十人十色。

いよいよ散歩道のアジサイも咲き始めてきました♪
と、いうことは春も終わり、もう間も無く梅雨の季節。


この春は本当に怒涛の毎日でした。


教室・製作・イベント・片付け・散歩(笑)etc…



独立してから今までで一番充実した、そしてとっても忙しかった2ヶ月間。
やっと今日で一旦休憩。


と、いうことで。
26日(日)〜31日(金)まで休暇をいただきます。
自然の中でたっぷり充電してきたいと思います。









さて







前回のブログの【今週の教室風景】でもちょっとお伝えしたのですが、4月末のホビーショーの影響で、たくさんの体験教室のお申し込みをいただきました。
参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

体験教室で作るレザーキンチャクは作る人の個性が際立って、個人的にもどんな組み合わせを考えるのかとても楽しみにやらせてもらっています。
今月も個性的なものがたくさんできたので、ザザッとご紹介をば。

う〜ん、スバラシイ!
なんかグリーンとキャメル率が高かったように感じるのは自分だけ??

でもこう見ると本当に人の好みって十人十色ですね〜。
これからもたくさんの人にミシン仕立てを体験してもらえたら嬉しいですね!

お申し込み、お待ちしております。






【今週の看板娘】

もうすぐ3歳!
落ち着いた面もあるけど、出てきた自我もなかなかのもんです(笑)





【今週の教室風景】

目が怖い(笑)
けど、真剣に取り組んでもらった甲斐あって、キレイに漉けるようになりました!





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。







モヤモヤ。

前回のブログには本当にたくさんの反響、ご意見をいただきました。


生業にしている側からの意見。

趣味にしている側からの意見。


どちらを聞いても『ナルホドなぁ〜』なんて思っちゃう。



そこで、自分はレザークラフトを始めた頃はどうだったんだろう?と振り返ってみる。
すると一つ、気づいたことがありました。それは


“趣味でやっていたタイミングがない”


と、いうこと。




たまたまではあったけど、一番最初にレザークラフトを教わったのが“バッグ職人養成学校”だったし、その次に教えを乞うたのが現役のバッグ職人さんだった。
この流れだけを見れば『バンディ、最初からやる気マンマンやん!』って思われるかもしれないけど、『95%の生徒は趣味だ。生業にしようなんて思ってないよ。もっと(仕事として)やってくれたらいいのになぁ。』が養成学校の先生の口癖だったのを思い出す。



そしてもう一つ、その先生が口酸っぱく言っていたこと。



『続けていくうちに、知り合いや友達から『作って!』って言われるだろう。その時にゼッタイ利益を乗せて値段をつけなきゃダメだよ。自分が続けられなくなったら元も子もないからね。』



これは12年前に聞いた言葉。
ということは、価格の問題でやめてしまう人がいるということが昔っから問題になっていた…ということなのかな、と気づきました。


その言葉をずっと聞かされていた自分は、最初から結構強気な値段設定でした。
案の定、知り合いや友達から『作って!』と言われましたが、他人に売るのと同じ値段で買ってもらいました。
今考えると、その当時買ってくれた友達はそれっきりです。
買ってくれたのはありがたいけど、本当にそのバッグが気に入って買ってくれたのではなかったのかもしれません。
もちろん友達として応援してくれた気持ちもあったでしょう。

しかし、今リピートして買ってくれているのは、Qrinafの商品を本当に気に入ってくれた“他人様”です。



全く知らない誰かに買ってもらって、利益を出すこと。



これが本当にハードルが高かいし、生業にするための第一歩かもしれません。







考えれば考えるほどに、これは大変難しい問題です。

この問題の答えを出すには相当なバランスと覚悟が必要だと感じます。
生業にしろ趣味にしろ、楽しく、末長く続けられるのが一番だと思います。

このブログの内容について、いろんな方々と話しました。
が、やはり答えは見出せず。
結局は自分の置かれた状況で、自分なりに続けて行く方法を模索していくしかないのでしょうか…。

『難しいのは始めることではない。続けることだ。』



…ホンマや!





【今週の看板娘】

熱烈ラブコ〜ルにも我関せず。。。
はたから見れば、超〜おもしろカップルなのだが(笑)




【今週の教室風景】

先日のホビーショーの反響か、今月は今までに経験したことのないほど体験教室のお申し込みをいただいております。
革のミシン仕立てに興味を持ってもらえて嬉しいですね♪




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。


































令和初のイベントを終えて思う事。

いよいよ新時代“令和”が始まるとともに、スーパーGW10連休が終わろうとしています。


ず〜っとお休みだった人、ず〜っとお仕事だった人。
みなさんどんな10日間を過ごされましたか?



バンディ的には2010年に独立してからというもの、今年が一番忙しいGWでした。
前半は思い出しただけで思わずまだゾクッとするほどバタバタだったホビーショー。
後半は毎年出店させてもらっている土沢アートクラフトフェアに行ってきました。

今年の土沢はいろんな意味ですごかったです。



まずは天気。

今回で出店は8回目(?)かな。
春の部では初めてかもしれません。2日とも快晴だったのは。
それぐらい毎年どちらか1日はいつも雨。
いつだったかは忘れたけど、大雨の中水たまりに商品をビチャっと落として半泣きになったことを思い出します(笑)
ガンガンの日当たりのおかげで、すでに腕には日焼けの跡がしっかり刻まれました。




来場者。

いつも会場アナウンス係の女性の声が同じなので、きっと毎年同じ方がやられていると思うのですが、今年のテンションの高いこと高いこと(笑)

特に初日。
『なんと初日の来場者数が3万2千人でございます!!!!』

2日目。
『今日の来場者数は2万1千人!!!!なんと2日で5万3千人の方にきていただきましたーっ!!!!』


素晴らしい!
自分がこのイベントに参加し始めた頃、お店の数は今回の約半分ぐらい。
来場者も感覚的には今の半分以下…だったような気がします。

なくなってしまう各地のイベントも多い中、右肩上がりで出店者数も来場者数も伸ばしているのは、ひとえに運営の方々の努力の賜物だと思います。

こんな東京からわざわざやってくるよそ者でも、このイベントの成長の一端を担えたことは本当に嬉しく思います。
これからもどうか末長く続いていきますように。



….続いていきますように。。。



土沢のイベントでは、毎回出店者にアンケートが配られます。
自分も少しでもこのイベントのお役に立てるよう、気づいたことはなるべく具体的に書くようにしています。
毎回書いているので、アンケートの内容は大体同じだし、把握しています。
しかし今回新たな質問が書き加えられていました。



『あなたはモノづくりを生業でされてますか?それとも趣味ですか?』



あ〜、このイベントも過渡期にきたんだな。。。
と、読んだ瞬間に感じました。




僕はこのお仕事を約10年やってきました。
今ではなんとか食えるようにもなり、自分の好きな仕事を続けられる喜びを日々感じております。

僕は浅草でお店をやっています。
『Qrinaf』という屋号もちゃんと登録して、確定申告も毎年行っています。

今までいくつもの商品を作ってきました。
その中でベストセラーのお財布があります。
【Alfred】という名前です。

このお財布は値段が25000円です。

Qrinafの中では比較的買ってもらいやすい価格ですが、毎年新色を出すために革を吟味し、このお値段に見合った作りができるよう作りもしっかりしているつもりです。






(ここからは僕が感じたことの“再現ドラマ仕立て”です)



僕がイベントに出店していると、ウチの商品を見ている女性がボソッとこう言いました。

『ここまでキレイにはできないけど…..私たちにもできそうじゃない?』

苦笑いの自分。
すると翌年、自分のブースの近くにその女性が出店しているではありませんか。
彼女のブースには頑張って作ったであろう革のお財布がズラリ。


値段を見てみると…5000円。


一個作るのにどれだけ時間がかかっているのか知りません。
というか、作りがどうのこうのより、絶対に利益が出ているとは思えません。
出店者の女性からこんな声が聞こえてきます。

『私たちは技術がまだまだだから、値段はこんなものよね〜。気に入ってくれた人が買ってくれたらいいもの。』



お客さんがウチのブースにやってきました。
『わ〜!このお財布ステキ!….ワッ。』
値段を見て、思わず伸ばしかけた手を引っ込めました。
僕は厚かましくならない程度にその財布の魅力を伝えます。
お客さんは一通り聞いた後、体良く断って去っていきました。

次にそのお客さんは5000円の財布のブースに向かいます。
作った女性はこだわりを一生懸命に話すと、ワッと喜びます。
どうやらお客さんがその財布を買ってくれたようです。

深く深くお辞儀をして見送った後も、興奮冷めやらぬ状態です。
わかります。僕も最初はそうでした。




この一連の流れを読んでいただいて、皆さんはどう思われますか?




お客さんの好みはそれぞれです。
その女性の5000円の財布を買ったことを悪くいうつもりは毛頭ありません。

僕が言いたいのは今、生業にしている作家と趣味でやっている作家同士が“潰し合い状態”になっているということです。



もう一度先ほどの流れを整理してみたいと思います。


僕の財布は売れませんでした。
お客さんの好みに合わなかったのか、自分の何かが足りなかったのか、それはわかりません。
一つ事実なのは“25000円を得るチャンスを失った”ということです。

続いて趣味の女性。
頑張って、こだわって作った財布が売れました。
彼女は5000円を手に入れることができました。


例えば。
この女性の作る作品が結構な人気を得ました。
デザインがいいのか?色使いがいいのか?はたまたお手頃価格だからか?
それはわかりません。

お客さんからオーダーが入ります。
彼女は喜んでオーダーを受けます。
いくつもいくつもオーダーが入ります。
嬉しくて嬉しくて、彼女は合計10個もオーダーを受けました。


イベントが終わり、早速製作に取り掛かります。
オーダーを受けた財布は、家事の合間を縫って作るので5日間かかります。
やっとの事で作り終えた財布を丁寧に梱包して発送します。
お客さんからお金が振り込まれます。


もちろん5000円。


ここから彼女は休みなく作っても45日間作り続けます。
そしてやっとの思いで全てのオーダーを処理しました。

作り始めて60日、約2ヶ月です。

その売り上げは…50000円。



ここから彼女はモノづくりを続けることができるでしょうか?




僕は趣味でやって、それを売っている人を否定するつもりは全くありません。
教室もやっていて、これから売っていきたい!という人を何人も応援する立場ですし。

ただ知って欲しいんです。
これが今のモノづくりのイベント内で実際に起こっていることであり、作家同士が潰し合ってしまう状況だということを。

しかも根本的な解決策はわかりません。
ただ、“これから”という作家さんや、実際に生業としてやっている作家さんをイベント内でごちゃまぜにするのであれば、運営側も何か、みんながwinwinになる仕組みをなんとか考えてほしい!


そう切に願っています。




そんな中、その現場の状況に気づいてくれた土沢アートクラフトフェア。
感謝をするとともに、ますますの繁栄を願っております。

土沢の日没は、自然と涙が出てくるほどに美しいです。



長文を読んでいただき、ありがとうございました。






【今週の看板娘】

イベントに行っている間、ジーナも留守番がんばりました♪
でもこれはジーナのじゃないよ(笑)




【今週の教室風景】

人一倍時間をかけて、じっくり製作に取り組むこちらの生徒さん。
約半年かけて2個目の課題ができました!
その甲斐あって、作りの良さはナンバーワンでした♪




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

続けてきてヨカッタ。

いよいよスーパーGWに突入ですね〜。
お仕事の方もそうでない方も、有終の美な気持ちで。


そう、これが“平成最後”のブログです!


『令和』
が発表された時、特に心動かされなかったけど、なんとなく『時代が変わるんだなぁ〜』って気持ちにはなりました。




そんな平成最後を飾る本日のブログは、自分にとっては生涯心に残るであろうイベントの記事を。





浅草の片隅でカタカタとミシンを踏んできた自分に、とんでもないお話をいただきました。
日本のミシン業界でトップに君臨するJUKIさんから、『今年のホビーショーのブースでバンディさんの場所を用意するので、ミシンを踏んでくれませんか?』と。


まさかとは思いましたが、こんな貴重な体験をさせてもらえるチャンスを断る手はありません。
迷わず二つ返事でお受けしました。


やらせてもらった内容は、エーラウンドでも好評の“パフォーマンスワークショップ”。
お客さんが選んだ革で、自分が目の前でミシンでトートバッグを仕立てる様子を見てもらう内容です。

JUKIさんのブースはめちゃくちゃカッコよかったです!
明らかに他のブースより目立ってました。

ブース内には最新のミシンがズラ〜リ。
全て実際に触って、縫うことができます。



そして自分に与えられたミシンが..

最新にして最強の職業用ミシン【SL-700 EX BLACK】!
限定500台のプレミアモデル☆
実力のほどは以前のブログで書いたようにお墨付きであります。



とはいえ

実は始まる前、なんとな〜く不安に思うことがありました。
というのも、このホビーショーはクラフターのためのイベント。
基本的に“作りたい人”が集うイベントです。

対して、自分がやろうとしていることは“お客さんではなくボクが作る”ワークショップです。
今考えてみると、ホビーショーでは前代未聞だったかもしれません。


『自分の元へお客さんは来てくれるんだろうか…』


人知れず、自分の心は不安と葛藤してました。





4月25日午前10時

イベントの幕は切って落とされました。
それと同時に押し寄せる人の波!
こんなことが初体験の自分は、ただただ圧倒されるばかり。
すると

『バンディさん!お一人目お願いします!』

まだ開場して1分も経たないうちに声をかけられ、ただミシンを踏み始める自分。
少し緊張でぎくしゃくしながら作業をしていると、思わず耳を疑ってしまった一言が聞こえてきました。

『パフォーマンスワークショップ、申し込み終了で〜す!』



開場からわずか10分。
ここからお昼休憩だけで、閉場まで延々とミシンを踏み続けることになったのです。
それも三日間全て。


数分前までの不安は一体何だったのか?
一言言わせてもらうと…



完全に甘かったーっ!!(笑)



そんなワケで、怒涛の三日間で作らせてもらったトートバッグ、約50個!!
その一部をば〜

先ほども言ったように基本的に皆さんクラフターさんなので、まぁ〜ほとんどが個性的な組み合わせ!
こっちも仕立ててて楽しかったデス♪




必死こいてやってた中、教室の生徒さんが何人も来てくれて本当に嬉しかった!
当たり前だけど来る人来る人知らない人ばっかりだったので、『お疲れ様です!』って来てくれた生徒さんの顔を見るだけでホッとするのなんのって(笑)

いやホントありがたかったです。






そしてなんと二日目にJUKIさんの社長が登場!!

紹介していただき、お話しさせてもらいました。
いや〜ちょっと感動。


なんて思ってたら、その日の懇親会でこんなお話が…



『バンディさん、社長がね帰る間際にこんなこと我々に伝えていきましたよ…』






なんということでしょう。
カラダが震えました。

あぁ…

いろいろあったけど…
続けてきてよかった。




これを機に、一人でも多くの方がミシンやレザークラフトに興味を持ってもらえたら嬉しいです。

来場してくださった皆さん、陣中見舞いに来てくれた生徒さん、そしてJUKIの社員の皆さん、本当にありがとうございました。







続いて5月3・4日は岩手県土沢アートクラフトフェアに出店します!
またたくさんの方々とお会いできるのを楽しみしています♪






【今週の看板娘】

ジーナも春の匂いに気づいた…のではなくオヤツにつられたのです(笑)



【今週の教室風景】

爽やか担当N君、2個目の課題バッグ完成!ミシンも買ったしドンドン作ってこ♪



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

ご縁、結びます。

外のグリーン達が何やらざわざわし始めました…。まさに春の目覚め。

この地に引っ越してきて早6年。
この間に隣近所にはいくつものマンションが建ってしまい、ウチのお店はほぼ日当たりが“0”になってしまいました。
そのため、いくつものグリーンが枯れてしまいましたが、環境に順応した子達はいよいよ動き出す時期。まずは元気な子達の植え替えから。

元気に伸びて、また店先を賑やかにしてほしいものです。

次の植え替えは大物の第二のシンボルツリー“フランスゴムの木”。
うちに来た時はたった15センチぐらいの小さな苗でしたが、今や160センチ!どんどん伸びるので植え替えるか迷いましたが….去年いい感じの植木鉢に出会ったので、今年は植え替えたいと思います。

グリーンのお世話も楽しい時期になってきました。


グレーの植木鉢に書かれた“LOVE”は気にしないでください(笑)







さて




今週はあっという間だった気がします。

イベントに向けての作業もたっぷりあったし、いろんなご縁もありました。
そのご縁の中でも嬉しかったご縁が二つ。


誰かに紹介された(よく聞き取れなかった(笑))と突然来店されたベトナム人のご夫婦。
どうやらバッグをミシンで作りたいようで、ミシンが買えるところとバッグ作りを教えてくれるところを探して、ウチにたどり着いた…とのこと。

一通りお話を聞かせてもらって、まずは体験教室を受けてもらうことに。

そしたらまぁ〜器用なこと!
ミシンや革漉き機にもあっという間に慣れて、ささっと作っちゃいました。

『楽しかったですぅ〜♪楽しかったですぅ〜♪もっとバンディ先生に教えてほしいですぅ〜』

って連呼しつつ

『次にまたビザが取れたら教室入れてください!』ですって。
いいねぇ、こういうやる気がある方大好きです♪

今度時間がある時はいろいろ材料屋さんにも連れて行ってあげたいな。
待ってるね、ユイさん!





二つめはこんなご縁も。

バンディが主催している『若手作家の会』で出会った二人が…
なんと結婚しました!!

『一番最初にバンディさんに報告しなくちゃと思って…。』

って嬉しいやないかーい。
お幸せにね!




なんかこういうの…クセになりそ(笑)
わたくしの周りに多いんです。めっちゃいい人なのにお相手がいない男女。
よし。また違う会立ち上げちゃおっかな〜♪






そして来週はいよいよスーパーGW突入!
バンディは前半の25〜27日は、東京ビッグサイトで行われる日本最大のハンドメイドの祭典『ホビーショー』で、JUKIさんのブースに講師兼作り手としております!
最新型の職業用ミシン【SL-700 EX】を使ったパフォーマンスをやりますので、ぜひお立ち寄りください。

後半の5月3・4日は岩手県花巻市で『土沢アートクラフトフェア』に出店しております。
今年は過去最大の出展者数でかなりの盛り上がりを見せそう!
新作もいろいろ作って持っていきますので、遊びに来てくださいね♪
って、ちゃんと紹介しなくちゃね…来週のブログにて。






【今週の看板娘】

なんだかすでに暑そうなので、ちょっと早めにヒツジ毛刈り!
…のはずが、思わぬトラブルがいくつか重なり、思わぬ展開になろうとはこの時はまだ思ってもいないのである。



【今週の教室風景】

自由課題の生徒さんが、三つ目の課題バッグをカスタムして作りました!
お孫さんにプレゼントするそうです。ステキ〜☆

マチを付けて、ツノがなんとハートマークに!
スゴいアイデアにぶったまげました(笑)いや〜素晴らしい。





〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。








変化して3兄弟。

『満開になりました〜!』

って、つい先日まで浮かれ気分だったのに。いまの主役はもう八重桜。
散歩コースの隅田公園は、ソメイヨシノももちろんたくさんあるのですが、実は八重桜もそこかしこにあって、季節の移ろいを楽しませてくれます。
自分はポンポンのようなカタチの八重が好き…なんだけど、なぜかその木の下でお花見〜って気分にならないのはなんででしょうね?

ま、どっちにしろ“花より団子”になってしまうんですけど〜(笑)


もうしばらく、ポンポンは楽しませてくれそうです。







さて





Qrinafでも創立当初から作り続けているトートバッグ【Andy】というモデルがあります。

このバッグ、なんだかとても不思議なバッグでして。何が不思議かというと、1つオーダーが入るとバタバタっと立て続けにオーダーが入るんです。そして今回もまた同じタイミングで3つオーダーをもらいましたのでご紹介。



まず一つ目は、ある日一人の男性がお店に入ってきて開口一番『赤いトートバックが欲しいんだけど….』と。
いまバンディが一番気に入っている国産のワックスを馴染ませた赤い牛革があったので、それをお見せすると即決。こんな感じに仕上がりました。

選んでもらった内装はデザートカモフラ柄。やっぱり男性にはカモフラ柄が一番人気です。



その後、このバッグを見たという方から『オレは黒が欲しい!」ということで、同じ革の黒でもう一本製作。

内装は同じですが、雰囲気は全く違いますね!とても気に入ってもらえました。



続いては女性からのオーダー。
ご要望は…
・仕事がメインで使いたいので、口元をファスナー仕様にする。
・キャリーバッグから落ちないようにして欲しい。
・革の色ははキャメル。
・内装はシンプルなピンク。ただし派手すぎないこと。

ガッテン承知!



革は国産のソフトタンニンを使用しました。しなやかで、エイジングも楽しんでもらえます。

内装にはアンティークピンクの帆布を。仕事で使うとなると内装の生地にも耐久性が求められるので、若干重さは出ますがこの生地をセレクトしてもらいました。

口元は天マチファスナー仕様に。いつもは“YKKエクセラダブル”を使いますが、女性オーナーが片手で開閉することを考えて、あえてYKKのベーシックな金属ファスナーを入れました。
見た目の華やかさや耐久性は劣りますが、開け閉めは格段に軽くなります。


そしてキャリーバッグへ取り付けはこんな感じで…

ハンドル部分をかけると結構ずり落ちますが、本体をしっかり留めてあげれば問題なし!
普段キャリーバッグを使わないときは少しでも軽くなるように、ベルトは外せるようにしました。


とても気に入ってもらえて安心しました!
たくさん行かれる海外出張にもドンドン連れて行ってくださいね!
ありがとうございました♪



どんなバッグをどんなシュチュエーションで使うか。それは千差万別です。

独立当初、『こんなバッグがあったらいいのになぁ』っていう要望になんとか応えられないものか。そんな思いで作ったのがこの【Andy】でした。
お仕事にもプライベートにも。その人の要望に応じて、様々に変化していくトートバッグ。


『大事に使いますね!』


その一言で疲れが吹っ飛ぶ思いです。



こんな色で…こんな感じにしてほしい!ぜひご相談くださいね。


●オーダーは『直接ご来店頂ける方のみ』とさせていただいております●
●ご了承ください●





【今週の看板娘】

散歩中に出会ったイケメンプードルに気持ちが抑えきれずにグイグイ行ったら、あっさりフラれました。。。
大丈夫。肉食女子が好きな男の子もいるはずや!




【今週の教室風景】

できるようになるまで頑張る!そういう姿勢、応援しますよ!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

春のデッカイお知らせ。

さぁー、いよいよバタバタしてまいりました….

やらなきゃいけないコト、決めなきゃいけないコト。
考えなきゃいけないコト、人に伝えなくちゃいけないコト。

日々、やらなきゃいけにことが盛りだくさんです。


でも…


こんなに忙しくさせてもらうのは、独立してから初めてのことかもしれない。

今までも決してヒマだったわけではありませんが、自分からそう持っていかないと忙しくはならなかったものです。

しかし今年の春はちょっと違って。



自分ではない誰か、もしくは社会から『必要とされてるっぽいなぁ〜』と感じながら今年の春は過ごしている気がします。

恥ずかしながら、こんなことは独立してからというもの初めてのことで、ちょっと戸惑いつつも。。。
やっと“そういう風”になれた喜びを噛みしめる、平成最後の春。



また一つ、嬉しいご依頼をいただきました!

今月の25〜27日まで、東京ビッグサイトで行われる『ホビーショー』のJUKIさんのブースにて、ミシンを使ったパフォーマンスをさせていただくことに。

メチャクチャ立派なJUKIさんのブース!
担当さんにチラッと聞いたところ、バンディがパフォーマンスするのは一番手前の一番目立つ席とか…
自分がJUKIさんの看板背負ってやるなんて夢のような話ですが、まぁそこは自信を持ってやるっきゃないっしょ!!

当日に行うパフォーマンスは、去年エーラウンドの時にもとっても好評だった、お客さんのバッグを目の前でボクがミシンで仕立てる、というものです。

いつもお世話になっている先輩職人さんにも協力してもらって、いろんな色のパーツを取り揃えて行く予定ですので、乞うご期待♪


なんせホビーショーには三日間で15万人もの人が来るようです。
他にもいろ〜んな催しをやってますので、モノづくりをされている方は是非遊びに来てください!


JUKIさんでのワークショップの詳細は コチラ




そしてもう一つ、出張ワークショップのお知らせ。

JUKIさんとのワークショップを、今度はあのYKKさんも絡めてやらせてもらうことになりました!

レザークラフトを始めて約12年。いつもお世話になっているこの二大メーカーとお仕事をさせてもらえるなんて…感無量です。

使用するミシンは前回のJUKIさんでのワークショップでも使用した、最新型の『SL-700 EX』。分厚い部分でも安定して縫うことができます。
このミシンを使って、YKKさんのファスナーを取り入れた革のバッグを作るワークショップを6月に予定しております!

場所は秋葉原にある『YKKものづくり館』です。
前回と同じく、作りごたえバツグンのワークショップにしたいと思ってますので、革のバッグをミシンで仕立ててみたい方、簡単なワークショップに飽きた方(笑)ぜひ楽しみにしててくださいネ!



では、引き続き土沢でのイベントのアイテム作り頑張りまーす





【今週の看板娘】

オトコマエ。。。
もうすぐヒツジの毛刈りシーズン…かな。




【今週の教室風景】

偶然ネルシャツコンビが座って面白かったんで写真撮ってたら、左の生徒さんが『これ自分で作ったんですよ!』だって!
洋裁できるってスゲーなぁ(笑)




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。


リフレッシュ3月末。

今から16時間後には『新元号』が発表されるんですね〜。
なんでここまで厳重に秘密にするのかよくわからん(笑)まま、自分にとっては“昭和”・“平成”そして3つ目の元号を迎えます。

まぁひとつわかっている事は…どんな元号が来たって違和感めっちゃあるって事(笑)

『平成が良かったなぁ〜』や『やっぱ昭和の方がカッコいいでしょ!』的な話はこれからもず〜っと続いていくでしょう…ね。

とりあえずは楽しみ楽しみ♪








さて






バンディが住むここ浅草は“桜の名所”がたくさんあります。とっておきの場所がココ。

近所のとある公園なんですが、たっくさんの桜並木と目の前にそびえ立つスカイツリー!いつもは散歩で通るだけなんですが、いつかここでゆっくりお花見をしたいと思ってたんです。

と、いう事で!

【Bandy’s レザークラフト教室 お花見大会 2019 春】

静かに息を引き取って…..ませんから!(笑)

実は数日前にこの公園が『お花見穴場スポット』としてテレビに出てしまったようで…朝6時に起きて場所取り頑張りました!
その甲斐あって、ベストポジションゲット!!

寝転んで上を見上げれば…

満開の桜に春らしい青空♪最高のコンディションでした。


生徒さんも続々と集まってくれて、いざお花見スタート!
真っ黒でモジャモジャなのも混ざってますが(笑)


若い頃はテーブルの上にある食べ物をかたっぱしから食べて、飲む人はひたすら飲んで…みたいな感じでしたが、そこはもう皆さん大人ですから(笑)花を愛でつつ、キュッと一杯。


一人の生徒さんが網焼きコンロを持参してくれたので干物・焼き物とにかく炙る炙る。しまいには『網焼き奉行』の称号をつけられてました(笑)



お花見っていつも寒〜いイメージですが、天候にも恵まれみんなで楽しくお花見できました!こんな感じで今年もゆる〜く教室内でイベントやっていこうと思いマス☆
参加してくれた皆さん、ありがとうございました!







【今週の看板娘】

もらえないのに延々とオカズでいじられました(笑)
よく我慢して偉かったネ♪





【今週の教室風景】

2個目の課題トートバッグいい感じでできましたね!
最後の3つ目も頑張りましょう〜






〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。



新色、いかがですか?

ここのところ、毎回花の写真から入るのは春だから…な〜んて季節のせいにしてみたり。
でも毎日散歩がてら観察してると、春ならではの変化が楽しくて楽しくて。
そしていよいよ春のメイン花、ソメイヨシノがもう間も無く!

教室でお花見も計画してるので、今からとっても楽しみです♪








さて






おかげさまで教室業の方が忙しくさせてもらっていて、どうしても仕事がそちらに偏りがちではありますが、なんとか新作の方もいくつか製作しております!

今回作ったのはQrinafでは一番人気となっております


Long Wallet 【Alfred】
2019年の新色は“セルリアンブルー”です。

個人的にはこの色の名前を聞くと『プラダを着た悪魔』のワンシーンを思い出しますが…(笑)




デザインや使い勝手はシンプルに。
そしてこの南国の海のようなブルーが、深い海の色に変化していくエイジングを楽しんでほしい革です!



そしてもう一色。

わずかなムラ感が大人っぽい“ライトグレー”です。
タンニンなめしの革を薄いグレーに安定して染めるのはとても難しいそう。Qrinafでも過去にグレーの革で作ったことがありましたが、リピートで革を仕入れに行くと前回と全く色が違っていてやめてしまったことがありました。
が、今回やっといい革に出会えましたので、自信を持ってリリースいたします!





こちらも使って行くうちに深いグレーにエイジングしていきます。
またファスナーの色にボルドーをチョイスしてワンポイントに。
シックなグレーをピリッと引き締めてくれます。

シンプルに一枚仕立てされたお財布はたくさんありますが、ありきたりな茶色や黒では物足りないアナタに。
ご自分だけの色に育てていってください!



Long Wallet 【Alfred】“Cerulean Blue”&“Light Gray”
price : ¥25,000-(税別)



両方とも5月3・4日の土沢アートクラフトフェアに持っていきますので、ぜひ実物を手にとってみてくださいね!


まだまだ作るよー






【今週の看板娘】

ジーナのトレーニングをしてくれたトレーナーさんの愛犬“燦(さん)くん”に会ってきました♪
トレーナーの彼とは友達として10年来の付き合いなんですが、そのきっかけになったのがその時まだ1歳だったこの燦。
その彼が10歳になって、実は今大病を患っています。
見た目からは全然想像がつかないですが…。

今自分がジーナと幸せに暮らせているのも燦のおかげ。
1日でも長く、元気でいてね。



【今週の教室風景】

JUKIの社員さんが来てくれたので、プチレザークラフト体験してもらいました☆
おじさまがワーキャー言いながら手を動かす姿は、そばで見ていてとっても微笑ましかったですヨ(笑)

今年はJUKIさんと一緒にいろ〜んな楽しいコトを計画中!
このJUKIさんとのイベントをきっかけに、たくさんの方とお会いできるのが本当に楽しみです♪




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。







それぞれの春。

桜もいいけど、大好きなモクレンもいよいよ開花してきました♪

『満開になったなぁ!』って思った翌日にはボトッと一斉に散り落ちる潔さは、さしずめ桜以上かも。
都会に暮らしながらも、こうやって自然の移ろいを感じられる環境はありがたいです。
あとは、こういう散歩に出るきっかけをくれるウチのお嬢にも…とりあえず感謝ですかね(笑)






さて





自分も生徒さんも、今週はたくさん作りました〜!ので。いろいろと振り返りながらご紹介。

まずはわたくしバンディが作ったものは…

GWの土沢のイベント用に作りました。お出かけランチトート。

毎回飾り用にサンプルは持って行ってたんですが、売り物用の在庫としては初です!
『イベントに持って行くとけっこう手に取る人いるんだよね〜』なんてヨメさんに話してたら、『じゃあなんで作んないの?』ってアッサリ言われ(笑)3つ限定で作ってみました♪

ちなみにスッポリこのバッグに入る、専用のキンチャクも作ってますので岩手の皆さんお楽しみに☆




春を感じられるようになったら、急にこんなオーダーも。

イタリア製のピンクのクロコ型押し革で作った、クラッチバッグ【Theron】。春になるとやっぱり明るい色を持ちたくなりますよね♪
滋賀県に嫁いでいきましたが、実際手に取られても喜んでもらえたようで良かったです。


あと作ってるのはトートバッグ2本とショルダーバッグ1本…オーダーもらえるのは嬉しい悲鳴ですが、イベントの在庫ももっと作らなくちゃ〜^^;





続いては生徒さんお二人が同じ課題バッグを仕上げました!

やっと出来上がって大喜びのYさん♪
大変なこともいっぱいあったけど、最後まで頑張りました〜



基本的に課題バッグのキットは自分が用意するので、内装の生地は自分がイメージして切ることが多いんですが…ムーミン大好きYさんは生地を持ち込み!
全然オッケーです♪

でも他の人に売っちゃダメよ(笑)




こちらは自分の手違いで2個目の課題バッグが初バッグになってしまったIさん。いきなり難しい仕立てだけどやり遂げました〜☆



カワイイ柄好きのIさんには山ほどビートルがプリントされたポップな生地で。気に入ってもらえて良かったです♪

これからIさんは1個目の課題バッグに逆戻り!こちらの手違いでほんますいません。。。
実は課題が終わった生徒さん全員が『1個目の課題バッグが一番難しい!』と口を揃えておっしゃるので…Iさん若干ビビってました(笑)




そして今週は体験教室のお申し込みも。

普段から手縫いでレザークラフトをされているそうで、『工業用ミシンを体験したくて〜』とお申し込みいただきました。
バンディ個人的には“ミシン男子”を増やしていきたいので、これからもぜひ続けてくださいね!



さーて、まだまだ作るぞーい。







【今週の看板娘】

食欲の….春(笑)





もういっちょ【今週の教室風景】

ひたすらカッターでまっすぐ切る練習中!
こういうまっすぐな気持ち、応援しませ!



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ミシン仕立て専門
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

〜〜〜〜〜教室からのお知らせ〜〜〜〜〜
2019年1月より木曜日の“昼の部”と、水曜日の“夜の部”を新設!
かねてよりご要望がありました木曜日に
昼の部【10:00~13:00 / 14:00~17:00】を増設致します!
また夜の部は昼間お勤めの方など、仕事帰りの気分転換にレザークラフトをやってもらえたら…と、毎週水曜日の【19:00〜22:00】に変更しました。
ご都合のよろしい方はぜひご検討ください。
在籍しているほとんどの生徒さんがまずは体験教室を受けております!
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて。
お申し込みは下記フォームより必要事項をご記入の上送信してください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

『ぜんぜんミシン初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度体験教室にいらしてください!

体験教室では実際に工業用ミシンを使って、レザーキンチャクを作っていただけます。
小さなキンチャクですが革を縫う・漉く・ヘリ返す・タグを作るなど、ミシン仕立てならではの技術を一通り体験してもらえます。
詳細・お申し込みは下記のリンクからどうぞ。

工業用ミシンを使って本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。