浅草に住んで。

日が暮れるのが早くなってきました。。。

 

毎日雨や曇りばっかりで、なかなか安定した秋晴れにはなりませんが。
周りでカゼをひいてる人が急に増えました。
体調管理には気をつけたいですね。

 

さて

今さらではありますがワタクシ、浅草に住んでおります。
20数年前、中学校の修学旅行で先生に説教されたのが浅草寺。
このときはまさか自分が将来浅草に住むことになるなんて、夢にも思っていないワケでして。

そして上京してきた27歳のころ。
いろんな街を見て回りましたが、一番最初に“住んでみたい!”と思ったのがここ、浅草でした。
そのときは予算に見合う物件に出会えず断念しましたが、その後約10年の時を経てこの地にたどり着いたしだいです。

“浅草”というと、もぅまさに観光地の代表ともいえる場所ではありますが、それは浅草寺の周りの話。
そのブロックから離れれば、“The 下町”な風情と人情あふれる、とても魅力的な街です。

また住んでる人も多ければ、いろいろといいお店も多い。
というわけで、浅草に住んでるからこそのディープな情報もこのブログに書いていきたいなと思っております。なにかの参孝に…なんてホントにたいした内容じゃないと思いますが(笑)
“なんか浅草って思ってたのと違って面白そう!”なんて、ちょっとでも思ってもらえれば幸いです。

 

で、一件目からかなりディープです(笑)

今回ご紹介したいのは…

 

 

すみれパン店

ウチからすぐ近所で気にはなってたんですが、なんせなかなかのポンコツ具合(失礼笑)で、足を止めることはありませんでした。
でもひょんなことから、ここのお弁当屋さんがちゃんと新潟のお米を使っていることがわかり、それならと思って立ち寄ってみたのです。

入ってみると、肝心のお弁当がどこにもない。
どうやら手描きのメニューを見て注文してからつめてくれるスタイル。
これは嬉しい。

でもそのつめる作業を普通に“売り場”でおばさま方がやられてるのを見て、一末の不安は覚えましたが(笑)、レジにドスンと座るボスらしきおじいちゃんに今日のオススメを聞くと、“そうだな…今日は生姜焼き。”と、その一瞬の迷いはなんなのか気になりましたが(笑)、すすめられるままに生姜焼き弁当を購入。
家で食べると、これがなかなかウマい!
やっぱりゴハンがおいしいと、弁当自体のクオリティがグッと上がる気がします。

そして別の日。

お店に入ると広がる、前回と一緒の光景。
ボスに“こないだの生姜焼きおいしかったです!”と伝えると、“じゃあ今日も生姜焼きだな。生姜一丁ーっ!!”と強制注文(笑)
しかしその自分の言葉を聞いてくれていたおばさまが“うれしいねぇ!じゃあ今日は唐揚げつけとくから!お兄さん大きいねぇ!大盛りで決まりだね!”と、自分に関係なくドンドンと弁当が進化していき、出てきた弁当がコチラ。

ちょっとわかりにくいですが、推定1.5合ほど盛られたゴハンのため、フタは乗ってるだけ(笑)
これで550円ナリ。
もうすぐ40歳の自分にはちょ〜っとしんどかったですが…味もボリュームも大満足なお弁当屋さんをみつけて、かなりハッピーです。

昔、築地市場で働いていたときもそうでした。
礼には礼で返す。気持ちには気持ちで返す。
こういう江戸の人情に触れられる下町浅草。
ホントに楽しいです。

一発目からめちゃ庶民ディープですいません(笑)
でもまたいろいろな浅草の大好きなお店やスポットをちょこちょこご紹介できたらと思います!

すみれパン店
〒111-0024 東京都台東区今戸1丁目11−4
03-3873-6629

そして今週の看板娘

初トリミングしました!
しかも教えてもらいながらですが、自分で。
ま、失敗しても文句言わないし(笑)
これからいろんなスタイルに挑戦して…もらいます(笑)