早よ作らんかい。

突然ですが、ちょっとお知らせをば。

 

去年の4月から運営させてもらっている“Bandy’s レザークラフト教室”ですが、おかげさまで生徒さんも徐々に増えつつ、毎週水曜日と土曜日にやらせていただいております。
その中で色々とご要望もいただくのですが、ちょこちょこ言ってもらうのが

 

『会社帰りにやりたい!』

 

とのお声。
ありがたいことに昼の部も間も無く定員になりつつありますので、いよいよご期待にお応えするタイミングかと。

と、いうことで。

 

『オトナのための夜のレザ活』始めます!!

と言っても特別なことをする訳ではなく(笑)、10月から【夜の部】を新設する運びになりました!
タイムスケジュールは

 

水曜日 PM18:30〜PM21:30

土曜日 PM18:00〜PM21:00

 

となっております。

“ライフワークバランス”という言葉がちょっとずつ馴染みつつはありますが、何か新しいことを始めたい!と思っていても、なかなか時間が取れなかったりする状況がリアルにあります。
そんな昼間アタマをフル回転させて働いてきた人に、夜仕事帰りにちょっと浅草に寄っていただいて、革と触れ合いながら無心でミシンをトコトコと踏んでもらえたら…。

浅草の路地裏で、小さな明かりをポンっと一つ灯してお待ちしております。

 

お問い合わせ・お申し込みはホームページからどうぞ♪

 

 

 

さて

 

 

数物と夏期講習に追われた夏が終わり、少し落ち着いて秋を迎えようとしております。

な〜んてカッコつけて言ってないで、早よ新作バッグ作らんかい!って話(笑)
なんとか一つすすめております☆

 

過去にも何度か書いてる通り、自分は絵心というものがマイナス200。
描けば描くほどイメージが可視化できない自分に腹が立ってしまうので(笑)
もういきなり紙で立体物をまずつくってみます。

頭の中にデザインはできていますが、この時点ではとりあえずサイズ感を確認。

 

 

で、この何もデザインされていない型紙から、デザインのギミックを入れて、パーツ割りをします。

 

 

それを今度は帆布で成型。
マチを作ったら横に広がったので、今度は高さが少し足りないかなと。

 

 

ということで、高さを20mm上げました。
これでいいバランスかな!

女性に持ってもらって、大きさ感を見たりもしました。
普段使いはもちろん、書類を持ち歩くお仕事とかにも使ってもらえそうです♪

 

またまたいい感じの革も見つけてきましたヨ〜

 

デジタルプリントされたシープ革。
通常の染色ではありえない模様の出方が斬新!
バッグもいいけど、財布にしてもいい予感。。。

 

これまたなかなかレアな一枚☆
写真では伝わりにくいですが、ただのクロコ型押しではありません。
なんと本物の仔牛のハラコに型押し!
なので手触りはトゥルントゥルンの極上ハラコです。

探せばまだまだ面白い革がありますね〜。ホント。

この子たちを生かしたアイテムを生み出せるよう製作していきますので、どうぞお楽しみに♪

 

 

 

【今週の看板娘】

そろそろヒツジにしようと思ったらバリカンが調子悪く。。。
やれ修理だ、やれ送れだとやってるうちに伸びた毛がいい感じになってきて、周りの人にも『やっとプードルっぽくなっていいじゃない!』とか言われ始め(笑)
バリカンが戻ってきたらソッコーでツルツルにしてやろうと思ってた飼い主に、若干の迷いが生じている今日この頃です。

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜夜教室開講!〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
2018年10月より“夜の部”を新設します。
【水曜日 18:30〜21:30  /土曜日 18:00〜21:00】
昼間お勤めの方など仕事帰りの気分転換に
レザークラフトをやってみませんか?
お問い合わせはメール(qrinaf@gmail.com)にて、お申し込みは下記フォームより送信ください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!

本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。

リンクはこちら⇨school

下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

頼まれモノはいい勉強。

『ナニィーーーー!!』

 

ある日の作業中、ガラス越しに見えたものは…

人力車!!

で、ご来店(笑)

浅草に住んでいると比較的よく見かけるので、めずらしさにビックリしたワケではなく。
人力車横付けでのご来店はさすがに初めてだったもので…。
来てくれたお客さんはいつもイベントでお邪魔している岩手の『土沢アートクラフトフェア』に来てくれる常連さん!
東京に来たついでにお店に寄ってくれました♪

いろいろビックリしたけど、めっちゃ嬉しかったです!
これから永遠にネタとして使わせていただきますね(笑)

 

 

さて

 

なんだかここんところちょっと変則的なアイテムを友人から頼まれて、いくつか作ったのでその一部をご紹介。

花屋さんをやっている友人から『バンディこれと一緒の作ってくれぃ!』と差し出されたのは、道具入れに使っていたと言う小さなショルダーバッグ(最近だとサコッシュって言うのかな?ってかどう言う意味や(笑))。
ボッロボロの合皮製だったので、ちゃんと本革で新たに作り直し。

技術は超一流なのに、いつも自然体でナチュラル〜な雰囲気の彼女。
そんな彼女をイメージして、シンプルかつナチュラルに仕上げてみました!
ウチのアイテムではあんまりないタイプですが…
一応できるんですよこーゆーのも(笑)
松本クラフトフェアはこんなイメージでいったらイケるのかな…。
ナ〜ンテネ。

道具いっぱい詰め込んで、たくさん使っておくんなまし!

 

続いての依頼はコチラ

 

『新しく自転車買ったんだけど、それに付いてるカゴが荷物全部落ちるのよ。』

と、よく分からぬことを言ってきた友人。
実物を見てみると、『コリャ落ちるわ!』ってすぐツッコミたくなるザックリだけどスタイリッシュな作りのカゴが付いた最新の電動自転車。
そのカゴにピッタリなバッグを作ってくれと言う。
はてはて。

 

そして作ったのがこのバッグ。
一見シンプル〜に見えますが、気軽に受けてしまったのをちょっと後悔するほど難儀な型紙。
でもい〜い勉強になりました!

 

小物を入れるのはもちろんですが、ときにはスーパーの買い物袋とかも入れたくなりますよね?
そんな時のためにファスナーにひと仕掛け。

 

よくジャンパーやパーカーに付いてる、外れるファスナーを使ってみました!
これで大きな荷物もドサっと入れちゃってくださいな。
雰囲気もイメージ通りにできてよかったよかった♪

って言うか、最新の電動自転車ってスゴイ!
最初の写真見てください。
電動なのにおかしいの気づきました?
そう、電動自転車には必ずある『バッテリー』がない…。
なんと本体のフレームの中に内蔵されてるそうで。

かっちょええ舶来の自転車にド下町浅草のバッグ。
これぞグローバルってやつっすか??(笑)

 

自分の好みばっかりで作っていると、技術もアイテムの雰囲気もかたよりがち。
でもたまには変わり種に挑戦してみるといろんな発見や気づきがあります。
これからもいろんなアイテムに挑戦して見たいですね♪

あんまり気軽に受けちゃうと後で後悔する時もありますが(笑)

 

 

【今週の看板娘】

振り返ったら目の前10センチにアフロと黒鼻(笑)

 

 

 

今年もやりますミシン仕立ての夏期講習!
8月1日はおかげさまで満席となりました。
20日はまだ募集しておりますので、興味がある方はぜひご参加ください♪
お申し込み、お問い合わせはレザーメイト さとう(o3-3866-0166)まで。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!

平日お勤めの方【土曜日にまだ余裕があります】!
本格的な本革バッグを作るレザークラフトを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店へメール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにもパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

自分用はそーなるよね。

早くも6月も2週目に入り、いよいよ梅雨入りしました〜。

ワタクシバンディの地元は三重県の伊勢なんですが、縦長の三重県は南へ行くほど雨の量が多くなります。
特に尾鷲の方は本当にヤバい。
自分も一度経験済みなんですが、なんていうんでしょう…雨つぶ一粒がまるで“うどん”です(笑)
当たると痛いというか重い!
まるでボディブローのようにヒザに来る感じです(こっちは経験なしですが(笑))。
当然クルマを運転していてもワイパーなんか全く役に立たず、雨で恐怖を感じたのはあの時が初めて。
まぁこれは極端な経験ですが、伊勢は梅雨に入ると毎日毎日アメアメアメ…。

それに比べると、東京の梅雨ってそんなに雨が降らないなぁ〜っていうのが正直な感想だったりします。

…そうは言っても。

ここから約1ヶ月半、潤い期間ですね。

 

いつもの散歩道の紫陽花も

モリッモリで今が見頃デス♪
ってか、最近のスマホはキレイに撮れますなぁ(笑)

 

 

さて

 

少し前に入荷したこちらの革

数ある迷彩柄の革の中でも、自分が一番カッコいい!と思っている、『LA PERLA AZZURA』というイタリアのタンナーさんの革がいよいよ手元に来たのでインスタにあげたところ、早速この革で三つ折りウォレット【Roy】を作って欲しい!とご注文をいただきました。

自分もこの革はきっと【Roy】に似合う!と思っていたので、とっても嬉しいタイミング☆

 

そして迷彩柄で製作する時いつも迷うステッチの色。
なんせいろ〜んな色がウネウネしてますから(笑)
あとなんのアイテムに仕立てるかによってもイメージが変わってきます。
その中から今回はアイボリーをチョイス。
白っぽいのはステッチが失敗するとよ〜くわかるのでドキドキしながらも…これが良かったので。

イメージ通りできました!

 

あー…やっぱりいい感じ。
いきなり手前味噌ですんません(笑)

それにしても迷彩柄は写真撮るのもムズカシイ…。
この一枚にたどり着くまでに50枚は撮りました。
もっと写真うまくなりたいっす。

 

内装にはこれまたイタリアンレザーのエルバマットを使用。
なんとまぁいい雰囲気が出ること!
オイルが多少強めなので仕立てに若干気を遣いますが、やっぱりいい革です。

 

実はこのおサイフ、『長財布恐怖症』の自分用に7年前ぐらいに作ったのがきっかけでした。
二つ折りだとカードが入りきらなかったので、大容量の折財布がコンセプト。
これまでの間、幾人もの方が気に入って買ってくださいましたが、とっても不思議なことに男性ばっかり!
確かに今まで作ってきたのはゴツい革ばっかりだったからかな…。
今度は花柄にしてみるか!
って、そーゆーことじゃない?(笑)

 

そして今回、あまりにも気に入ったので…4年ぶりにおサイフを新調しました♪
とはいえ、ちょっと中身をイジってみました。
長年作ってきたアイテムなので、型紙や作りはかなり成熟の域に入っていますが、ここにきてちょっと大きな変更を。

作り手あるあるかと思いますが、自分用のはいつもサンプルですわ(笑)

 

オーダーしてくれたオーナーさんもこの【Roy】が3つ目!
心の底から気に入ってもらえて、本当に作り手冥利に尽きる思いです。
Nさんいつもありがとう!

 

こちらおサイフは店頭用も作りました!
ぜひ実物をお手に取ってみてください☆

 

 

【今週の看板娘】

ある朝、バナナを食べようとしたらGinaで笑えました(笑)

 

 

今年もやりますミシン仕立ての夏期講習!
8月1日はおかげさまで満席となりました。
20日はまだ募集しておりますので、興味がある方はぜひご参加ください♪
お申し込み、お問い合わせはレザーメイト さとう(o3-3866-0166)まで。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

感性で完成です。

『これは何の革なんですか?』

『これはどうやって使うんですか?』

『こんな加工見たことない!』

 

先日、生徒さんをお連れしてこんなイベントに行って来ました!

東京レザーフェア

毎年春・秋の二回、国内外のタンナーと問屋が集まって行う革の大展示会。
この展示会を見れば今の革の流行や最新の加工技術に間近に接することができます。

自分はお世話になっている問屋さんも出展されているので毎回行くのですが、なかなか一般の方は入りにくい。。。
そこで一緒に行きたい人を生徒さんの中から集い、名付けて『オトナのレザー社会科見学』に行って来ました!

自分は12時からお店の営業で帰らなきゃいけなくてあまり時間がなかったので、『サラッと一通り案内するので、あとは各々自由行動で!』とは言ったものの…
最初のフロアーの最初のブースからいきなり生徒の皆さんが食いつく食いつく(笑)
とりあえず1時間で一通り案内する予定が、終わった頃には2時間以上が経過…
気づけば開店10分前。
『もーいいや!』ってなっちゃって、せっかくなんでとみんなでランチに行っちゃいました♪
まぁ自営業の特権…というか心が弱いというか(笑)

冒頭のセリフは皆さんがイベントで発していたものなんですが、何だか逆に自分が刺激を受けた気がします。
もう自分は毎回見に行ってるので、ここのところは一人でフラフラ〜っと見て終わることが多くなりがち。
でも今回生徒さんたちが楽しそ〜にしている様子を見て、こういう『ワクワク』を忘れかけていた自分に気がつく。。。
せっかくクリエイティブな仕事をしてるんだから、皆さんのようなピュアな感性を大切にしなきゃ!
って、生徒さんに刺激を与えるつもりで行ったのに、自分が生徒さんに教えられて帰って来た次第です(笑)

みんなとっても楽しんでもらえたようなので、声をかけて良かったです!
また行きましょうネ♪

 

 

さて

 

 

全く同じモデルなのに、似て非なる二つのお財布を納品させてもらったのでその様子をば。

まずは先日から復活したこのモデル!
ラウンドファスナーウォレット【Emel】の花柄スタッズ革バージョン。
早速ご注文いただきました〜。

 

『前からずっと気になってたんです〜』
とご来店いただき、実物を見て即決してもらえました。

 

お渡ししたそばから、『ステキーっ!!』って言いながら、早速今お使いのお財布からお引越し!
今までかなりの数のお財布を納品してきましたが、目の前で入れ替えていかれたのは初めてかと(笑)

 

末永く愛用してもらえますように!
ありがとうございました☆

 

そして次も同じ【Emel】なんですが…

 

こちらは『ピンクベージュで大人っぽく仕上げて欲しい』とのご要望で製作。
上記の花柄スタッズから一転、グッとおしとやかになった感じです。

 

内装にもピンクベージュのファスナーでワンポイントを。
日頃ワインのお仕事をされているオーナーさんの落ち着いた雰囲気にピッタリでした!

 

『想像してたよりずっと大人っぽくてステキ!』と喜んでもらえてホッと一安心。
Sさんありがとうございました!

 

同じお財布でも、持つ人の感性や好みで全く別物のお財布に。
なかなか理想のお財布に出会えないとお悩みの方。
ぜひQrinafのセミオーダーを試してみませんか?
ご相談、お待ちしております!

なお、勝手ながらセミオーダーはご来店いただける方のみとさせていただいております。ご了承ください。

 

 

【今週の看板娘】

なんでも食べ物のようであるかのような真剣な眼差しで見つめるのはヤメていただきたい。
アナタの名札ですから(笑)

 

 

〜臨時休業のお知らせ〜
5月27〜29日までお休みさせていただきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆
〜手縫い仕立てコースは終了しました〜

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

春モノ(用の材料)いろいろ。

晩冬…
残寒…
梅花…
早春…

の候。
これすべて、2月の時候の挨拶だそう。
要は
『や〜っと寒いの終わりかけや!!(晩冬)まだち〜と寒いけど(残寒)、梅も咲いてきたで!(梅花)ホンマの春まであともうちょいや!!(早春)』
ってことでしょうか(笑)

そういやちょこちょこと『春モノ』作ろうかと思いまして。
ってか遅いんですが(笑)

思い浮かんで作ったのがこんなのでした。

 

ド冬モノっぽい(笑)

せっかくスペインから苦労して持って帰って来たゴブラン織りの生地。
内装だけじゃもったいない!って思い、作ったのですが…。
実物を見せた数人は、『ほほ〜ぅ』と“え?これ春夏っすか?”というわかりやす〜いリアクションをいただきましたっ(笑)

いーんです!
今売れなくても置いておくから!

あ、でもこんなのも作ってみました。

 

バッグチャームです。
シンプルなバッグにちょこんとつけてもらえれば。
こちらは鋭意製作中でありマス☆

 

さて

 

少しずつ作り始めた春モノですが、まだまだこれからが本番。
い〜い感じの春モノ革を仕入れしてきましたのでご紹介!

まずはこちらのシープ(ヒツジ革)。イタリア製。
淡いエメラルドグリーンとパープルがとってもキュートな雰囲気!
ズバリお財布向けかと。
表面にクリア加工もされていて、長くこの色目をキープしてくれそうです。

 

続いてはこちらのゴート(ヤギ革)。イタリア製。
なんだか今年はエメラルドグリーンな気分なんでしょうか??
またまたこの革もエメラルドグリーンとライトグレーをチョイス。
表面にしっかり刻まれたシボに、ランダムに描かれた柔らかなラインがいい感じ♪
去年はクロコ型押しで作ったクラッチバッグを、今年はこれで作ってみようかなと思っています。

 

こちらはキット(子ヤギ革)。イタリア製。
強ずぎないブルーにほんのりとメタリックがかかっているベースの革に、黒のペイントマダラ模様がとってもクール!
ファスナーや内装も黒でまとめたら、ユニセックスのカッコいいお財布になる予感。。。

 

最後はパンチのあるこの二枚!
キップ(中牛革)。日本製。
今年も『世界に一枚のみ』革が入荷しました!
二枚とも職人さんの手染めで作られた革です。
染めのムラ感とダイナミックな動き、そして何と言ってもこの色がたまらない一枚。
Tシャツに似合うようなシンプルなトートバッグなんていかがでしょう?
ピンク好き、ブルー好きの方にぜひ!

 

今年の春のイベント出店は4月28・29・30日にビッグサイトで行われるミンネのイベント(出店決定)と、5月3・4日に行われる岩手県土沢アートクラフトフェア(申し込み中)です!
今回ご紹介した革で『これ作ってきて!』みたいなリクエストもお待ちしておりますので、よかったらメッセージ下さいませ♪

 

 

【今週の看板娘】

扉の向こうからチラリ…。
何気に前足がモジャモジャでカワイイ(笑)

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

トライ&エラーからの今。

いよいよきました。
数年に一度の『ドカ雪』が。

ウチの前もあっという間に

 

このありさま。。。

しかし今まで雪に慣れてなかった都民ですが、これを放っておくと日に日に天然スケートリンクと化すことがわかってきたので。

 

次の朝、ソッコーで雪かき!!
ウチの前の道は民家がウチしかないので、全て一人で!!
頑張りましたぁ〜
近所のみなさんも朝からやっていたので、昔に比べたら危険箇所はぜんぜんなくて一安心。
心地よい達成感で大雪を乗り越えた今週。
最低気温がマイナス4℃とか朝の散歩中に笑えてくる寒さですが、もぅそのうちに桜の開花宣言やろ!と勝手に言い聞かせ、耐え忍ぶ毎日デス(笑)

 

 

さて

 

先日完成しました限定のトートバッグ【Holly】のアンティークポスターモデル。

写真でもなかなかのインパクトですが、やはり実際に見て欲しい。。。
何人か見にきてもらえましたが、『実物の方がぜんぜんいいね!』と口を揃えておっしゃいます。
もっともっと写真の腕を磨かなければ。

そしてお買い上げいただいたお客さんからこんなリクエストが。

『キャリーバッグから落ちないようにして欲しい』

とのことで、こんなカスタムをしてみました!

 

アームに固定できるベルトをつけました。
本体はアンティークな雰囲気ですが、ベルトはあえて真っさらなヌメ革と真鍮製のバックルで製作。
このベルトだけはご自身で味を出していって欲しい、と言う思いを込めて。
仕事にプライベートに、たくさん連れ出してもらえますように!
ありがとうございました!

 

そしてQrinafでは気に入ってもらえたバッグをなるべく長く使ってもらえるよう、こんな工夫をしております。

 

まずは持ち手。
革から繊維が伸びない方向で切り出すのは当然ですが、さらに補強テープを。
持ち手が伸びてしまわないようにしています。

 

バッグの底。
地べたなどに置くと底にキズが付きやすいものですが、革に触れないよう底鋲を打ちます。
またその底鋲も取れたりしやすいパーツですので、『抜け留め』を作って挟んでいます。

 

そしてポケットの裏側。
使っていくうちにポケットの付け根の生地が裂けやすいので、裏に革を貼って補強しています。
また口元のマグネットの金具部分が外側の革に響かないよう、これも革でカバーをします。

 

これらは全てのバッグに施しています。
ですが、完璧ではありません。
お客さんの使用頻度などによっては劣化して破れることももちろんあります。
その時ももちろんご相談ください。
当店のバッグであれば全て修理しますので、お気軽に連絡してください!
またそれをフィードバックして、今後のバッグ作りに生かしていきたいと思います。
よろしくお願いします。

 

 

【今週の看板娘】

雪初体験!
触れるようになるまでに3時間ぐらいかかりました(笑)

 

〜お知らせ〜
2月4日(日)は臨時休業させていただきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

自分マークを付けろ。

毎週日曜日の夜に更新してきたこのブログも、2017年はあと2回を残すのみとなりました。
本当に一年ってあっという間ですね。

年末といえば忘年会。
先月末から立て続けにあった忘年会も、先日いよいよフィニッシュを迎えました。
実はワタクシ、見た目ワイルドで巨漢であるにも関わらず、お酒が一滴も飲めません。
その昔、一番最初に勤めた会社は『飲んでナンボ』のガッチガチの体育会系。
飲み会の予定を言われるたび、その日までズーーーっとブルー。
当日は動けなくなるまで無理矢理飲まされたものです。
今の時代じゃ考えられませんが(笑)

ほどなくして無理矢理飲まされるようなこともなくなる年齢になり、基本的に人が好きな自分は男女問わず相手に興味を持ったら自分からゴハンによく誘わせてもらってます。
そうしているうちにふと気づいたことがありました。それは
『男同士で語り合う時は、お酒がないと本音を聞き出しにくい』
ということ。

それはお誘いするところから始まります。
『あ〜、この人ともっと話がしたいな〜』って思ったとします。

『今度ゴハンでも行きませんか?』
飲めない自分はどうしてもこの文言になってしまします。
でもこれ、ちょっと怪しまれますよね?特に男同士だと(笑)

『今度一杯やりませんか?』
密かに憧れのフレーズ(笑)
絶対こちらの方が『いいですね。行きましょう。』ってなりやすいと思うんです。

でもとにかくお誘いできたとします。
やっぱり違うんですね〜話の内容が。
普段飲めないことを『酒のない人生もいいもんだ!』なんてリチャード・ギアのセリフを受け売りにしている自分も、この時ばかりは悔しい思いをしたこともありました。
しかし、そんなことずっと思ってても仕方ない。
バンディ、41歳。

お酒の力なんて借りなくても、立派に酔っ払いさんとコミュニケーション取れるようになりました(笑)
最後の忘年会は、今年から仲良くさせてもらったコチラのダンディなお二人と。
笑いが止まらないステキな忘年会でしたっ♪

 

 

さて

前置きが長くなりましたが。
今日はクリスマスイブということで、クリスマスプレゼント用にいくつかオーダーいただいたアイテムの中からコチラをご紹介。

旦那さんへのプレゼントでオーダーいただいた、二つ折り財布【Monica】。
旦那さんの希望は“変化して行く革”であることと、“名前を入れて欲しい”ということ。

『自分の持ち物に名前を入れる』
子供の頃は当たり前のことでしたが、だんだんと歳をとるにつれその習慣はなくなりつつあるように思えます。

 

でも自分はとってもいいことだと思います。
いくらオーダーしたこの財布だって、革の指定だけなら全く同じもの。
しかしそこに名前を入れることによって、“自分だけのもの”に初めてなるわけです。

もちろんシンプルなものもいい。
無印だってニトリだっていいものはたくさんあります。
でもそれに自分だけの“何か”を付け加える。
それだけで人生が充実する…とは言い過ぎかもしれませんが、自分なりの何かをちょっと付け加えるだけで自分だけが『ふふふ。』って思えたら…なんか幸せな気がします。

そんな気持ちにQrinafのアイテムが寄り添えたら。
この仕事をやってきた甲斐があった、っちゅーもんですかね(笑)

 

 

【今週の看板娘】

クリスマス?
それって美味しいんですかぁ??

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

冬が楽しみになるようなバッグ。

いよいよ12月に突入しました〜。

『もう1ヶ月しかない…』
と、思うか。
『まだあと1ヶ月ある!』
と、思うか。

…ま、どっちでも一緒かな(笑)

正直…毎年個人的には“明石家サンタ”しかそれほど興味がないクリスマスですが、お店はちょこっとクリスマスモード♪

 

造花作家さんに作ってもらった、とってもお気に入りのクリスマスリース☆
これを飾れるのが楽しみの一つ。
近所にはクリスマスの飾りや電飾もチラホラ。。。

でも毎日の散歩コースは、そんな雰囲気はどこへやら…

 

まさかの賀正(笑)
仲見世全部が完全にお正月モード!

 

ちょいワル顔の招き猫がお気に入りデス♡
キラッキラのクリスマスもいいけど、浅草にお越しの際はお気に入りのお正月飾りを見つけてくださいネ!

 

 

さて

おかげさまでオーダーに追われ続けた2017年でしたが、やっと冬バッグも作ってみました〜。

先日訪れたスペインで出会った、フワッフワのラビットファー。
贅沢に一枚丸ごと使って、定番のポシェット【Charles(シャルル)】をベースに製作しました。

毛足が長く、極上の手触りのラビットファーは、何気ない瞬間にも思わず手が伸びる心地よさ。
その触り心地はこれからの季節にあったかくて幸せな気分にしてくれます。

 

ファーのフォルムは自然のままを生かし、まるで遊牧民が持つワイルドなバッグのイメージで。

 

組み合わせる牛革も少しワイルドなイメージなものをセレクト。
革の切れ目に少し焦がし加工を施して、何百年と使われたクラシックソファのようなニュアンスをプラスさせました。

 

内装はシックなパープル。
ほんのり入った花柄が、クラシカルな雰囲気といいマッチングです。

 

ファーであっても甘すぎない、モノトーンになりがちな冬のコーディネートに個性的であったかいワンポイントを…
そんな思いでリリースいたします。

製作数は3点のみ。
クリスマスプレゼントや、ご自分へのご褒美にいかがですか?

【Charles】
size : w23 h17 d3  cm
price : ¥34,000-(税別)

 

 

【今週の看板娘】

『キャーッ!ヒツジみたーい!』
って、散歩するたびに10回は言われます(笑)

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

『ぜんぜん初心者なんですけど大丈夫なんですか?』
とおっしゃられる方が多いですが、ほとんどが初心者の方です。
ぜひ一度見学または体験教室にいらしてください!
【土曜日にまだ余裕があります】
平日お勤めの方、この秋から新しいことを始めてみませんか?
お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
またホームページにも“school”というバナーで詳細をアップしましたのでご覧下さい。
下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

四度目の正直。

今週は嬉しいご縁がありました!

 

一年ほど前にminneからおサイフをご注文いただいた方が、東京に来られたついでにお店に寄ってくださいました!
キレイに使ってもらっているおサイフを見てなんだかお嫁に出した娘を見るようで、感激してしまいました^^;

お話を伺うと、元ピアノの調律師だったとか!
なのでグランドピアノの色の組み合わせに見立てて、黒と金のピアスを。
こんなお客さんの大切な思い出に寄り添えるようなアイテムを提供させてもらえて、とっても嬉しいです♪

そして先日はなんと、いつも参加させてもらっている岩手県土澤のクラフトフェアでウチを見かけていただいたお客さんがご来店!
“そのときに見たおサイフが忘れられなくて…来ちゃいました(笑)”
と、嬉しいお言葉(T_T)
ご注文、ありがとうございました!
(10月の土澤アートクラフトフェアは教室の準備のため不参加とさせていただきました。申し訳ありません。また5月によろしくお願いします!)

 

バッグやサイフなんて世の中にはたくさんあります。
さらに言えば、買わなくたって雑誌の付録に付いてくるような時代です。
そんな無数に出回っている革製品を見て、自分が生み出しているものなんて“海の中の小石”ぐらいなんだろうなって、正直思うときがあります。
でも“コレがいい!”って目をキラキラに輝かせながら、ウチのアイテムを選んでもらえたときは、なんとシアワセなことか。。。

そんな姿を見られることが、また次への一歩の活力に。
ご注文、ありがとうございます。

 

 

さて

23日より、来月から始まるアトリエでの教室準備のためお休みをいただいております。
アトリエの改装はこれで4度目!
浅草に引っ越してきて今年で丸4年なので、1年に1回やってることになります。
自分が将来家を建てるときにどーなるのかと思うとゾッとします(笑)

でもいつも動機は一緒。
やってみて、修正。
やってみて、修正。

こうして“トライアンドエラー”を繰り返しても、誰に怒られることもないし、誰に許可を得ることもない。
即座に動けるのは個人自営業の特権だと思うのです。
まぁただ“上司”っていう存在や、“先輩風”吹かしてくる人が苦手なだけなんですが(笑)

その改装を繰り返してきた中でも、今回は特別。
まったく新しいことを始めるのですから。。。
40歳になっても感じられる、ワクワクとドキドキ。
これからもズ〜ッとこんな生き方かもしれません(笑)

 

教室をするに当たって、一番大切な生徒さんの作業台。
しかし一度でもウチのアトリエを見てもらったことがある方は“どこにそんなスペースがあるの!?”って思われるかもしれません。
そう、ないんです!(笑)
なので今回は断腸の思いで、

オープン当時から使ってきた大好きなカウンターと

 

これまたオープン時に一目惚れしてヤフオクで買ったガラスケース。

この二つをアトリエから出すことにしました。
とはいえ、絶対に処分はしたくないので、友達の家に預かってもらうことに。

カウンターの天板に巻いたヌメ革も、4年でかなり年期が入りました。
もうちょっと丁寧に扱ってあげたらよかったけど….まぁそれもアトリエの歴史ってことで。

無事に搬出も終わり、今は片付けと配置転換に追われております。
IKEAに棚板だけ買いに行ったつもりが…

ぜんぜん別のものをこんな自殺行為的な積み方で持って帰ってきました(笑)
箱の4分の1ぐらいしか荷台に乗ってないのに、ちゃんと帰って来れた自分に笑えました(笑)
ホンマよくやったわ。

ということで、改装はもうちょっと続きます!
で、教室が始まる前なのをいいことに、研修旅行なんて名ばかりの(笑)旅にちょっと出かけてきますので、来週はブログをお休みさせていただきます。
一応アトリエのオープンは10月7日を予定しておりますが、たぶんバリバリ改装中だと思います(笑)ので、詳細は追ってfacebookまたはinstagramにてお伝えいたします!

 

【今週の看板娘】

目の前で突然(扉の向こうに転がって)消えたボールに慌てふためいておりました(笑)

 

〜臨時休業のお知らせ〜
9月23日〜10月6日まで、お休みさせていただきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
また下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

アザラシ祭り。

少しずつ、秋の気配が感じられるようになってきました。
なんだか今年の夏はちょっと不完全燃焼…な感じ。
西日本の方々はちょっと理解してもらえないかもしれませんが、関東は“暑かった〜”というより、“ず〜っと雨だったナァ〜”というイメージしかないんです。

って言ってるうちに秋雨前線がすぐそこに。

暑さってしんどいイメージが先行しがちですが、よく考えると四季の中では一番短い季節。
秋に感じられがちな“ちょっと寂しい”イメージが、今年はひと季節早く感じてしまった…そんな夏でした。

みなさんはどんな夏でしたか?

 

 

さて

たまたまなんですが、ウチのストック革の中から“アザラシ”を選んでもらって、2個おサイフを作らせていただきました。

まず一つ目は吟擦りの黒。
吟擦りというのは革の表面(吟面)をヤスリ等で毛羽立たせてある加工のことをいいます。
最初は写真の通りツヤがまったくありませんが、使っていくうちに表面の毛羽が寝て、革のデコボコの“デコ”の部分だけがツヤツヤになり、とっても味のある表情になるのが特徴です。

 

この革でラウンドファスナーの【Master】を作りました。
お仕事でも使われるということで、外側は極力シンプルに。

 

中のタグだけワンポイントで赤にしました。
オーナーさんは前回もこの【Master】をお使いいただき、これで二個目。
3年前より進化した出来を感じてもらえて、とっても嬉しかったです。
末永く愛用してもらえますように。

 

そして二つ目の革がコチラ

なんとも不思議な染色が施されたこのアザラシ革。
シリアルナンバーが入っており、どうやらサンプルとして製作….ということはたぶん世界に一枚だけ、と思われます。

そしてこの革をセレクトされたオーナーさん

“手前の革のピンクからブルーへグラデーションになってるところを使って欲しい”

とのかなりハイセンスなご要望。大好きデス(笑)
こんな感じになりました〜

 

これが表で…

 

これが裏!
一つのサイフで表の顔と裏の顔が違うという、なんだかめちゃくちゃカッコいい仕上りになりました〜。

 

さらに内装は白!
に薄紫のファスナー。
ミーティングしながらこの組み合わせを考えたのですが、自分とオーナーさんのイメージがピッタリ合って、“感性が近い”ってこういうことなのかなと感じました。

 

コチラのオーナーさんもQrinafのおサイフこれで3個目!
“また使いたい”と思ってもらえることがとっても嬉しいです。
またいっぱいかわいがってあげてくださいネ♪

超個性的なアザラシ革。
人と違う革のサイフが欲しい方、ぜひ現物を見にいらしてください!
またアザラシ革は現在は輸入禁止ですが、当店がストックしているものは規制前のもので販売は可能となっておりますのでご安心ください。

 

【今週の看板娘】

先週ケガした足は治ったのですが、どうやらそのときのクスリが合わなかったようで体調を崩してしまいました。。。
早く元気になれよー!

 

〜臨時休業のお知らせ〜
9月26日〜10月6日まで、お休みさせていただきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室生徒募集中!☆

お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
また下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。