四度目の正直。

今週は嬉しいご縁がありました!

 

一年ほど前にminneからおサイフをご注文いただいた方が、東京に来られたついでにお店に寄ってくださいました!
キレイに使ってもらっているおサイフを見てなんだかお嫁に出した娘を見るようで、感激してしまいました^^;

お話を伺うと、元ピアノの調律師だったとか!
なのでグランドピアノの色の組み合わせに見立てて、黒と金のピアスを。
こんなお客さんの大切な思い出に寄り添えるようなアイテムを提供させてもらえて、とっても嬉しいです♪

そして先日はなんと、いつも参加させてもらっている岩手県土澤のクラフトフェアでウチを見かけていただいたお客さんがご来店!
“そのときに見たおサイフが忘れられなくて…来ちゃいました(笑)”
と、嬉しいお言葉(T_T)
ご注文、ありがとうございました!
(10月の土澤アートクラフトフェアは教室の準備のため不参加とさせていただきました。申し訳ありません。また5月によろしくお願いします!)

 

バッグやサイフなんて世の中にはたくさんあります。
さらに言えば、買わなくたって雑誌の付録に付いてくるような時代です。
そんな無数に出回っている革製品を見て、自分が生み出しているものなんて“海の中の小石”ぐらいなんだろうなって、正直思うときがあります。
でも“コレがいい!”って目をキラキラに輝かせながら、ウチのアイテムを選んでもらえたときは、なんとシアワセなことか。。。

そんな姿を見られることが、また次への一歩の活力に。
ご注文、ありがとうございます。

 

 

さて

23日より、来月から始まるアトリエでの教室準備のためお休みをいただいております。
アトリエの改装はこれで4度目!
浅草に引っ越してきて今年で丸4年なので、1年に1回やってることになります。
自分が将来家を建てるときにどーなるのかと思うとゾッとします(笑)

でもいつも動機は一緒。
やってみて、修正。
やってみて、修正。

こうして“トライアンドエラー”を繰り返しても、誰に怒られることもないし、誰に許可を得ることもない。
即座に動けるのは個人自営業の特権だと思うのです。
まぁただ“上司”っていう存在や、“先輩風”吹かしてくる人が苦手なだけなんですが(笑)

その改装を繰り返してきた中でも、今回は特別。
まったく新しいことを始めるのですから。。。
40歳になっても感じられる、ワクワクとドキドキ。
これからもズ〜ッとこんな生き方かもしれません(笑)

 

教室をするに当たって、一番大切な生徒さんの作業台。
しかし一度でもウチのアトリエを見てもらったことがある方は“どこにそんなスペースがあるの!?”って思われるかもしれません。
そう、ないんです!(笑)
なので今回は断腸の思いで、

オープン当時から使ってきた大好きなカウンターと

 

これまたオープン時に一目惚れしてヤフオクで買ったガラスケース。

この二つをアトリエから出すことにしました。
とはいえ、絶対に処分はしたくないので、友達の家に預かってもらうことに。

カウンターの天板に巻いたヌメ革も、4年でかなり年期が入りました。
もうちょっと丁寧に扱ってあげたらよかったけど….まぁそれもアトリエの歴史ってことで。

無事に搬出も終わり、今は片付けと配置転換に追われております。
IKEAに棚板だけ買いに行ったつもりが…

ぜんぜん別のものをこんな自殺行為的な積み方で持って帰ってきました(笑)
箱の4分の1ぐらいしか荷台に乗ってないのに、ちゃんと帰って来れた自分に笑えました(笑)
ホンマよくやったわ。

ということで、改装はもうちょっと続きます!
で、教室が始まる前なのをいいことに、研修旅行なんて名ばかりの(笑)旅にちょっと出かけてきますので、来週はブログをお休みさせていただきます。
一応アトリエのオープンは10月7日を予定しておりますが、たぶんバリバリ改装中だと思います(笑)ので、詳細は追ってfacebookまたはinstagramにてお伝えいたします!

 

【今週の看板娘】

目の前で突然(扉の向こうに転がって)消えたボールに慌てふためいておりました(笑)

 

〜臨時休業のお知らせ〜
9月23日〜10月6日まで、お休みさせていただきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室☆
☆生徒募集中!☆

お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
また下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

アザラシ祭り。

少しずつ、秋の気配が感じられるようになってきました。
なんだか今年の夏はちょっと不完全燃焼…な感じ。
西日本の方々はちょっと理解してもらえないかもしれませんが、関東は“暑かった〜”というより、“ず〜っと雨だったナァ〜”というイメージしかないんです。

って言ってるうちに秋雨前線がすぐそこに。

暑さってしんどいイメージが先行しがちですが、よく考えると四季の中では一番短い季節。
秋に感じられがちな“ちょっと寂しい”イメージが、今年はひと季節早く感じてしまった…そんな夏でした。

みなさんはどんな夏でしたか?

 

 

さて

たまたまなんですが、ウチのストック革の中から“アザラシ”を選んでもらって、2個おサイフを作らせていただきました。

まず一つ目は吟擦りの黒。
吟擦りというのは革の表面(吟面)をヤスリ等で毛羽立たせてある加工のことをいいます。
最初は写真の通りツヤがまったくありませんが、使っていくうちに表面の毛羽が寝て、革のデコボコの“デコ”の部分だけがツヤツヤになり、とっても味のある表情になるのが特徴です。

 

この革でラウンドファスナーの【Master】を作りました。
お仕事でも使われるということで、外側は極力シンプルに。

 

中のタグだけワンポイントで赤にしました。
オーナーさんは前回もこの【Master】をお使いいただき、これで二個目。
3年前より進化した出来を感じてもらえて、とっても嬉しかったです。
末永く愛用してもらえますように。

 

そして二つ目の革がコチラ

なんとも不思議な染色が施されたこのアザラシ革。
シリアルナンバーが入っており、どうやらサンプルとして製作….ということはたぶん世界に一枚だけ、と思われます。

そしてこの革をセレクトされたオーナーさん

“手前の革のピンクからブルーへグラデーションになってるところを使って欲しい”

とのかなりハイセンスなご要望。大好きデス(笑)
こんな感じになりました〜

 

これが表で…

 

これが裏!
一つのサイフで表の顔と裏の顔が違うという、なんだかめちゃくちゃカッコいい仕上りになりました〜。

 

さらに内装は白!
に薄紫のファスナー。
ミーティングしながらこの組み合わせを考えたのですが、自分とオーナーさんのイメージがピッタリ合って、“感性が近い”ってこういうことなのかなと感じました。

 

コチラのオーナーさんもQrinafのおサイフこれで3個目!
“また使いたい”と思ってもらえることがとっても嬉しいです。
またいっぱいかわいがってあげてくださいネ♪

超個性的なアザラシ革。
人と違う革のサイフが欲しい方、ぜひ現物を見にいらしてください!
またアザラシ革は現在は輸入禁止ですが、当店がストックしているものは規制前のもので販売は可能となっておりますのでご安心ください。

 

【今週の看板娘】

先週ケガした足は治ったのですが、どうやらそのときのクスリが合わなかったようで体調を崩してしまいました。。。
早く元気になれよー!

 

〜臨時休業のお知らせ〜
9月26日〜10月6日まで、お休みさせていただきます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
☆Bandy’sレザークラフト教室生徒募集中!☆

お申し込み・お問い合わせ、パンフレットのご希望は当店まで。
メール(qrinaf@gmail.com)またはお電話(03-6319-0146)にて。
また下記材料屋さんにパンフレットを置いていただいておりますので、ぜひお手に取ってご覧下さい。

レザーメイト さとう さん
三洋商会 さん
角田商店 さん
Kファスナー さん

ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

夏は赤、多め。

世の中には、2種類の人間が存在するという。

イメージ通りの人か
イメージとギャップがある人か。

誰が言ったって自分が勝手に言ったんですが(笑)
どちらに魅力を感じるかどうかは人それぞれでしょう。
けど、自分は昔っから“イメージと違うね〜”って言われ続けております。

例えば

誰が見たって、見た目はゴツめです(笑)
でも
お酒は一滴も飲めません。

見た目はゴツめですが…
タバコも吸いません。

見た目はゴツめですが…
小さくてかわいいもの好き。

見た目は….もういいか(笑)
ギャップの話なのでどーしても見た目になりますが。

最近、ムクムクと出てきた物欲。
ターゲットはコチラ

 

クラシックミニです。

実は昔、地元で乗ってたんです。
このことを話すと必ず“バンディ入るの!?”って聞かれますが、普通に入るっつーの(笑)
今や“ミニ”といえばほとんどの方があのデッカイBMW製のほうを思い浮かべるでしょうが、これがやっぱり本物のミニです。

先日友達と一緒に都内のミニ専門店に遊びに行ってきました。
そのお店に並ぶ子たちは極上車ばかり。
もう絶版してるクルマなので基本的にはすべて中古車なのですが、そのお店に並ぶミニたちの中にはナント新車価格を越えているアメージングな子もチラホラ…。
実は一台、ものすっごく目を奪われたミニがあったのですが、その子もアメージングメンバーの一人でしたっ(泣)
でもまた必ず乗りたいと思っています。
今度はズーッと大切にして、自分が死ぬまで手放しません。

いいご縁がありますように。

 

 

さて

今週は最近納品させていただいたオーダーアイテムたちをご紹介。

 

ラウンドファスナーウォレット【Master】
外装:イタリア製ベロアプリントレザー
内装:国産ヌメ革(赤)

 

iPhone ケース
外装:イタリアンレザー(赤)
内装:国産ヌメ革(コゲ茶)

 

カードケース【Rick】
外装:イタリアTempesti社しぼり加工
内装:モーガン

 

ラウンドファスナーウォレット【Master】
外装:国産サドルレザー
内装:モーガン

 

そしてDWARFも

夏の新色、パステルパッチワーク

 

あとおかげさまで初回製作分は完売した

 

レザービーチサンダル【Maggi】
次回はお盆休み前に数足できあがる予定です!

このほかにもminneのほうからバタバタとおサイフの注文をいただいたり、なんだかあっという間に過ぎ去ってしまった7月。
今になって毎日が梅雨空の東京です。

そして8月はいよいよ夏期講習月間!
なんとかオーダーのメドも付いたので、8月いっぱいは準備と講習会でてんやわんやしております。
臨時休業やお盆休みでかなり変則的な営業になりますのでご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

【8月の臨時休業日】
2日(水)・21日(月)・31日(木) 夏期講習
10日〜16日 お盆休み

 

【今週の看板娘】

おっさん座り覚えました(笑)

 

〜お知らせ〜
ミシン仕立ての夏期講習、おかげさまで残席わずかとなりました。
引き続き受講者募集しております。
7月30日現在の空き状況は

8月2日 満席
8月21日 1席
8月31日 満席

となっております。
合わせましてBandy’sレザーバッグ教室ですが、実は10月から当店で開催する運びになりました!
今までの水曜日に加え、土曜日も教室を開く予定です。
早くも数名入校のご予約をいただいて、ありがたい限りです。
また詳しいことは決まり次第このブログにてお伝えいたします。

夏期講習のお問い合わせはレザーメイト さとう(03-3866-0166)まで、また教室のお問い合わせは当店(03-6319-0146)へお気軽にどうぞ。

 

 

 

新作とか、一点モノとか。

いよいよGWに突入しました!
ガッツリ連休の方も、GWなんて関係ないよ〜という方も、それぞれいい時間を過ごしてほしいものです。
めずらしく連休中はお天気もズーッといいみたいですしね!

ここんところのいい天気で

 

クレマチスもバーッと開いたり

 

2階まで伸びたハゴロモジャスミンが、今にも花開きそうです!
苗で買ってきた時は廃棄処分寸前の弱々しい姿だったのに…
ちなみにこのジャスミンの窓の裏側には自分のベッドがあるので、そのうち自分で育てたジャスミンの香りでお目覚め…なんて。タマランのぉぉぉ〜(笑)

 

さてー

 

いよいよ来週は土澤でのイベントです!
このイベントのために今月はがんばってまいりました。
一日も休まず…ハイ。
でもいーんです!
生きて仕事してりゃ何年に一度はガムシャラにやらなきゃいけないときがある。
それが自分にとっては今!なので。
ま、自分の周りにはこの100倍はガムシャラにやっている方々がいるので(笑)
刺激を受けつつ、自分にできることをやっておりマス。

とーいうことで
今週作ったものをご紹介。

 

帆布バッグの定番で【Shirley】というトートバッグがありますが、同じモチーフでショルダーバッグを作ってみました!
カラーはこのオリーブグリーンと

 

マスタードイエローです。
最初はパリッとした手触りですが、使うほどにクッタリとカラダのラインに馴染んできます。

内装は

ちょっとモダンな亀甲柄と

 

爽やかなライムグリーンを基調としたストライプ。

とっても軽く仕上がってるので、お出かけにいっぱい連れ出してもらえればと思います!

帆布ショルダーバッグ【Shirley】
Material : 帆布/牛革
Color : オリーブグリーン/マスタードイエロー
Size : w28 × h25 × d4 cm
Price : ¥15,000-(税別)

 

続きましてはニューアイテム!

 

ロングウォレット【Alfred】で好評いただいている花柄イタリアンレザーで、スマホケースを作ってみました!

 

今までスマホケースって作ったことなかったんです。
なんでかというと…いっぱい売ってるから(笑)
ですが突然このデザインのイメージが浮かんできたので、とにかくカタチにしてみました。
大切なメッセージがたくさん入ったスマホを手紙に見立てて、便せんのようなデザインに。
その便せんを開いた左側にはおおきなポケットを一つ。
スマホと一緒に持っておきたいカードや、ちょっとしたメモを入れていただけます。
今まで何気なかったスマホを取り出す動作が、カワイイ花柄でちょっぴり笑顔になってもらえれば…
そんな気持ちをこめてリリースいたします。

スマホケース【Rilulu】
iphone 6または7に対応
Price : ¥9,800-(税別)

 

続きまして、けっこう長くやってきた甲斐があってファンの方もできてきましたレザーピアス。
いろいろ新作を作りましたよ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにあるのはまだまだ一部です!
ボリュームがあるのに、軽くてカラフル。
夏のシンプルになりがちなスタイルの耳元に、このピアスで色味を添えてください♪
ここに出ているのは一部なので、今シーズンのお気に入りを探しにいらしてください!

【レザーピアス】
Price : ¥2,000-(税別)〜

 

あ、これもきのう突然思い立って…

 

めっちゃミリタリーなラウンドファスナー作りました。
一点のみです。

 

内装は【Alfred】に使っているオイルレザーを贅沢に使っております。
気に入ってくれる方がいれば嬉しいな〜。

 

今月のブログで紹介させてもらったアイテムは、すべて土澤アートクラフトフェアに持っていきます!
めずらしく2日間とも天気はバツグンのようなので、ぜひ会場にいらしてください♪
お会いできるのを楽しみにしてマス☆

 

【今週の看板娘】

 

看板娘っぷりもちょっとは板に付いてきた…かな?

あ、そうそう
先日配達におにーさんに

 

言われて爆笑しました(笑)

 

 

〜お知らせ〜

募集しておりました“Bandy’sレザーバッグ教室”ですが、おかげさまで午前の部が人数が集まりましたので5月17日よりスタートが決定しました!
ありがとうございます。
なお午前の部は若干名、午後の部は引き続き生徒さんを募集しておりますので、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

作ってます。ひたすら。

このブログ、いつも日曜日の夕方6時になると書き始めるんですが。
今日も作業しながら時計を見てビックリ!
6時前なのに、外がまだまだ明るくて。

季節が進んで、日も長くなってきたようです。
東京は“夏日”でしたしね。

ウチの店も外見はあいかわらずの“園芸屋”っぷりですが、いよいよシンボルツリーのコイツにも

 

新芽が出てきました〜!
いや〜、カワイイことこの上無し。
また黄緑色の葉っぱでモサモサになってくれることでしょう♪
楽しみ楽しみ。

 

さて

 

今週もいろいろと作りましたよー

まずは革と内装変更でセミオーダーいただいた【Ral】。

 

自分も大好きなインポートレザーで、ブルーグリーンとサファリブラウンの組み合わせで。

 

 

 

この組み合わせに合う生地をズーッと探してたんですが、コレを見つけて即決定。
タオル地のような気持ちイイ手触りのインポートの生地。
ちゃんと裏打ちもしてあって、強度もバッチリです。

 

オーダーしていただいたTさんも、“イメージしてたよりズッといい!”ととても気に入ってもらえました。
目の前で自分が作ったものを喜んでもらえる。
ホントお店をやってる醍醐味ですね!
Tさんありがとうございました〜。

 

そしてそして

いよいよ来月にせまったイベント、“土澤アートクラフトフェア”。
そのイベントに出すためのアイテムをがんばって作っております!

今まで持っていったことがなかったクラッチバッグも

 

新しく手に入ったチョウチョの型押しレザーで作ってみました!

 

 

ぜひ実物を手に取ってみてくださいね〜。

 

あと意外と隠れた人気がある

 

気まぐれレザーキンチャクもたくさん作りました。
ほとんど一点モノなので、気に入った子がいたらぜひゲットしてくださいね。

あとはトートバッグやサイフやピアスなどなど…
新しいアイテムをいろいろ持っていく予定!
ギリギリまで作ります!(笑)

って
あっという間にGWに入っちゃうんでしょうね。
あ〜今年も早い早い。

 

【今週の看板娘】

 

入り口の真ん前でジ〜ッと待ってて笑えました(笑)
最近やっとちょこちょこ出勤してますので、気をつけて入ってください(笑)

 

 

〜お知らせ〜

募集しておりました“Bandy’sレザーバッグ教室”ですが、おかげさまで午前の部が人数が集まりましたので5月17日よりスタートが決定しました!
ありがとうございます。
なお午前の部は若干名、午後の部は引き続き生徒さんを募集しておりますので、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

 

 

春の新作、続々。

今週、都内では久しぶりに雪が…

 

ほんのちょろっと。
まだまだ寒い。

でもアツい出来事もチラホラ。
占いのたぐいはまったく信じないバンディが、信じざるを得ないほど当たって唯一信じている星座占いがありまして。
その占いによると…

『2月、3月は人間関係が多いに盛り上がります。』

とのこと。
そして2月に入ってみると…
まぁ〜不思議なほどいろんなご縁が繋がる繋がる。
40歳にして、『こんなご縁の繋がり方ってあるの!?』的なこともあったりして…もぅこうなったらこの2か月間はこの状況を楽しんでみたいと思います☆

まだ見ぬ出会う方、楽しんでますのでヨロシク(笑)

 

 

さて

前回のブログでご紹介した新作のクラッチバッグ、facebookをご覧いただいている方には重複してしまいますが、改めてご紹介。

 

Clutch bag 【Theron】クロコ型押 ver.

 

 

 

 

 

〜仕様〜
Color : フーシャピンク/ライトグレー
Leather : 牛革
size : W34cm × H24cm × D3cm (折りたたみ時)
price : ¥32,000- (税別)

今回一枚の革から各2点ずつのみの製作です。
(2月12日時点でライトグレー1点ご予約済)
サイズ感はクラッチバッグではお約束の“A4スッポリサイズ”です。
ONにもOFFにも、シンプルなシャツの小脇に抱えて春のお出かけに連れ出してもらえたらと思います。

 

そしてそして!
春の新作おサイフも完成しております〜。

 

Long Wallet 【Alfred】 Italian Bouquet ver.

 

〜仕様〜
Leather : イタリア製牛ベロアレザー/国産牛ヌメ革
Size : w19,5 × h9,5 cm
Card Pocket : 8枚
Price : ¥28,000- (税別)

新春の展示会で一目惚れしたこのイタリアンレザー。
今のところ日本に3枚しか入っていないうちの1枚です。
この革は箔押し加工されたイタリアの牛ベロアレザー。
細かく入ったクラック(ヒビ)加工と、まるで水彩画のような優しいタッチで描かれた花々は、まるでスペインのモザイクタイルのような美しさ。
内装には純国産の牛革を使用してシックに。
でもその中にちょっとしたワンポイントを。
小銭入れのファスナーにYKK社のEXCELLA light のミックスカラーをチョイス。
カラフルに彩られた小さなコマの一つ一つがとてもかわいいファスナーです。

お会計時にこのおサイフを出せばなかなかの注目度かと…
自分がもし女性だったら絶対に持ちたいと自画自賛(笑)

ともあれ、とっても不思議で魅力的な革をまとった【Alfred】。
おかげさまで去年一番売れたモデルでしたが、お買い上げいただいた方からはシンプルで使いやすい!とご好評いただいております。

新しい春を新しいおサイフで迎えたい方。
ホワイトデーのお返しやお誕生日のプレゼントに。
思わず笑顔になれる花束のようなおサイフをいかがでしょうか〜?

〜お知らせ〜
こちらのアイテムはご注文を受けてからの製作になりますので、お届けまで約2週間ほど お時間をいただきます。
また、ラウンドファスナータイプも近日中に製作いたしますので、より収納力が必要な方は合わせてご検討ください。

 

今年はガンガン作ります!!

 

今週の看板娘

 

ついこないだまで湯船の縁に前足をかけるのがやっとだったのに、もうカラダの三分の一が飛び出るようになりました。
乾かす労力が三倍になりました(笑)

 

 

 

たまにはめずらしい感じの。

なんだか春が待ちきれなくて。

 

ちょこちょこ小さめなグリーンを買い始めてしまいました。。。

それにしてもグリーンの冬場の管理はムズカシイです。
すでに枯らせてしまったものもあるし、葉っぱの色があやし〜ぃのもチラホラ。
でも思うんです。
元々はぜんぜん違う環境で生きていた植物が、いきなり見ず知らずの浅草に連れてこられて“ホラ!元気に育てよ!”っていうほうがムリがあるのではないかと。
だって植物の立場に立ってみたら、“のどカラカラやっちゅーの!はよ水入れんかい!”やら、“こんな辛気くさいとこ置くなや!ワシは明るいとこが好きやねん!”みたいなツッコミしまくってると思うんですよね(笑)
まぁ環境がど〜しても合わずに枯れてしまうのは致し方ないことですが、せめて毎日見てあげて、どんなツッコミをボクに送っているのかぐらい理解してあげれるようにはなりたいかな〜と。

この春はまた、カワイイ新人さんに出会えたらいいな。

 

 

さて

この春の新アイテム用にいろいろと面白そうな革が入荷したので、オーダー製作の間にちょこちょこ新作も作っております。
今回作り始めたのがコチラの革。

 

ウチではちょっとめずらしい、ワニの型押しです。
っていうか、ほとんど使ったことがない。
でも理由は単純で、グッとくるのに出会えなかっただけなんですが〜。
ということで今回のこの革、まず色が気に入ったし、風合いもいい感じ。
なんだかんだ言ってもイタリアの革はいい感じ(笑)

 

元々の革が小さいので、クラッチバッグ【Theron】を作ることにしました。
それにしたって革の量がギッリギリでしたが、なんとか一枚の革からクラッチバッグ2個分は取ることができました。
今回はピンク、グレー共に2個ずつのみ。
追加製産はありません。

 

もう少しだけバッグ本体に“コシ”が欲しかったので、芯材を貼りました。
目的別に2種類の芯材を使っています。

 

ひっくり返して外装は完成!
フォルムもいい感じに出て一安心。

ただ、な〜んかもうちょっと色が欲しいなぁって感じたので

 

こんなものを付けてみようかと。
レザータッセル。。。
これもめずらしい感じ。

最初は

“コレってQrinafらしいのかなぁ〜??”

なんてちょっと迷いました。
でも…
とりあえず作ってみないことには始まらない!
出来上がったアイテムを見てもらって、そこで初めてだれかのリアクションを感じられる。
Qrinafらしいのか?らしくないのか?
決まるのはそこからかと。

って、自分に言い聞かせながら自分の作りたいものとりあえず作りました(笑)

出来上がりは近々アップしまーす!

 

今週の看板娘

 

今までより一回り大きなボールをもらって、シッポブンブン丸でした♪

 

あ、そうそう
去年参加させてもらったイベント“群馬の森クラフトフェア”ですが、今年は参加できませんでした〜。。。
いいお客様にいっぱい出会えた楽しいイベントでしたが残念です。
またがんばります!

 

 

 

 

夢を叶えるお手伝い。

前回の梅の写真もそうでしたが、なんとな〜く感じる春の気配。
カラダもなんか感じているのか、いろいろとやりたい事がアタマに浮かんできます。
その中の一つが

“Qrinafができるまで”

なんじゃそれ?ってな感じですが…
時々、お店に見えた方が、
“◯◯さんに紹介されて来たんですが…”
なんてことがあります。
ありがたいな〜と思ってお話を聞いていると、どうやらお客さんではなく、

“将来お店を持ちたい”
とか
“モノ作りで独立したい”

といった希望を持った方たちでした。
で、自分の職人仲間や問屋さんなどが、“浅草にバンディってのがいるから話を聞いておいでよ!”と紹介されてやってきた…という流れ。

まぁ自分もおかがさまでなんとか続けられてるし、こうやってお店も持ててる。
そんな自分の話を聞きにきてくださるのは本当に嬉しいことです。
もし自分が逆の立場ならもちろん会いに行くし、実際に今までいろんな決断をしてきた中で、その度にきっかけをくれた人の存在があります。
その人の存在がどれだけありがたかったことか。

独立してお店を持てている今、こんな自分の経験がだれかのお役に立てたら。
迷っている人の背中をポンっと押せるきっかけになれれば。
そう思うようになりました。
そこで思いついたのが

“Qrinafができるまで”

です。
なぜモノ作りで独立しようと思ったのか?
どうやって独立したのか?
仕事はどうやって作ってきたのか?
物件はどうやって探したのか?
お店を始めようとしたときにどれぐらい資金がかかったのか?
お店の内装はどうやって作ったのか?

デザインはどうやって考えているのか?
仕入れはどうしてるのか?
どうやって売っているのか?(お店、イベント、ネット等)
SNSをどうやって活用すればいいのか?

などなど…
独立前はもちろん自分も同じ立場でしたから、聞きたいこと、教えて欲しいことがなんとなくこんな感じかな〜って思います。
その自分の体験談を話し、みなさんの夢を聞き、どうやったら叶うかをみんなで話し合う。
甘いもんでも食べながら。(←コレ重要)

みたいな楽しいミーティングをやりたいな〜なんて思ってマス。
参加したい人…いるかなぁ?
ご意見・ご希望、または参加してみたい!ってな方は気軽にメッセージなりメールなりくださると嬉しいです。
よろしくお願いします。

 

 

さて

やっとこのオーダー品にとりかかれました。
ホントお待たせしてしまってすいません。

 

【Lidie】

“外は薄いピンク、中は濃いピンク、革は最高のカーフで。”
これがお客さんからのご要望でした。
自分の中にうっすらと記憶にあった、薄いピンクのカーフ。
問屋さんに行くとレギュラー品ではなく、サンプルで作っただけ〜と言われてしまったんですが…そこをなんとかお願いして譲ってもらえました。
その枚数、たったの2枚。
型紙を当ててみるとホントにギリギリで、決して失敗は許されない緊張の製作でした。

内装はカーフの裏面、本物のスエードです。
その手のひらに吸い付くようなしっとりとした手触りは、思わず何度も手を入れてしまいたくなる心地よさ。
そして見ての通り、ピンクが大好きなオーナーさん。
確かにこの配色のバッグは売ってないですもんね(笑)
こんなバッグが欲しいという夢を叶えるお手伝いができて嬉しいデス!
末永く愛用してもらえますように。
ご注文、ありがとうございました!

そして春に向けて、また面白い革を見つけたので仕入れてみました。

一面花柄のモザイクタイルのような加工がされた一枚。
どうやったらこんな加工ができるのやら…
やっぱりイタリアの技術はスゴい。

一目惚れしたこの革で、春らしいお財布を作ります。
一目惚れしてもらえたら嬉しいな。

今週の看板娘

取れずにたたずむうしろ姿が、念力を送ってるようでバカウケしてしまいました。
ゴメンね。

2017年スタート。

いよいよ新しい年がスタートしました!
っていきなり2週もブログを飛ばしてしまい、見事ロケットスタート失敗な感じです(笑)

ワタクシの今年の目標は

 

“作りまくる”

 

です。
何気に2016年もけっこうな数を作りましたが、今年はさらに作ります。
どれぐらいかと言うと…今年の年末に

“今年はホンマ作ったな!!”

って思えるぐらいに。
前のブログにも書きましたが、去年の反省をふまえて、今年はしっかりとペースを掴みながらやっていけたらと思います。

そしてこのお正月休みに乗じて、11日まで店内の改装をしておりました。

 

ここにお店を構えてから、実に3回目の改装です。
なんせ凄まじい物量なので、“コレ…本当に終わるのか?”なんて思うのは毎回のこと(笑)
今回の改装のメインは

“作業場と売り場の間にある壁をとっぱらう”

ことでした。

この壁の向こう側が作業場。
なんせお世辞にも広いとは言えない売り場ですが、ここに184cmの大男店主が現れるわけですから。
初めて来ていただいたお客様にはなかなかのドキドキ感かと(笑)
これをなんとかしたかった感じです。
なので、入って正面にあったカウンターと、この壁を入れ替え!

 

お寿司屋さんのオープンキッチンならぬ、オープンアトリエに変身しました!
上の写真と下の写真、ほぼ同じ場所からの撮影です。

“三度目の正直”とはよく言いますが、三度目の改装にしてやっと、今までで一番ベストな感じに仕上がったと思います。
商品を見てもらうのはもちろんですが、実際に革製品を作ってるところも見てもらって、より革に興味を持ってもらえたらな〜と考えています。
でも自分的にはこれからが課題。
なんせ作業場丸見えですから。
ちゃんと常にキレイにしてかなくちゃ…ね(汗)

ここからまたいいアイテムが生まれますように。
2017年もよろしくお願いいたします。

 

新年一発目の看板娘

水も滴るいい女♪
っていうか、80年代のヘビメタギタリストみたい(笑)

 

 

 

 

11月の〆に。

もぅ11月も終わり!というか、あとまだ1か月ある!というか…

ま、圧倒的にもぅ11月終わりか!
の言葉が飛び交う今日この頃。
東京では早くも雪が降ったりしました。
今年はこと天気に関しては、本当に良くなかったな〜という印象です。
異常気象なのか、たまたまなのかは定かではありませんが。
特に今年、バンディ的にはワンコを飼い始めたことで余計に天気を意識した気がします。
散歩行けるな〜とか、行けないなぁ〜とか。
散歩に行けなかった時の夜は、なかなかの荒れ気味なので…

こんな文章を書きながらも、外は冷たい雨。
今夜も荒れそうです(笑)

 

さて

11月も最後のブログになりました。
イベントも終わり、お待たせしてしまっているオーダー分をひたすら作っております。
その作った品々をば。

 

ボディバッグ【Joe】

あいかわらず男性から好評をいただいているこのバッグ。
気に入ってもらえると、ほぼ迷わず購入してもらえて嬉しい限りです。
で、今回いただいたオーダーが外側の革変更と

内装に真っ赤なスエードを使用すること。
この組み合わせは作っていてもテンション上がりました!
自分も欲しいなぁ〜なんてちょっと思っちゃいました。。。

そしてウチの看板バッグ

【Ral】

このバッグは個人的にかなりの思い入れがあるバッグなので、これをオーダーいただくとなんか特別な嬉しさがあります。

先日、手作りサイトminneでトップページに取り上げてもらったおかげで、サイフや小物もけっこうご注文いただきました!

【Alfred】

革のサイズ表記をそのまま使っちゃったりして。
色ムラやキズ、焼き印、サイズ表記とかけっこう好きです。
なんかこうそのアイテムにキャラを付けてくれるというか。
世の中的にはあまり認められないかもしれないけど、こういう“特徴”をいかしたモノ作りができたらなって思います。自分は。

なぜか今月よく出た【Fin Holder】。
Qrinafの中では、唯一手縫いで作るアイテムです。
といってもほんのちょっとですが(笑)
糸の末端の結び目がどこにも見えないように作るのがちょっとこだわってます。
国産の真鍮無垢の金具は本当に美しいので、末永く愛用して欲しいです。

あとはこんなオーダーも。

某スーパーブランドのオレンジ色の革と黒でオーダーいただいた、レザートレー。

めずらしくこんなバイク屋さんのキーホルダーなんてのも作りました。
どなたのバイクにこのキーホルダーが付くのかな〜なんて想像すると、ちょっとワクワクします。

こんな感じの11月でしたが、来週から始まる今年最後の12月もひたすら作っていきたいと思います。

そして今週の看板娘。

なんか一生懸命探してました。