まさに弾丸。

だいぶお久しぶりのブログになってしまいました…
先ほど、業界の大先輩が言われていたことが、心に染みるほどナットク。

“光陰、瞬間移動の如し”

 

わたくしバンディも先日39歳の誕生日を迎えることができました。
39歳と言えば立派なオトナ。
子供の頃に想い描いていた39歳というと、もっともっとしっかりしたオトナだと思っていました。
が、実は“オトナ”なんてものは子供の想像の産物だと思えるほどのテキトーさ(笑)
“これでいいのだ!”と思える日と、“これでいいのか?”と思える日が未だ繰り返す毎日です。

それでも、一つだけ確信しているコト。それは

“今が一番いい。”

お世辞でもカッコ付けでもなく、心からそう思えます。
と、いうことは、過去の何かが一つでも欠けたら今はないわけですから、過去はすべてヨシ。
こうやってこれからも、前を向いて歩いてゆければ…
そしてまた、良い40代を迎えられたらと思います。

 

 

先日、本当に久しぶりに“クラフトイベント”に出店してきました。

夜中に商品や什器をレンタカーにツメツメして、一路向かうは岩手県花巻市。
年に二回行われている“土澤アートクラフトフェア”に参加してきました。

 

行き道で二回ほど寝落ちするも、約7時間半かけて無事に到着。

 

 

二日間とも雨が降ったり止んだりのあいにくのお天気でしたが、想像を上回るお客さんの数!
それでも天気が良かった前回は倍の人手があったと聞いてさらにビックリ。
このイベントがたくさんの方に支持されているなによりの証です。

ほぼイベント初心者の自分にみさなん本当によくしてくださいました。
雨で濡れてしまった商品のためにタオルを貸してくださったトンボ玉のご夫婦。
雨よけを貸してくれたり、何度も声をかけてくれたcharbouzさん。
あったかいコーヒーをくれたパン屋のおばあちゃん。

そしてお客さんもステキでした。

想定外の寒さに震えていたら、“使ってください!”とホッカイロをくれた女性。
自分が浅草から来たことを告げると、“このイベントのためにわざわざ来てくれてありがとう”と頭を下げてくれるおばあちゃん。
ご自分でこだわりのサイフを他でオーダーしているにも関わらず、“お兄さんと話が出来てよかった!”とウチのサイフを買ってくれた男性。
“他も見たけど、やっぱりこのトートバッグが一番いい!”とわざわざ戻って来てくれた女性。
“さっき迷ってたポーチより値段が10倍するけど、これにする!”と銀行にお金を下ろしに行ってくれた女性。
値引き交渉を丁重にお断りしたのに、“やっぱり忘れられんからもらうよ。”と戻って来てくれたおじいちゃん。

こうやって、思い出しながら書いているだけで泣けてきそうです(笑)

 

そしてその日のうちに戻るべく、花巻の名所・名物を何一つ堪能することなく出発。

間もなく東京に着くラスト一時間は、ひたすら自分との戦い。。。
とてつもない爆音で流されるハードなロックに、10万キロを走っていたこのレンタカーもさぞビックリしたことでしょう(笑)

 

子供の頃は田舎なんてなんにもないって思ってたけど、早朝に見た田畑の景色は、思わずクルマを停めて見入ってしまうほどに美しく、ひとたび人と関われば、それは小さな暖炉のような温かさを心が感じたりする。

東北は都会の人間が忘れたなにかを、すべて持っていた気がします。
待っててくれる人のために、そして自分のために。

また行きたいと思います。

 

 

 

 

 

モノ作りで笑顔作り。

とにかくよく降りますね。

台風や農作物、そして大切な人の体調。
いろいろ心配になってしまいます。

四季で一番好きな秋がすぐそこまで来てるとはいえ、もぅいいかげんいいじゃないの?なんて思っちゃいます。

早く気持ちのいい秋晴れに恵まれますように。。。

 

 

この夏はお盆明けから講習ラッシュでした。

 

自店でのレザーワークショップも、今までで一番ご予約をいただきました。

“自分で作って自分で使える”
当たり前のようですが、みなさんにとってはこれが新鮮で、出来上がったアイテムをとてもとても愛おしそうに見る目…
それがこちらにとってはとても新鮮で、シアワセな気持ちにさせてもらえます。

こういう瞬間を生み出せる。
作り手として店を構える醍醐味ですね。
本当にありがたいことです。

レザークラフトにご興味ある方はぜひコチラまで
http://qrinaf.com/workshop

ご来店される方はほとんどレザークラフト未経験の方ばかりですので、ご安心を。
ワークショップの最後にささやかではありますが、浅草のお楽しみをご用意してお待ちしておりますヨ。

 

 

そして今年も講師をさせていただきました、レザーメイト さとう主催“レザークラフト夏期講習”。

ちょっと見た目が複雑そうなので、まぁ3人ぐらいでも集まってもらえたらな〜
なんて想像してました。勝手に。
ところがフタを開ければ追加の追加が入って、総勢15名ものお申し込みが!

まったくの予想外で、お盆明けからつい先日まで、この準備とキット製作に追われに追われバタバタになっていたのは、今だから言えるお話です(笑)

 

 

この講習で学んだ技術や知識が、少しでもお役に立てますように。

出来上がったばかりのトートバッグに荷物をい〜っぱいに詰めて、笑顔で帰られて行く受講者さんの後ろ姿を、そんな気持ちで見送らせてもらいました。

ちょっと前は、自分が教える立場になるなんて想像もしてなかったけど、こうやってレザークラフトを通じてだれかの笑顔を作れるようになれて、自分は本当に幸せモンやと思います。
これからも、たくさんのご縁があるといいナ。。。

 
来年も無事に開催できますように。

 

 

 

 

 

拝啓。

あれだけ楽しみにしていたお盆休みもあっという間に終わり、またいつもの日々に戻りました。

いつも盆正は必ず帰省するバンディですが、今年はちょっと変更。
ご存知の通り4月からショップをオープンさせたため、遠くへ行く機会がめっきり減ってしまいました。(今までどんだけ自由だったんだよ(笑))
ですので帰省がてらちょっと足をのばして、大阪・京都・奈良へ行ってきました。

 

ずっと行きたいと思ってたところに行けて…

 

会いたい人に会えて。
とても幸せ。

 

そして今回の旅の一番の目的地。

見る人が見ればすぐにわかる、奈良の某地。
この先は写真撮影一切禁止。

 

4〜5年前
偶然テレビで見かけて知ったこの地。
そのときは“最強パワースポット”として紹介されていました。

そのたぐいのものはまったく興味ないのですが、何年たってもナゼか忘れられない…

それでは、と、思い切って行ってみました。

 

このしめ縄の入り口から、往復約3時間の山登り。
距離はそれほどでもないんですが、なんせ勾配がキツい。
あっという間にTシャツがベタベタ。

それでも登りきった山頂で見たものは…
なんとも不思議で、神秘的な光景(他言してはいけないそうです)と、どこかで聴いた覚えのある唱えのお言葉。

聴いたことがある…
間違いなく聴いたことがある…
でも…どこで??

一生懸命思い出そうとしますが、なぜか一段と大きく聞こえるセミの声がジャマをする。

それでもふと、思い出しました。

 

昔、死んだじぃちゃんが神棚に向かって唱えてた言葉だ。。。

 

その後、実家に戻り、あわててばぁちゃんちに向かいました。
そこでこの出来事をおじさんに伝えると

“あぁ、あそこはじぃちゃんが元気なとき、毎年行ってたからなぁ。”

 

驚きました。
そんなこと、まったく知らずに行きました。
なにも知らずに自分は
元気だった頃じぃちゃんが登ったであろう同じ道を、自分も歩いていたのです。

それを知って、同じ道を歩けた喜びと、同じ道だったことを知らなかった悔しさが同時に心に湧いてきました。

この出来事に意味があるのか?ないのか?
そんなこと関係ない。

約25年の時を経て
じぃちゃんとこんなカタチで繋がれた喜びは
単なる“夏の思い出”として心に閉まっておくには惜しいほど
大きな大きななにかを残してくれた気がします。

 

拝啓 じぃちゃん

いつも見てくれてるから知ってると思うケド(笑)
孫はたくさんの大好きな人々に囲まれて元気にやってます。

これからもたくさん、誰かの笑顔を作れるように
自分にできることをやっていくから

ずっと見ててネ。

 

 

そしてそして

みんな笑顔になってくれたらいいナ…の思いで
一つのアイデアが生まれました。

大切な仲間と一緒に、実れば良いなぁ。

 

 

 

 

 

夏のお休みです。

早く終われ…早く終われ…

そう毎日思っていた梅雨空は、すでに懐かしく。
パワフルな太陽が毎日大活躍の8月に、早くも突入しました。

 

Qrinafのショップのほうも、おかげさまで4か月がたちました。
まだ4か月…なのか、もぅ4か月…なのか。

自分の心に聞いてみると…

“まだ”のほうがちょっと強い気がします。

なんせ浅草のはずれですから、別に日々そんなに忙しいワケじゃありません。
でもお店としてトビラを開いたことで、毎日がとにかくドラマチック。

ドアのカウベルが一度も鳴らない日もあれば、“カラ〜ン”と鳴ってお店に出て行くと“ハンコお願いしま〜す”とクロネコさんだったり(笑)

それでも先日、初めてのリピーターさんができたり!

 

まだまだ、ぜんぜん、知名度はないけど…ちょっとずつ、お店を持つ“醍醐味”を味合わせていただいております。

 

めざせ、路地裏の銘店。

 

なーんて(笑)

 

 

 

〜夏休みのお知らせ〜

8月の10日〜14日まで、お休みをいただきます。
15日から通常営業となりますので、よろしくお願いいたします。

タネから育てた向日葵も、立派に咲きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新作【Alfred】。

Long Wallet 【Alfred】
color : Brown


color : Grey × Bordeaux


size : w195cm × h95cm
card holder : 8
price : ¥25,000- (+tax)

 

Short  ver.


size : w115 × h95
card holder : 4
price : ¥20,000- (+tax)

 

レザークラフトを“趣味”から入った人なら、必ず作るであろうバイカーウォレット。
でも“仕事”から入ってしまった自分は、このようなシンプルなウォレットは意外にも初挑戦。。。

 

ちょうど一年前、この革との出会いからこのウォレットのインスピレーションをもらい、イメージを膨らませて膨らませて…やっとカタチになりました。

革は原皮は日本産、染色はイタリア製法。
鞣しはタンニンとクロムのコンビという、すべていいとこ取りな一枚。
そして仕上げに革の表面をスーッとわずかに毛羽立たせるヌバック加工を施すことで、ずっと触っていたくなるようなしっとりとした手触りに仕上がっています。

この革の特性を生かすべく、極々シンプルに。
でもQrinafらしく。

長財布サイズと二つ折りサイズ、2種類作ってみました。
ショートバージョンのほうは作り上、お札を折らないと収納できない作りですが…
一番後ろのポケットにスルスルっとお札を差し込んでいくと、ピッタリ入る仕組みになっていますので、折らなくてもお札が収納できちゃいます。

どんな仕組みになってるのかは…
ぜひ店頭で直接確かめてくださいね。

 

新作【Alfred】。
よろしくお願いします。

 

 

 

追伸

また、新しい“夢”ができました。

クルマに商品いっぱい詰め込んで、日本中を売り歩きたい。。。

行き先はもちろん

 

ダーツで決める(笑)

 

 

 

 

 

遅咲きでGO。

降ったり止んだり。

四季がある日本にはとても大切な季節なのに、いかんせん嫌われがちな梅雨。
まだまだ続きそうですが、早くも6月は終わろうとしています。

“もぅ今年も半分終わっちゃったね〜”

“まだ半分あるでしょ!”

な〜んて会話が、あちらこちらから聞こえてきます。

 

Bandy的にはこの6月、ちょっと大変でした。
やっぱり“カラダ様”の調子が良くないと、いろんなことに影響してしまいがち。

まわりに迷惑かけてもダメなんで、日々おとなしくおとなしく…

してたつもり(笑)

ありがたいことにいろいろ声をかけていただくお誘いも、無理せず行けるやつだけ。

 

6月も終盤に入り、急になにかがゴロン。

突然新しい出会いがたくさんあって、面白い友達ができたり、魅力的なお仕事のオファーをいただいたり。

主催した仲間との集まりも笑顔がたくさん生まれて、とてもとても楽しい時間が作れたり…

 

 

だれだってしんどいときはある。

そういうときは無理をしない。

できないときは断る。

そして…

身の回りのことで一喜一憂しない。

 

今頃、そんなことに気づいたアラフォー、2015年の梅雨。

 

 

 

 

新芽ラッシュ。

モッサモサです。
店先が。

コレいくらですか〜?とかって
園芸屋さんと間違われるのも時間の問題かと。

 

日に日に空気が潤うこの時期、グリーンたちもいっせいに新芽ラッシュ。

 

 

 

かわいいことこの上なし。

 

 

そして夏に向けて、グリーンで遊ぼうプロジェクト第二弾はじめました。

 

ウチの家と隣の駐車場のわずかな隙間…
ここに

 

どどーっと土を流し込むこと250リットル!
今回は初めて“タネ”から育ててみることに。

最近は苗で買ってくるのが主流ゆえ、タネからまいて育てるとなると…
中学校の授業でやった“菊”以来かも。

かと言って、ここを菊だらけにしたら余計に怪しまれるので(笑)
元気になれるあの花のタネを投入。

 

ドキドキしながら水を撒き撒き。
ホントに出てくるんかいな。

 

ハイ、あっという間。

ものの3〜4日でこの状態!
これは期待できそうです。

ただ…
3種類のタネを蒔いたんですが、どれがどれかわからず(笑)

 

まぁでもまた夏の楽しみが一つ増えました。
夏にはなかなかステキな感じになる予定なのでお楽しみに♪

 

それにしても

 

 

ウチのこの壁、なんかもったいない。
だれか絵でも描いてくれないかな〜って言ってたら
友達がパソコンでイメージを作って見せてくれました。

 

 

即却下(笑)

切なすぎて。

毎週月・火とお休みをいただいております。
火曜日は私用があるので、実際に一日フリーになるのは月曜日だけです。

すると、必然的に月曜日はプライベートな予定で満載になってしまうワケで…

 

 

某日、月曜日。

ラジオ番組で当たった“大アマゾン展”のチケット。
めっちゃ行きたかったからやっと行ける!

月曜休館日。

 

 

 

じゃあ仕事用のサンダルを買いに行こう!

閉店。

 

 

せっかくここまで来たから、ずっと行きたかった車屋さん見に行ってみよう!

定休日。

 

 

気を取り直しておいしいハンバーガー食べよう!

白パンに落下。

 

 

このように、月曜日があまりにも切ないので…

来月から定休日を“火・水”に変更したいと思います。
よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

生きる果てにドクロありき。

ず〜っと前から気になってました。

それはもぅ数年単位で。
気軽な気持ちで手を出せば、もぅ最後まで付き合わないと。。。
手を出しちゃいけないって。
自分の心の中にだけ留めていたんです。

 

しかし先日、そんな頑な心にふと、入り込まれてしまい…ついに。
ついに手を…つけてしまいました。

 

 

最後までお付き合いさせていただきます(笑)

 

 

 

さて

3年ほど前でしょうか。
自分用に作ったアクセサリーがありまして。ずっと愛用しております。

つい先日、それを見た友達から
“売ってたら買いますよ!”
と言ってもらえたのを真に受けまして。
さっそく作ってみました。

メインの材料はこちらのビーズ。
“Camel bone beads”というもので、その名の通りラクダの骨を削って作られています。

しかもよく見てもらうと…
なんともまぁひょうきんな表情のドクロたち!
すべて手作業でできているため、すべて表情が違います。
見ているこちらまで思わず笑顔になりそうです。

この愛嬌あるビーズ、デッドストックで眠っていたものを買い付けて製作しました。

 

見た目はかわいくても、素材はぬかりなく。
革は国産タンニンレザー、ビーズを留める革ひもは鹿革、ギボシは真鍮製です。
サイズは14cm〜16cmで調整式で男女兼用です。

 

 

 

 

“ドクロものを身につける”
これには賛否両論ありますよね。やっぱり縁起が悪いとか。
人それぞれ考え方はあると思いますが、bandy自身はそういうものを身につけることによって

“遅かれ早かれ、人間はいつかこうなる。だから後悔なき毎日を送ろう。”

そういう意識付けの気持ちでほぼ毎日、愛用しております。
夏に近づくこの時期、お気に入りのTシャツにちょっとおかしなガイコツを身につけて、おでかけしませんか!

ブレスレット【Funny Skall】
カラー:ヌメ・ブラック・ワイン
price : ¥3,600-

 

 

ただ、すでに店頭で多くの方にお買い上げいただきまして…おかげさまでこのブログを書いている時点で、残りわずかとなってしましました。
ビーズがなくなり次第、終了させていただきますのでご了承ください。

 

 

 

 

 

あのオレンジ。

“あんな感じのオレンジってありませんか?”

革変更のオーダーで、もしかしたら一番リクエストが多いかもしれません。
そう、フランスのトップメゾンの“アノ色”。

実はオレンジの革って、そんなにあるわけじゃないんですが…
ウチではこのリクエストのとき、必ず使う革があります。

 

今までこの革で“イメージが違う!”と言われたことはありません。
まさにドンピシャ。

今回のオーダーは…

トラベル クラッチ。

 

 


一つ、面白い仕掛け。

 

左上のフラップをはずすと、スルスルっと長いものが。
これは“チケットホルダー”です。
航空券や旅先での入場券など、折り曲げたくないチケットを留めておけるように。

 

先日、ご来店されたお客さんにコレをお見せすると、早速ご注文いただきました。
そこでまた面白いアイデアが生まれたので、次回作で試してみようと思います。
自分も

こんなクラッチを使いこなせるぐらい海外へ行けるようになりたいナ(笑)

 

 

※こちらのアイテムは在庫はございません。アトリエで革をお選びいただいてから製作いたします。詳しくはお問い合わせください。