっとずつ増えてきました。
ありがとうございます!




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

説明ができないことってあるよね。

コーヒー、お好きですか?



飲む量はそれぞれあれど、けっこうお好きな方はいますよね。
自分も好きな方だと思いますが、1日に1〜2杯かなぁ?飲む量としては。
ただ、味の好みがかなり偏ってまして…
“酸味”がダメなんです。

一口飲んで酸味がけっこうあると、あとの99口が地獄です(笑)




ウチの教室の生徒さんで、コーヒークレイジーなOさんがいらっしゃいます。
この方はコーヒーのドリップ大会に出られるほどの腕前。
ウチでも何度か“ハンドドリップ講習会”を開いてもらい、コーヒー好きな生徒さんにも大好評でした。


先日の教室で、ひょんなことからこのOさんがハンドドリップでコーヒーを淹れてくれることになりました。





教室ではいつも休憩時間にコーヒーをお出ししています。
美味しく飲んでもらうために、豆は自分が大好きなマンデリン。
一応コーヒーマシンもそこそこいいヤツを使っているつもりです。


その同じ豆を使って淹れてくれたのですが….


美味しさのあまりのため息が、心の底から出るほど美味い!




一体、何が違うというのか?
もう一度言いますが、豆は同じです。

淹れ方だけでこんなにも味が変わるなんて….
コーヒー、深い。



とはいえ、先ほど言ったように、Oさんは以前講習会をやてくれまして、自分ももちろん受けました。
バッチリ美味しい淹れ方を教えてもらったし、また目の前で見た。





ということで!
ヨメさんからめちゃくちゃ嬉しい山盛りカヌレのバレンタインをもらったので、『オレが美味いコーヒー淹れたる!』と、ここぞとばかりに豪語しまして。
先日とまったく同じ条件で、じっくりと淹れてやると….





味ぜんぜんちゃいますやーん(泣)


まぁレザークラフト でもたまにあるけど、なんだか説明ができない、感覚でやることってありますよね。
こればかりは自分で何度もやって身につけるしかない!
生徒さんにいつも言ってることを自分で噛みしめた次第でゴザイマス。



でもカヌレとコーヒーの相性はバツグンでした♪
ごちそうさま!







【今週の看板娘】

飼い主とは逆に、去年の年末からだいぶ痩せちゃいまして。
カロリー高めの手作りラムジャーキーでデブ活中です!
ハンパない食いつきに、やっぱりコイツ肉食獣なんやなって気づきました(笑)



【今週の教室風景】




『まさか老後にこんなワクワク楽しいことが待っていようとは!!』
出来上がった瞬間、生徒さんはそう叫んでました(笑)

頑張りましたね!
お疲れ様でした。




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
平日の部(水・木の昼・夜(水のみ))の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
春から新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

モンモン・モヤモヤ。

いつもの散歩道。
この時期の楽しみの一つがコレ♪





隅田公園の梅が満開です!
公園に近づくとフワッといい香りがします。
もちろん桜もいいんですが、昔からなんだか梅が好き。
20代の頃からクルマに乗って、梅の名所とか回ったりしてました。


シブいですよね(笑)




なんだか今週はやるせないことがいくつかありました。
なんでこういうことってまとめて来るんでしょうね?(笑)
ちょっとしたことでも余計にしんどく感じちゃいます。

そしたら、Twitterでフォローしているゲッターズ飯田さんが、たまたまこんなことを投稿していました。


———————————————————
怒りとは「雑に扱われた、思い通りにならなかった、寂しかった、理解してもらえなかった」から怒りに変わる“第二感情”になるので、上手にコントロールすれば怒ることはなくなります。
自分がなぜ怒ったのかをしっかり分析するといい。
己の弱さを怒りが教えてくれているのである。
怒りは本能でも反射的なものでもない。
——————————————————–



昔から自分はどうも人に期待してしまうクセがあります。
だいぶ前にこの性格が原因で痛い目にあってから、けっこう矯正したんですが…
根底にはまだあるんでしょうねぇ〜、この厄介な気質が。





こういう時はあんまり考える作業はしたくないので、久しぶりにベルトのメンテナンス。
もう30年近く愛用している、初めて買った革ベルト。
名古屋の大須で買ったのをハッキリ覚えてます。

この頃はまさか30年後に自分が革の仕事をしているなんて、夢にも思ってなかったなぁ。

そして自分の変わらない性格に30年後もつまづいてるなんて….笑うしかないなぁ(笑)





【今週の看板娘】

お風呂入ってサッパリンコ♪
モジャってきたねぇ〜




【今週の教室風景】




娘さん用にまたまたリュック完成しました!
外は純国産の吟すり牛革、内装はカワイイストライプで喜んでくれますねー♪

でも『黒がよかった』とバッサリ却下されたそうです(泣)

くじけるなお父さん!!




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
2021年2月より通ってくださる平日(昼・夜)の部の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
新年より新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。





出会いは劇薬ナリ。

『あのミシン屋さん、バンディ先生のこと知ってましたよ!』




生徒さんからそう言われたのは、今月半ばの教室でのこと。
確かにそのミシン屋さんの名前は、生徒さんからも『お世話になっている』とチラホラ聞いていて、気になっていました。


続けてその生徒さんが

『ちょっと先生に相談してからミシンを検討します。』

と伝えてその場を後にしてきたと言うので、こりゃ渡りに船だとばかりに、ご挨拶がてらお店に行ってみることにしました。



『あの〜、浅草でバッグ教室をやっておりますバンディと申します。』

とご挨拶させてもらうと

『あーー!!ハイ!ハイ!ハイ!ハイ!ドーモ!ドーモ!』

ととっても気さくに社長さんが迎えてくださいました。



も〜そこからは怒涛のミシン談義(笑)
社長のミシンに関する知識の豊富さがハンパなくて、お話がべらぼうに面白い!
例えば…


JUKIの腕ミシン DSU144と145の違いは、そもそも先祖が違うから当たり前!

今一番優秀な腕ミシンは実はMITSUBISHI製!

今はなきYAKUMOとadler(現在は両社とも吸収合併されている) の意外な共通点とは?

TAKING・DANGMAN・Birdlandなどなど、今人気の格安海外製工業用ミシンの実情とその実力はプロから見てどうなのか?


などなど…
ある程度、工業用ミシンを触っている人なら気になってしょうがない内容が盛り沢山かと(笑)


そんなお話で盛り上がった楽しい時間はあっという間に過ぎ、なんと後日、今度は跡を継がれる息子さんを連れて、アトリエにきてくださいました。
実はこれが今後とっても重要なことです。
それは『後継ぎ』がいらっしゃること。

昔からある業界はどこも同じかもしれませんが、ほぼほぼみんな『後継ぎ問題』を抱えています。
もちろん革業界、ミシン業界も例外ではありません。
この『後継ぎがいる』ということが、なにより信頼につながるのです。




来ていただいて約1時間後、自分の口から自分でも驚きの一言が…



『腕ミシン、買います!!』



ミシン屋さん、ソッコーでセットして持ってきてくれました(笑)



親子で息もピッタリ!
あっという間にセッティングしてくれまして



メインの腕ミシンが、現行のDSU-144Nに替わりました!
2021年が始まった頃(ついこないだ)にはミシンを買い換えるなんて夢にも思ってなかった…


だって。



レザークラフト を始めたときに真っ先に買った我が愛機DSU-145-6。
うまくいった時もいかなかった時も、ずっと自分を支えてきてくれたこのミシン。
自分がこの仕事を辞めるその日まで、絶対に手放さないって思っていました。
できれば置いておきたかったけど、今のアトリエではミシン3台は無理…。
でも全く知らない誰かの手に渡すことだけはできません。

そこで腕ミシンを探していた信頼できる方に相談すると、『受け継がせてもらいます!』と言ってもらったので、晴れて入れ替えと相成りました。



自分が信じている言葉があります。



『口に出せば意識が変わり始め、行動すれば物事が劇的に動きだす』



まさに行動したことによって、素晴らしい出会いがありました。
大変お世話になった幸田ミシンの商会さん、ありがとうございました!
生徒さんともども、どうぞよろしくお願いします。


新しくきた144N、これからよろしくね!
そしてずっと支えてくれた145-6、ありがとうな!次も可愛がってもらえよー!!





【今週の看板娘】

普段から早食い防止用の容器でゴハンをあげているんですが、器用に驚くほどのスピードで食べます。
意味ないやんかー(笑)



【今週の教室風景】




絞りが入った珍しい革で、キンチャクリュックを完成させました!
内装も若草色のストライプで、開けるたびに元気になれそうです♪
復習のために、もう一回同じバッグにチャレンジするそうなので、さらにグレードアップを目指して頑張りましょう!




         〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
2021年2月より通ってくださる平日(昼・夜)の部の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
新年より新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。



信じたくナイ。

イタッ!イタタタタタッ….



朝起きると突然、腰回りに激しい痛みを感じました。
寒い時期になると、古傷で痛むのはヒザなんですが、腰がこんなに痛くなるのは初めて。


『いよいよ痛◯湯か…(AMラジオを聴く方にはおなじみの漢方(笑))』


な〜んて一瞬、本気半分冗談半分で思ったりもしたのですが、なんだか腰に違和感があったのは先月から。
慌てていつもお世話になている整骨院に飛び込んだのです。


『う〜ん…なんか神経痛っぽいけど…何か心当たりはないですか?普段の生活で何か変えたこととかないですか?』


先生にそう言われて一つ、ピーンと来たことがありました。
それは“作業用のイス”。



右がこのアトリエに来てから、ズーッと使ってた丸イス。
左が今使っている、ちょっと前にブログでも書いた“作業イス専門店”で見繕ってもらったヘンテコな形の作業イス。

そもそも、丸イスでの作業で腰が痛くなったので、思い切ってええイスに替えてみたのですが、その時とはまったく違う場所が痛くなったのです。




『まだそのイスが犯人かどうかわかりませんが、とりあえずしばらく前のイスに替えて、様子をみてはどうですか?』




そう言われ、しぶしぶ丸イスで作業すること数日。



….痛みが治まってきた気がするぅ〜(泣)






20台の半ばごろ、地元でちょっと高級な家具を扱うお店で働いていたことがあります。
今思うと、よくあんな田舎で取り扱いができてたな〜って思うほど、世界中の有名な家具を取り揃えていました。

今では誰もが知る、超〜有名なマットレス“テ◯ピュール”もその時すでに取り扱っていました。
しかし、20年も前では『なんか手触りが気持ち悪〜い』と言われ、何がいいのかをコンコンと説明する毎日。
それでも、世界中の一流の家具に触れられて、とても充実した毎日だったのを覚えています。


そんな家具の中でも、自分は“イス”が大好きでした。
店内にあるイスでは飽き足らず、もっともっといろんなイスに座ってみたい!と思った自分は、東京に遊びに来てはいろんなインテリアショップを周り、手当たり次第にイスに触れ、座って、スタッフさんに話を聞いたりしたものです。

1万円のイスから、それこそ“名作”と呼ばれる数十万もするイスまで、様々なイスに座って、一つ、確信を得たことがあります。



それは、

どんなに良いイスと言われているものでも、自分にとって心から落ち着くような座り心地を、必ず得られるとは限らない。



ということです。

世界的建築家ル・コルヴィジェが作ったイス“LC”。
ロバート・デ・ニーロがこよなく愛する、フェラーリの内装を手掛けるメーカーのイス“ヴァニティ・フェア”。
フランク・ロイド・ライトが旧帝国ホテルと一緒にデザインしたイス“ピーコックチェア”。
1929年のバルセロナ万国博覧会で、スペイン国王夫妻臨席の為に作られたイス“バルセロナチェア”。
コペンハーゲンにあるSASロイヤルホテルのロビーに置くために作られたイス“エッグ/スワンチェア”。

こう書くと、どれもスゴいイスばかりですが、正直どれも座り心地はイマイチです(もちろん個人の感想(笑)ヴァニティ・フェアは最高です)



こういうことをわかったいたはず…なのに。
まぁ特に作業用のイスなんて、数分座っただけではわからなかったですが…。



なんでもそうかもしれませんが、自分の体に本当に合うものって、見つけるのが本当に難しいですよね。
だからこそ見つかった時は本当に幸せな気分になるんでしょう。


先日、生徒さんから言われました。



『今だったらリモート増えたし、売れるんじゃないですか〜?』



こいつ(イス)が犯人だとまだ信じられない…ってか信じたくないのよね(笑)






【今週の看板娘】

もしもーし。
鼻、埋もれてますヨー。




【今週の教室風景】

底にパイピング、キレイに入りました!
やっぱり高級感が出ていいですね♪



〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
2021年1月より通ってくださる平日(昼・夜)の部の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
新年より新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

仕事納め…かぁ。

毎週日曜日に“できるだけ”更新しているこのブログ。
今年最後のこのブログで、年内は54回目の更新となります。

いつもいつも拙い文章のブログを読んでくださって、本当にありがとうございます。





毎年最後のブログで勝手に恒例にしているバンディ的今年の一文字。

2018年 “節”

2019年 “躍”



2010年は…“決”



でした。
まぁ〜なんせ私も皆々様も、本当に大変な一年でございました。

ウチのQrinaf / BANDY’S Lether craft schoolの運営も、次から次へとこっちに向かって飛んでくるイレギュラーな出来事に対応すべく、ああしよう、こうしよう、こうやってみよう、と何度も何度も決断を下した1年でした。

コロナ禍においては何事も“答えがわからない”ことが多い中、なんとかこの一年を切り抜けられたのは、その決断一つ一つがなんとなく良い方向だったのかな〜と思います。


そんな中でも今年一番ツラかったこと。
それは、続けたいのに行けなくなったと、泣く泣く教室を辞めざるを得なかった生徒さんとのお別れです。
こればかりは自分のどんな言葉や行動も無力。
さらには自分の決断が生徒さんの気持ちに応えることができず、『納得できない』と言わせてしまったこともありました。






なかなかに考えさせられることが多かった一年ですが、これを糧にまた来年も一歩ずつ歩みを進めていくしかありません。
来たる春に向けて、その蕾をスクスクと育てるモクレンのように。




さすがに今年は帰省を断念しました。
物心ついた頃から、大晦日の夜中12時をすぎたら伊勢神宮に初詣に行くことが恒例行事だった自分が、新しい年へ気持ちがちゃんと切り替えられるのか?


不安しかありません(笑)



まぁでも。
逆に言えば、東京に出てきてからこんなゆっくりな年末年始も初めてなので。




ジーナや家族と一緒にゆっくりしたいと思います。



今年も“BANDY’S diary”をお読みいただきありがとうございました!
当たり前ですが、1年前に書いたブログでは、2020年がオリンピックをはじめ、キラキラ輝く年のように書かれていました。
しかし実際は…。
2021年もどうなるかまったくわかりません。
どうかみなさんもお体に気をつけて、一つでも多くの笑顔が生まれますように。


良いお年をお迎えください。


Qrinaf / BANDY’S Leather craft school
バンディこと須川豊澄







【今週の看板娘】

来年もいっぱいお芋さんもらえるようにいい子にしまーす♪





【今週の教室風景】





年内に駆け込みで完成した生徒さん。
新年からまた新しいバッグに挑戦していきましょうね!
おつかれさまでした。




〜〜【生徒さん募集のお知らせ】〜〜
2021年1月より通ってくださる平日(昼・夜)の部の生徒さんを若干名募集します。
教室は消毒・換気・マスク着用を徹底し、感染予防に努めて営業しております。
新年より新しいことを始めたい!また、ミシン仕立てのレザークラフトをやってみたい!という方、一緒にレザークラフトをやりませんか?
ご興味がある方はぜひ一度体験教室にお越しください!
お申し込み・お問い合わせは、下記リンクの教室のホームページのお申し込みフォームからお願いいたします。

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

よくがんばった。

今年もやってまいりました!


これぞ浅草名物





クリスマス?そんなもの知らんな!!こっちは正月じゃーーっ!!
月間(笑)

世の中的にはどのお店に入ってもBGMはクリスマスクリスマス…ですが、我が浅草は一足お先に謹賀新年♪
クリスマスがキライってわけじゃないけど、この光景を見るたびにいいね!100回ぐらい押したい気分です(笑)


とはいえ、一年の中でクリスマスからの年末年始の期間が大好きなワタクシ。
お気に入りのお菓子屋さんのクリスマスケーキをちゃっかり予約して、来たるべきその日にむけて密かに期待を膨らます毎日です。


こんな状況ですが、どうか皆さんも良い年末年始をお過ごしください。







さて






今週、お店に一本の電話がかかってきました。


『突然すいません。◯◯動物病院ですが…』


受話器の向こうは、いつもジーナがお世話になっている動物病院でした。
何事かと思いながら話を伺うと、週末に大きな手術を受けるワンコがいるらしく、その子のためにジーナの血を分けてもらえませんか?とのこと。


人間で言うところの“献血”のお願いだったのです。
なんだかとってもドキドキしました。

人間ならともかく、この身体から何cc採血するんだろうか?
献血の後、フラフラになってしまうんじゃないだろうか?
そもそも、なんでウチのジーナが選ばれたんだろうか…。

いろんな不安が一瞬にして浮かんできて、少し返事に困ってしまった自分がいました。
でもその時ふと、ジーナを迎えた時にドッグトレーナーさんに言われたことを思い出したのです。



『犬は人間と違って血液センターのようなものがないんです。なのでもし将来、かかりつけの病院から献血のお願いがあったら、他のワンコを助けるためにぜひ協力してあげて欲しいんです。』



その瞬間、『ジーナ、連れて行きます!』と答えてる自分がいました。



実際にジーナを連れて行くまでの間、犬の献血についていろいろ調べました。
犬の献血は体重が15キロ以上のワンコじゃないとできないこと。
採血の量はワンコの体調や体重で変わってくること。
また病院からは採血に1〜2時間必要だと言うことも伝えられました。


『お前が頑張れば、助かる子がいるんやからな!』


そう言って、預けた後もなんだかんだで不安です。

すっかり元気がなくなってたらどうしよう…。
ボールを追っかけるにもフラフラだったらどうしよう…。
ゴハン全部食べられるかな…。



そんな思いをしながら数時間後迎えに行くと…
どこからともなく遠〜くの方から“ガガガガガッ!!”と勢いよく床を引っ掻く爪の音。



超〜元気でした(笑)



『ジーナちゃん、とってもいい子でしたよ〜』と先生。
あの不安はいったいなんだったのか(笑)

まぁでも。
ジーナの頑張りで、どこかのワンコの生きるお手伝いができたのかな〜って思うと、いっぱい褒めてやりたい気持ちです。


一安心の帰り道、クリスマスケーキをお願いしたお店にちょろっと顔を出したら、ご褒美にタルト(人間用)をいただいちゃいました。



ジーナ…よくやった☆








【今週の看板娘】

お前、本当に血ぃ抜いてきた!?
ってぐらい元気です!



【今週の教室風景】

いよいよ寒くなってきたので、アラジンくん始動!
で、早速干し芋を炙って生徒さんと食べました♪
あ〜シアワセ。




—–Twitter始めました—–
レザークラフト に関係ないこともいっぱいつぶやいてます。
よかったらフォローしてください!
⇩⇩⇩
Qrinaf / Bandy’sレザークラフト教室
———————————–

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。